●特価!!ウチダの桂枝茯苓丸・30丸×168包が丸剤の部、もっかトップ驀進中!

小太郎匙倶楽部

お知らせ

小太郎漢方 竹葉石膏湯エキス細粒G「コタロー」を新規掲載!

小太郎漢方 竹葉石膏湯(ちくようせっこうとう)エキス細粒G「コタロー」を新規掲載!
お知らせ

片頭痛に清上けん痛湯 はどのような証に?

片頭痛に清上けん痛湯 はどのような証に? いつも有難うございます。 さて、本日のテーマは「頭痛」。頭痛にもいろいろありますが・・・・ 学術的に、頭痛の原因は一つとされ、血液中のある物質による炎症反応ともいわれます。 ...
2019.06.11
第3類医薬品

参茸大補®丸錠「コタロー」(さんじょうたいほがんじょう)。気候の変わり目の疲労に。

夏疲れも月末のお仕事と重なり、最大ピークの過労状態。お値段もお手頃な小太郎漢方製薬の参茸大®補丸錠が全国からご注文を頂いております。※特に東北を筆頭に、九州方面からも多数ご注文が届いております。(圧倒的に女性のお客様からのオーダー)
スポンサーリンク
お知らせ

参茸大補®丸錠「コタロー」(さんじょうたいほがんじょう)で湿邪に負けない体力づくり!

さて、ゴールデンウィークもあっという間に終わり、もう既に梅雨モードに入ったと申しても過言ではないでしょう。 日1日と湿邪が次第に増加し、体調も今一つすぐれない方も多いのではないでしょうか? 漢方業界、漢方市場もここしばら...
第2類医薬品

藿香正気散(かっこうしょうきさん)と湿邪(しつじゃ)について。

舌を診ることを舌診(ぜっしん)と言いますが、痰湿(たんしつ)の傾向の方の舌は白または黄色い舌苔(ぜったい)を認めます。初夏から入梅時期へと湿度が高まり、毎年この時期は皆さん、体の調子を狂わせます。そのほとんどが、仕事のストレスや、寝不足(浅い眠り)などに由来する消化機能の減退が多いと思います。
第2類医薬品

清暑益気湯(せいしょえっきとう)「コタロー」の問い合わせが多く。。

もともと夏日の厳しい陽気の時に・・のイメージある清暑益気湯(せいしょえっきとう)なのですが、基本的にはオールシーズを対象とした気陰両虚の方剤ですので、証が合えばもちろんいつでも利用は可能です。
第2類医薬品

参苓白朮散料 (じんりょうびゃくじゅつさんりょう)は胃腸虚弱、だるくて下痢・軟便気味な人に用いる。

食べると、すぐトイレに駆け込む方。。あなたの周囲にいませんか?会社の同僚とか、友人、ご家族に・・・参苓白朮散料 (じんりょうびゃくじゅつさんりょう)は、そのような証の方、お仕事にも支障をきたす下痢症状がクセになっている水毒体質の方の改善処方です。
お知らせ

オーラルケアの漢方・甘露飲 (かんろいん)

オーラルケアの漢方・甘露飲 (かんろいん) いつも有難うございます。 本日のテーマは「オーラルケアの漢方」です。甘露飲(かんろいん)という方剤。とても優れモノです。 胃の炎症を鎮め、口中を潤すことにより、口腔内のさ...
第2類医薬品

難治な回転性めまいと沢瀉湯(たくしゃとう)への選択肢

脳浮腫や全身的な「むくみ」から併発する「めまい」には五苓散(ごれいさん)が汎用ですが、果たしてそれだけでしょうか?例えば、みぞおちあたりが痞え、常に頭に帽子をかぶっている感じ。さらに目を閉じても天井や周囲が「ぐるぐる」回っているような激しいめまいに襲われたとします。
第2類医薬品

沢瀉湯 (たくしゃとう)の処方解説はこちら

沢瀉湯 (たくしゃとう)の処方解説はこちら いつもアクセスを感謝いたします。 本日の解説は沢瀉湯 (たくしゃとう)。 【処方コンセプト】めまいのファーストチョイス。 立ちくらみから回転性のめま...
第2類医薬品

沢瀉湯 (たくしゃとう)が、難治な「めまい」に人気

水毒傾向が顕著であり、回転性の難治な「めまい」の方、ぜひ 沢瀉湯(たくしゃとう)をお試しください。1日 3回、きちっと服用ください。基本的には体力中等度の方が対象ですので、概ねどなたにでも服用が可能の処方です。当店では元気のない虚証の方にも処方することもあります。
第2類医薬品

三物黄芩湯 (さんもつおうごんとう)とは?

三物黄芩湯 (さんもつおうごんとう)とは?
お知らせ

竹葉石膏湯と蘇子降気湯との用い方の違いについて。

竹葉石膏湯と蘇子降気湯との用い方の違いについて。 いつも有難うございます。 本日は、実店舗、ネットと、ともに忙しく、いよいよ「年末だな・・。」という感のする日でした。 その中で、竹葉石膏湯(ちくよう...
特集記事

よく苡仁(よくいにん)・よく苡仁湯について

膝や肩、手首など、からだの関節部や筋肉の腫(は)れあるいは痛みは、日常の起居・歩行・階段の昇り降りにもさしつかえることが多く、大変辛いものです。よく苡仁湯エキス細粒G「コタロー」は、筋肉の痙攣(けいれん)を緩和させ、血行を促進して関節痛、筋肉痛を改善する漢方薬です。
第2類医薬品

甘露飲(かんろいん)は陰虚内熱を改善し口腔内トラブルを改善する漢方

甘露飲(かんろいん)は9種の生薬が陰虚内熱を改善し口腔内トラブルを改善する漢方で、口臭の気になる方にも推奨。本方は歯周病の原因であるドライマウスを改善し、歯周病菌を抗菌し、歯周病などの歯茎の病気(はれ、やせ、出血)を改善するほか、糖尿病などの血管系の病気にも期待されている。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました