7/18 このたびの「平成30年7月豪雨」で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

アトピー

第2類医薬品

五物解毒湯(ごもつげどくとう)情報提供サイト・最新版を公開。

松浦漢方より、「かゆみ・湿疹」の効能・効果を有する漢方処方 「五物解毒湯」(ごもつげどくとう)のエキス細粒(300包)、500gボトルが発売されております。特に11月~翌年2月の乾燥季。いわゆる痒いシーズンに需要が多いと思いました。(初冬~翌年春まで)
2017.10.24
未分類

温清飲【三和生薬の漢方薬】うんせいいん 乾燥肌,アトピー,月経不順 月経困難

温清飲【三和生薬の漢方薬】うんせいいんのことならプロたん漢方サイト。ぷろたんは東京都青梅市の漢方・薬草のデパートです。
2018.03.24
未分類

漢方軟膏いろいろ(アトピー)

漢方軟膏いろいろ(アトピー)
2015.06.28
第2類医薬品

【一元錠剤漢方】清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)

清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)とは体力のある人で、赤ら顔の人の上半身とくに顔面に生じた充血性のにきび、発疹に用いられます。顔の熱や炎症をとり、また皮膚病の病因を発散させる働きがあります。顔色のよい元気な若い人で、きれいな赤色のニキビが多い時に利用します。明時代の万病回春という古典書で紹介されている処方です。
2017.11.12
第2類医薬品

【一元錠剤漢方】消風散(しょうふうさん)

消風散(ショウフウサン)とは体力が中くらい以上の人で、熱感やカユミが強く、じゅくじゅくした湿疹、じんましん、水虫、あせも、皮膚そう痒症に利用します。 局部の発赤腫張、強いかゆみ、ときに口渇をともなう皮膚疾患に用います。皮膚の赤みやカユミを発散し、分泌物をおさえます。また、そのようになりやすい体質を改善します。明時代の外科正宗という古典書で紹介されている処方です。
2017.11.12
未分類

【一元錠剤漢方】柴胡清肝散(さいこせいかんとう)

柴胡清肝湯(サイコセイカントウ)とは皮膚が赤黒く、のどの腫れを起こしやすい人で 、かんの強い小児の神経症・慢性扁桃炎・湿疹や、虚弱体質の人の慢性胃腸病・貧血・頚部リンパ節炎・肩桃肥大・神経症・湿疹などに利用されます。炎症をやわらげたり、血行をよくする働きがあります。また神経の高ぶりをしずめて、心と体の状態をよくします。森道伯という人が考えた処方です。
2017.05.02
未分類

【一元錠剤漢方】黄解B(加大黄)(おうかいびー)

比較的体力があり,のぼせ症で便秘するものの次の諸症:鼻出血,高血圧,高血圧による不眠症,不眠症,二日酔
2017.05.02
未分類

【一元錠剤漢方】黄解A(黄連解毒湯)(おうかいえー)

黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)とは比較的体力があり、のぼせ気味で顔色が赤く、肩こり、不眠、いらいら、出血傾向などをともなう人の、のぼせ、ほてり、イライラ感、不眠、動悸、胃炎、二日酔い、鼻血などの出血、あるいは高血圧にともなう頭重感や肩こり・めまい・耳鳴りなどに利用します。体の熱や炎症をとり、機能の亢進をしずめる働きがあります。 唐時代の外台秘要方という古典書で紹介されています。
2017.05.02
未分類

【一元錠剤漢方】温清飲(うんせいいん)

温清飲(ウンセイイン)とは体力が中くらいで、皮膚が乾燥して色つやが悪く、かゆみが強い、のぼせなどの症状がある方の、更年期障害、生理不順や生理痛、のぼせ、不安感、イライラ感、あるいは皮膚の発赤やかゆみ、乾性の皮膚病などに利用されます。血液循環をよくするほか、出血をおさえる作用、のぼせや手足のほてりをとる作用があります。明時代の万病回春という古典書で紹介されている処方です。
2017.05.02
スポンサーリンク