プロたん会員になると、会員価格でお買い物。会員特割特典!会員登録はこちらから・・・。

コタロー

第2類医薬品

麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)エキス細粒G「コタロー」冷えとだるさを伴う、鼻、咽頭症状の水滞に。

本方は抵抗力の少ない方や、虚弱者の感冒、気管支炎に繁用される。普段丈夫な人でも肉体労働やスポーツを行った後、疲労感が強い時の感冒、 寒さや冷えが原因の感冒など、皮膚や筋肉といった表在部位の抵抗力が 減退した時になりやすい感冒に用いられます。
第2類医薬品

知柏地黄丸(ちばくじおうがん)と陰虚火旺(いんきょかおう)

本剤は、漢方の古典「医宗金鑑(いそうきんかん)」に収載された知柏地黄丸(ちばくじおうがん)に準拠して製造された細粒剤です。中高年になって体がだるくあるいは腰痛が起こるなどして下半身のおとろえを感じ、また顔や手足がほてる、あるいは口のかわきを覚えながら、排尿困難、逆にトイレが近い、といったことが起こります。
第2類医薬品

風邪には、即効の柴葛解肌湯(さいかつげきとう)プロたん一押しの漢方処方。

柴葛解肌湯 (さいかつげきとう)は頭痛、体の痛みやほてり、全身倦怠、口渇、食欲不振、吐き気、寒気がして汗はない証や、インフルエンザで高熱が出て症状が激しいものにも応用できる処方なのです。
スポンサーリンク
お知らせ

味麦地黄丸(みばくじおうがん)の錠剤タイプ。後発ながらも善戦。

味麦地黄丸(みばくじおうがん)の錠剤タイプ。後発ながらも善戦。 味麦地黄丸のエキス細粒タイプが発売と同時に大ヒット。製剤の品質も良く、効き目も良いとしてとても好評の中、追っかけ錠剤タイプも当店に導入。きっかけは現役組の中高年の...
第2類医薬品

味麦地黄丸(みばくじおうがん)は六味丸に、肺に潤いを与える麦門冬と咳を鎮める五味子を配合。

「味麦地黄丸(みばくじおうがん)は六味丸に、肺に潤いを与える麦門冬と咳を鎮める五味子を配合。 いよいよ紅葉の季節。木の葉も色づき、鮮やかさもひとしお。ところで貴方の鎧となる皮膚バリアーはいかがですか?ご年配者もこの季節...
第3類医薬品

参茸大補®丸錠「コタロー」(さんじょうたいほがんじょう)。気候の変わり目の疲労に。

夏疲れも月末のお仕事と重なり、最大ピークの過労状態。お値段もお手頃な小太郎漢方製薬の参茸大®補丸錠が全国からご注文を頂いております。※特に東北を筆頭に、九州方面からも多数ご注文が届いております。(圧倒的に女性のお客様からのオーダー)
お知らせ

小太郎漢方匙倶楽部から定悸飲(ていきいん)「コタロー」が新発売。

小太郎漢方匙倶楽部から定悸飲(ていきいん)「コタロー」が新発売。 いつも有難うございます。 満を持して発売されましたね。定悸飲(ていきいん)のエキス錠が小太郎漢方匙倶楽部から発売されました。 全国でもお待ちになられ...
第2類医薬品

洗肝明目湯 (せんかんめいもくとう)は、目の充血、目の痛み、目の乾燥に。当店では飛蚊症にも。

現在では難治な飛蚊症(ひぶんしょう)の場合、当店では非常に改善例の多い洗肝明目湯 (せんかんめいもくとう)を第一選択としております。 ポイントとしては、「証(しょう)」として患者の体力が中等度であること、飛蚊症をはじめ眼精疲労が強く、充血、鈍痛、乾燥感などを伴うケースに用います。
第2類医薬品

清暑益気湯(せいしょえっきとう)「コタロー」の問い合わせが多く。。

もともと夏日の厳しい陽気の時に・・のイメージある清暑益気湯(せいしょえっきとう)なのですが、基本的にはオールシーズを対象とした気陰両虚の方剤ですので、証が合えばもちろんいつでも利用は可能です。
2018.06.11
第2類医薬品

苓桂味甘湯(りょうけいみかんとう)の処方解説と考察。

体力中等度以下で,手足が冷えて顔が赤くなるものの次の諸症:のぼせ、動悸,からぜき、のどのふさがり感、耳のふさがり感・・ということで、男女に推奨できる優秀処方です。
第2類医薬品

清心蓮子飲(せいしんれんしいん)は、ストレスや緊張によって生じる排尿のトラブルに有効。

清心蓮子飲は、四君子湯をもとにして組み立てられた方剤であり、平素より胃腸が弱く、地黄剤を用いると、食欲がなくなったり、下痢傾向になるなど、胃腸にさわる場合に用いるとよいとされます。
第2類医薬品

小太郎漢方 辛夷清肺湯エキス細粒G「コタロー」・鼻づまり・慢性鼻炎・蓄膿症(副鼻腔炎)に

小太郎漢方 辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)エキス細粒G「コタロー」を新規掲載!
第2類医薬品

金羚感冒錠(きんれいかんぼうじょう)は前の銀翹散(ぎんぎょうさん)エキス錠N「コタロー」と基本的には中味は同じ。

お客様には大変ご不便をおかけしましたが、本年6月に小太郎漢方匙倶楽部(さじくらぶ)から、前の銀翹解毒丸(ぎんぎょうげどくがん)とほぼ同じ処方内容で発売されております。ただ、発売された時期が冬の感冒シーズンでは無かったため、本年は7月の湿邪の時期に「のど痛」で時折出ただけに留めました。
2018.01.23
第2類医薬品

大建中湯 (だいけんちゅうとう) エキス細粒G「コタロー」の人気。。

冷たいものを摂りすぎたり、冷房の強い部屋に長時間いたりする訳ではないのにお腹が冷えて、痛んだり、張ったり、時に吐き気を訴えたりする方がいらっしゃいます。これらの症状は、お腹の環境が乱れ、緊張したり、弛緩したりする結果生じるお腹のトラブルです。そのような時に応用されるのが大建中湯 (だいけんちゅうとう) エキス細粒G「コタロー」です。
小太郎匙倶楽部

なんとも製品的インパクトのある漢方薬「滋腎通耳湯(じじんつうじとう)・コタロー」がダントツ!

我が実店舗「漢方相談」においては、小太郎漢方製薬のコンセンサスの結晶とも言える「匙(さじ)倶楽部シリーズ」を導入して久しい。特に「滋腎通耳湯(じじんつうじとう)・コタロー」は発売以来、当店でも導入して何年か経過しているが、製品的に全く色褪せていない。
スポンサーリンク