●特価!!ウチダの桂枝茯苓丸・30丸×168包が丸剤の部、もっかトップ驀進中!

三和生薬

第2類医薬品

イネ花粉症と荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

症状としては、徹底した鼻づまりと時折透明色の鼻水が無意識のうちに鼻を伝わって本や書類にポタリと垂れます。そして「くしゃみ」が連続で。。特に接客業の受付や事務などされている方にとっては、または食品製造に携わるスタッフらには「困りモノ」の症状で、暑い日にはマスクもできません。
第2類医薬品

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)への選択肢(蓄膿症・慢性鼻炎・慢性扁桃炎・にきび )

日本で用いる荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)は、明時代の「万病回春」という古典書にのっている処方を我が国では経験方として発展、アレンジさせた薬方です。体の熱や腫れをひき、病因を発散させ、また、血液循環をよくします。
第2類医薬品

円形脱毛症と漢方療法

【円形脱毛症と漢方療法】 いつも有難うございます。 今日は、円形脱毛症のお話です。 自律神経失調症が長じると、平素の毛髪成長サイクルが乱れ、バッサリと楕円型の脱毛を生じることがあります。 個人差はありますが、脱毛...
スポンサーリンク
お知らせ

こむら返りと漢方療法の一考察

こむら返りと漢方療法の一考察 いつも有難うございます。 本日のテーマは、「こむら返り」。漢字で腓返りです。 変なご質問で恐縮ですが、最近寝ていて、こむら返りが気になりませんか? 【こむら返りとは?】 ...
特集記事

腎臓仙のよくあるご質問【更新中】

「腎臓仙(じんぞうせん)」のご用命が多く、全国の皆様からご注文を頂いております。その内、半数以上がリピーターであり、長期飲まれているお客様がほとんどではないでしょうか。ケースによってはご夫婦で。又はご家族でも使用されている方もいらっしゃいます。
お知らせ

GIST(ジスト)と漢方的考察

GIST(ジスト)と漢方的考察 いつもありがとうございます。 本日の話は、「GIST(ジスト)」。 希少疾病ですが、当店の特徴的にはそれなりに患者様もご相談多く、関東地区の各県から、遠路おいでになられています。 ...
お知らせ

神経症状や睡眠障害などに酸棗仁湯を推奨

神経症状や睡眠障害などに酸棗仁湯を推奨 いつも有難うございます。珍しく精神・神経科領域の話を少し。 ・・と言っても、表題の通り・・『なんじゃこりゃあ?』と言われそうなテーマですね。 ただ、毎日のように漢方相談で『これが...
お知らせ

三和生薬 腎臓仙(じんぞうせん)32包が常に驚異的なリピート率90%台を更新中。

三和生薬 腎臓仙(じんぞうせん)32包が常に驚異的なリピート率90%台を更新中。 開店以来30年近くになりますが、漢方薬、民間療法薬を今まで多くの製品を取り扱ってきました。 その中で、特に三和生薬の腎臓仙につきましてはまた格別な...
特集記事

三和生薬 腎臓仙32包 急須に入れてすぐ飲める日本の漢方。特価!

新年早々、「三和生薬の腎臓仙32包」のご注文が相次ぎ、早くも最初の週で販売トータル1位に躍進しました。 「三和生薬の腎臓仙32包」を取り扱い、種村さんの時代を含めますと20年近くになりますが、トータル1位は初めてです。
お知らせ

人気のサンワロンシリーズと附子(ブシ)に関する解説

人気のサンワロンシリーズと附子(ブシ)に関する解説 三和生薬の特別バージョンとして、サンワロン製剤シリーズがありますが、ご存知でしょうか? トリカブトは猛毒の薬草ですが、それを滅毒処理をして加工し、医薬品の単体又は一...
特集記事

竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)は非常に適応範囲が広い繁用処方とも言える。

竜胆瀉肝湯は、主に下焦(げしょう)の湿熱(泌尿・生殖器の炎症、おりもの、尿臭、外陰部(膣も含む)の痒み)に用いることが多いと思います。また、それだけではなく、当方剤はそのような症状をともなう尿道炎や膀胱炎、膣炎、子宮内膜症などにも用います。
お知らせ

例年と何かが違う?本年の7月の漢方の動き。三和生薬 一般漢方処方 売れ筋ランキング

【例年と何かが違う?本年の7月の漢方の動き。三和生薬 一般漢方処方 売れ筋ランキング 】 猛暑の続く中、例年通り・・というか、例年を上回るほどに生脈散、生脈宝、清暑益気湯、かっ香正気散、五苓散、腎臓仙、還精などのご注文を多く頂いて...
2018.08.08
第2類医薬品

三和 防風通聖散A 錠剤タイプが人気!

三和 防風通聖散A 錠剤タイプが人気! さて、本日は解毒の漢方として名高い「防風通聖散」。 先月6月はメルマ、ホームページ等でお知らせした反響が多く、三和のAシリーズ 錠剤タイプ270錠15日分と徳用900錠50日分が非常に...
指定第2類医薬品

三和生薬 ぜんそく散【指定第2類医薬品】の特集記事。その特徴と使用にあたっての諸注意事項。(ご購入者必読)

当店では「三和生薬 ぜんそく散」を取り扱っておりますが、ご購入にあたり、当店薬剤師とのコンタクトを経て、体質と症状を確認後に販売させて頂きます。リスク分類は【指定第二類医薬品】となりますので、販売の個数制限をつけさせて頂きます。
第2類医薬品

クレアチニンの数値が気になる方の漢方療法

近年になり、腎臓病のご相談は急増しています。特に、一つの指標となるクレアチニンの値上昇についてのお話が多いですね。ただ、腎機能の検査についてはクレアチニンのみならず、尿素窒素BUN等、後述する他の検査項目も総合的に勘案し専門医が判定いたします。
スポンサーリンク