第2類医薬品一覧

スポンサーリンク

特報!三和生薬の漢方シリーズ。500g徳用ボトル・繁用処方14処方を限定で特売!税込15,000円均一!送料無料(但し沖縄県・離島を除く)代引手数料も無料!

ここ2、3年の傾向なのですが、皆様は500g徳用ボトルをご購入される方が非常に多くなりました。より経済的に、かつ効率よく品質の良い漢方を選択する。ということでしょうか。つきましては、三和生薬の漢方シリーズ。500g徳用ボトル・繁用処方14処方を限定で特売!税込15,000円均一!送料無料(但し沖縄県・離島を除く)代引手数料も無料!という特売を実施します。

経絡に使用される独活寄生丸(どっかつきせいがん)(改訂版)重要!

痺証(ひしょう)とは・・冷えや湿気が体内に入ることで、腰や手足などの運動機能に生じる痛み、しびれを言います。つまり気血(エネルギーや栄養)が不足して、筋骨(肝腎)の養分が足らなくなった結果、虚に乗じて邪(寒けや湿気)が入り込む。このような状態を振り払うのが独活寄生湯の特徴ともいえます。

三和生薬のサンワダイオウ末1000包の製造中止に伴い、もう一つの選択肢として一元 大黄錠を新規掲載。

このたび、三和生薬のサンワダイオウ末1000包及び500gボトルの製造・販売が中止となりました。この件につきましてはお問合せが多く、あくまでも一つの選択肢、ご提案なのですが、一元錠剤シリーズの大黄錠をアップいたしました。容量は1000錠、2000錠のタイプを掲載いたします。

葛根黄連黄ごん湯(かっこんおうれんおうごんとう)の用い方

『傷寒論』に出てくる処方です。葛根湯と瀉心湯(芩連剤)の合方といわれ、芩連剤に葛根が入ったような処方と解釈いたします。同じ芩連剤の黄連解毒湯とよく似ていますがが、黄連解毒湯は不眠やイライラを、本方は熱を伴う下痢に使用する処方と考えられます。

竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)は非常に適応範囲が広い繁用処方とも言える。

竜胆瀉肝湯は、主に下焦(げしょう)の湿熱(泌尿・生殖器の炎症、おりもの、尿臭、外陰部(膣も含む)の痒み)に用いることが多いと思います。また、それだけではなく、当方剤はそのような症状をともなう尿道炎や膀胱炎、膣炎、子宮内膜症などにも用います。

五淋散(ごりんさん)は細菌が膀胱・尿路に残存しているようなケースにも効果的

一般に女性に多いものですが,専門的な治療を受けてよくなっても,患部に不快感や残尿感がのこっていたり,すぐまた再発する場合も少なくありません。 五淋散は,このような泌尿器の炎症による症状をとるのに用いられる漢方薬です。

神経衰弱の漢方、強衰性散とホノミスイセイ錠

強衰性散(きょうすいせいさん)。日々のプロたん漢方相談のお客様におきましては、強いストレスなどの要因で神経症状を有している方にご紹介しています。原典処方の桂枝加龍骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)は不安観念、不眠等、自律神経失調にも応用のできる優良処方です。

スポンサーリンク