玉屏風散(ぎょくへいふうさん)今の時期、最も必要とする処方。

書籍

書籍

健康管理する人が必ず知っておきたい栄養学の○と×

特にここ数年で更新された栄養学のトピックが充実! 「トランス脂肪酸」「機能性表示食品」「糖化」「遺伝子組み換え食品」「プリン体」「コレステロール」「ロコモティブシンドローム」「大人アレルギー」「スマホ症候群」「子供の日光浴」などのキーワードから、栄養学の新常識を解説しています。
書籍

「図解 東洋医学のしくみと治療法がわかる本」 丁 宗鐵(てい むねてつ)先生の超ベストセラー本

「図解 東洋医学のしくみと治療法がわかる本」 丁 宗鐵(てい むねてつ)先生の超ベストセラー本
2018.06.12
書籍

症例から学ぶ和漢診療学 第3版(寺澤 捷年)

世界中で翻訳された、日本の誇る「和漢診療学」入門の定番書、14年ぶり待望の改訂第3版。東西の叡智を結集し、有効で安全な治療形成のために、現在行われている一般的な症例をベースに、日々蓄積される漢方薬のエビデンス情報を交えながら解説。
2018.06.12
スポンサーリンク
書籍

中医臨床のための方剤学 神戸中医学研究会 (著)

本書は、方剤学の基本理論・原則および基礎知識などを総論で述べ、各論では具体例として典型・模範となる方剤の分析を行っている。方剤は清代・汪昂の分類方法に倣って効能別に21章節に分類し、各章節の冒頭で効能の概要・適用・使用薬物・注意と禁忌などを概説したうえ、個々の方剤について詳述している。
2017.10.24
書籍

新装版 漢方医学(大塚 敬節)

「東洋医学の目標は、どのようにすれば自然にとけ入って、自然とともに生きることができるか、その法則を究めることにある」との達見のもと、日本東洋医学会を創設し、漢方の第一人者として今日における興隆の基礎を築いた先師による漢方理解のための必携書。
2017.10.24
書籍

忙しい人のための“一品で”栄養バランスが取れるレシピ―女性医師が教える体と心が喜ぶ食事

この本は凄い。相当努力されて執筆、編集されたと思う。実際に栄養バランスがとれていたとしても、短時間かつ美味でなければウケないジレンマもある。「えのき入り ふわふわ鶏だんごと野菜のスープ」などは、まさに特筆もので日常の創意工夫というものを学んだ。小生のようなチョンガーエコノミー老人にはバイブル的な書籍である。立派。。脱帽。
2018.06.12
書籍

「薬は5種類まで 中高年の賢い薬の飲み方 (PHP新書) 」を読んでみた。

現在の病院医療(老年医療)において、例えば、脳梗塞後遺症、高血圧症、糖尿病、脂質代謝異常、不眠傾向など合併している症例が実に多く、剤数は5種は遙かに超える事例が多いのも周知の通りである。現在、コンプライアンスからアドヒアランス※と言われているが、それらの背景も意識しての執筆と思う。
2017.10.24
お知らせ

霊芝(れいし)の小冊子を無料プレゼント!!弊社26周年記念(6月10日~30日)

弊社26周年を記念し、6月10日~6月30日まで、当店(実店舗及びウェブサイト)より、商品税込合計30,000円以上お求めのお客様へもれなく、霊芝(れいし)の小冊子を無料進呈いたします。
2017.10.25
書籍

しつこい疲れは副腎疲労が原因だった ストレスに勝つホルモンのつくりかた。 本間良子・龍介先生による「アドレナル・ファティーグ外来」。

アドレナル・ファティーグ外来」の医師が警告。「副腎」は、ストレスに対応するホルモン「コルチゾール」を出している大事な器官。副腎が疲労し、適切なコルチゾールの分泌ができなくなると、 疲労をはじめ、体にさまざまな不調が出てきます。
2017.10.25
書籍

川嶋Dr.の本、「医者は自分や家族ががんになったとき、どんな治療をするのか」

西洋医学と東洋医学の折衷。代替医療では今、ときの人でもある川嶋Dr.の本。 発売で、早速注文しました。
2018.06.17
書籍

医者を信じると病気になる-「常識」破りの養生法 丁宗鐵( ていむねてつ )先生の力作?本。。

本当に丁宗鐵( ていむねてつ )先生の著作本なのか、あらためて見直したぐらいである。このなんというかB級・・とも言える「ウケ狙いの題名」っぽい書籍はマジで丁先生が書かれた本であった。出版会社はなんと講談社。おいおい。
2018.06.17
書籍

がんを治す「戦略的組み合わせ療法」: 病院では教えてくれない、がんの新しい治し方 丁宗鐵(ていむねてつ)先生の最新治療法の全て!

実際に再発・転移・余命宣告から多くのがん患者を救っている、この最新治療法の全てが1冊に !「 転移した虫垂がんが完全治癒 」 「 再発した肉腫がすっかり消失 」 「 難しい膵臓がんが劇的に回復 」 などの豊富な症例とともに、使われる漢方薬、食事療法、最先端の西洋医学、実際の組み合わせ例などを、具体的にかつわかりやすく解説。
2017.10.25
書籍

名医に聞く あきらめないがん治療 田口淳一先生(東京ミッドタウンクリニック)との対談型、名医8人。

現在受けている治療が、想像以上につらかったり、症状が改善されない時は「もう、あきらめようか」と思うこともあるかもしれません。しかし、あきらめたら、そこで終わりです。では、その時に何をするべきか?「がん治療をあきらめない」医師を探すべきなのです。
2017.10.25
書籍

「がん研有明病院で今起きている漢方によるがん治療の奇蹟」星野恵津夫(ほしのえつお)先生の名著。漢方によって、がんとの闘いは、こう変った。

がん専門病院として東西両医学を結集しての統合医療をめざすため、漢方サポートはどのように実施するのか。具体的な症例を用いて可能な限り丁寧にまとめていると思った。漢方薬の用い方、西洋医学との違いは、さまざまな知恵と工夫、そして、なぜ漢方が必要なのか?
2017.10.25
書籍

「今あるがんが消えるレモン・にんじん・りんごジュース」済陽 高穂(わたようたかほ)先生 (著) はいわゆる「健康提案ジュースレシピ集」。一読の価値有り!

「今あるがんが消えるレモン・にんじん・りんごジュース」済陽 高穂(わたようたかほ)先生 (著) はいわゆる「健康提案ジュースレシピ集」。一読の価値有り!
2017.10.25
スポンサーリンク