W機能性表示(記憶力を維持する・中性脂肪を下げる)の『サトウDHA&EPA』(2018/06/16)

牛黄製剤

お知らせ

ウチダの牛黄カプセル(南米産牛黄)の流通が復帰の兆し

影響をまともに受けたのが我が国の漢方メーカーと全国の漢方薬局、そしてユーザーの皆様です。大変ご迷惑をおかけいたしました。あらためて謝罪申し上げます。結局この半年間、その希少素材を求めて関係者による東西奔走により、新たに入荷するまで販売を一時的に休止又は再開を繰り返してきました。そして「ウチダの牛黄カプセル(南米産)2カプセル×12個入り」ですが、6月中旬に入り、少しずつ流通の流れが落ち着いてきたようです。
第3類医薬品

ウチダの牛黄3g(100mg用さじ付、桐箱入り) としてリニューアル、再デビュー。。

ウチダの牛黄の従来品5gタイプが突如としてリニューアルし、3gタイプとして再度デビューしました。折からの、素材の枯渇、価格の高騰などメーカーであるウチダさん独自の苦肉の策とでも申しましょうか。。内容量を減じても価格は実質上の値上げですので、小売りの立場としては「頭痛のネタ」がさらに増えました。
お知らせ

ウチダの牛黄カプセル(南米産)が2018年3月より、驚異的な価格の上昇!極(きわみ)と逆転。

いつもご来店ご利用、感謝を申し上げます。 さて、素材枯渇のため販売を一時的に休止しておりました「ウチダの牛黄カプセル(南米産)2カプセル×12個入り」が2018年3月度上旬にセンター入荷をいたしました。 上記写真のように...
お知らせ

品質を追求したオーストラリア牛黄配合 ゴオウ カプセル(栃本天海堂)

ゴオウ カプセル(オーストラリア)(栃本天海堂)は、品質を追求したオーストラリア牛黄配合の製剤。近年になり天然牛黄の品質が話題になる中で、関西の大手生薬メーカー「栃本天海堂」からゴオウ カプセル(オーストラリア産牛黄使用)が発売されました。
特集記事

動悸についての考察と漢方療法

お店を構えていると、全く初対面の方から突然電話がかかってきて、いきなり『動悸がするけど何だろう?』と、かなりストレス受けていらっしゃる様子の方からご質問されます。主に男性の方から多いですね。
第3類医薬品

トチモトの牛黄末5g(ゴオウ)栃本天海堂・オーストラリア産。ズバリ!の本物志向。

新たに「トチモトの牛黄末5g(オーストラリア産)」を新規導入いたしました。トチモトの牛黄製剤はすでに「トチモトの牛黄カプセル(オーストラリア産)」を当店に導入しておりますが、ここで牛黄末5g(オーストラリア産)を採用することにより、お客様の選択肢もふえたことになります。
2018.05.16
第2類医薬品

牛龍黄(ごりゅうおう)の位置づけと、当店では超高級漢方である理由。

当時は未だ私の髪の毛は健在で、40代の元気良い店主であったと思います。稀少素材がゆえとは申せ、仕入値段(原価)がやけに高い、「牛黄」の製剤、「牛龍黄(ごりゅうおう)」でした。ウチダの牛龍黄(ごりゅうおう)は、カプセルタイプの漢方で、オーストラリア牛黄・鹿茸・センソの複合剤です。
2018.03.28
第3類医薬品

牛黄カプセル・極(きわみ)

これからは品質を問う単味の牛黄(ごおう)そのものをいかに効率よく利用でき、かつ経済的にもお得な形での入手をユーザーらは望んでいると思う。 経済的には、もちろん従来からの南米牛黄で正解であるが、ここでさらにレベルアップし、高級志向のオーストラリア牛黄に少しずつ変更する時期を迎えていると思う。
2018.03.29
第2類医薬品

「牛黄カプセル極・牛龍黄の専門サイト」として、大幅リニューアル。より専門性を重視したサイト。

リニューアルの内容として、昨年の後半からの需要として牛黄カプセルから⇒ 牛黄カプセル極(きわみ)オーストラリア産へスイッチされる会員様が非常に多くなり、当店における「牛黄製剤」の主流になりつつあります。
2017.10.24
第3類医薬品

牛黄カプセル・極(きわみ)6cap×5個入(1ケース)の激安(オーストラリア産)

今、業界で渦中であるウチダの牛黄カプセル・極(きわみ)を弊社26周年記念セールに組み込みます。
2017.10.24
お知らせ

牛黄カプセル・極(きわみ)をついに初掲載!

牛黄カプセル・極(きわみ)は、ウチダ和漢薬が開発した牛黄カプセルのさらに品質を追及したオーストラリア産の牛黄製剤です。
2018.06.11
スポンサーリンク