7/18 このたびの「平成30年7月豪雨」で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

のぼせ

第2類医薬品

女神散(にょしんさん)は、のぼせやめまいを伴う更年期障害、神経症などに奏功する漢方薬。

女神散は、我が国、江戸時代の名医、浅田宗伯(あさだそうはく)先生が婦人の血の道症によく効くことから命名した漢方薬です。特に、血の道症、更年期障害などによる不快な症状を和らげる処方として著名です。
2018.01.22
第2類医薬品

石川 松石南の精錠(いしかわしょうせきなんのせいじょう)は高血圧の随伴症状の緩和に用いられる。

さて、本日皆様にご紹介するのは、小倉薬品工業(神奈川県鎌倉)の石川 松石南の精錠という珍しい伝承の生薬製剤です。製造元は、同じく神奈川県、横須賀市の大草薬品であり【第2類医薬品】です。当製剤のコンセプトは、「赤松葉」、「三黄瀉心湯」。そして「高血圧随伴症」です。
未分類

大黄甘草湯【三和生薬の漢方薬】だいおうかんぞうとう 便秘,便秘に伴う頭重,のぼせ

大黄甘草湯【三和生薬の漢方薬】だいおうかんぞうとうのことならプロたん漢方サイト。ぷろたんは東京都青梅市の漢方・薬草のデパートです。
2018.03.24
未分類

今の季節、蘇子降気湯(そしこうきとう)の使い方

今の季節、蘇子降気湯(そしこうきとう)の使い方
2015.03.20
未分類

【一元錠剤漢方】桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)とは体力のあるガッチリタイプの人で、顔色がよくのぼせ気味、また下腹部が張り便秘がちの人の月経不順、月経困難症、月経時や産後の精神不安、更年期障害、腰痛、坐骨神経痛、高血圧による頭痛、めまい、肩こり、便秘、痔核、にきび、しみ、湿疹などに利用されます。。血液循環をよくするほか、便通をつけたり、不安やイライラをしずめ気分を落ち着けます。漢時代の傷寒論という古典書で紹介されている処方です。
2017.05.02
未分類

【一元錠剤漢方】黄解B(加大黄)(おうかいびー)

比較的体力があり,のぼせ症で便秘するものの次の諸症:鼻出血,高血圧,高血圧による不眠症,不眠症,二日酔
2017.05.02
未分類

【一元錠剤漢方】黄解A(黄連解毒湯)(おうかいえー)

黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)とは比較的体力があり、のぼせ気味で顔色が赤く、肩こり、不眠、いらいら、出血傾向などをともなう人の、のぼせ、ほてり、イライラ感、不眠、動悸、胃炎、二日酔い、鼻血などの出血、あるいは高血圧にともなう頭重感や肩こり・めまい・耳鳴りなどに利用します。体の熱や炎症をとり、機能の亢進をしずめる働きがあります。 唐時代の外台秘要方という古典書で紹介されています。
2017.05.02
スポンサーリンク