●特価!!ウチダの桂枝茯苓丸・30丸×168包が丸剤の部、もっかトップ驀進中!

第2類医薬品

第2類医薬品第2類医薬品

第2類医薬品とは一般用医薬品(OTC医薬品)の一種で、日常生活に支障が出るほどの副作用の恐れがある医薬品を言います。現在市販されている一般用医薬品のうち、その多くは第2類医薬品に該当いたします。また、第2類医薬品のうち、風邪薬や鎮痛薬等については特に注意が必要なものについては「指定第2類医薬品」としています。第2類医薬品の販売条件は、第1類医薬品よりも厳しくなく、薬剤師もしくは登録販売者が常駐している店舗であれば販売可能です。消費者が薬を購入する際も服薬指導の義務などはなく、「購入者から情報提供を拒否された場合を除き、極力薬品の情報を伝えるべきである」という努力義務の制限にとどまっています。
お知らせ

特価!!ウチダの桂枝茯苓丸・30丸×168包が丸剤の部、もっかトップ驀進中!

ウチダの桂枝茯苓丸・30丸×168包が丸剤の部、トップ驀進中! 本日の処方解説と製品ご紹介は前期に次いで今期も、もっかトップを独走している桂枝茯苓丸です。 当店では当処方の製剤は、原典準拠の原末丸剤、エキス錠、エキス細粒...
第2類医薬品

沢瀉湯 (たくしゃとう)が、難治な「めまい」に人気

水毒傾向が顕著であり、回転性の難治な「めまい」の方、ぜひ 沢瀉湯(たくしゃとう)をお試しください。1日 3回、きちっと服用ください。基本的には体力中等度の方が対象ですので、概ねどなたにでも服用が可能の処方です。当店では元気のない虚証の方にも処方することもあります。
第2類医薬品

玉屏風散 (ぎょくへいふうさん)は虚弱体質、疲労倦怠感、すぐ風邪をひく方に。【2019年12月更新】

玉屏風散 (ぎょくへいふうさん)とは? 玉屏風散 (ぎょくへいふうさん)。とても親しみやすい漢方処方ですね。長年取り扱っていますが、ここで何に良いのか、自分なりにまとめてみました。 ちょうど今の時期、天候異変等で体がつい...
スポンサーリンク
第2類医薬品

独活寄生丸(どっかつきせいがん)「コタロー」体が虚弱で、腰や手足の痛みが頑固で治りにくい方に

独活寄生丸(どっかつきせいがん)「コタロー」体が虚弱で、腰や手足の痛みが頑固で治りにくい方に 昨年中(2018年)に販売された小太郎漢方匙倶楽部シリーズの中にあって、当店で一番販売された漢方薬が独活寄生丸であることが昨日201...
第2類医薬品

クレアチニンの数値が気になる方の漢方療法

近年になり、腎臓病のご相談は急増しています。特に、一つの指標となるクレアチニンの値上昇についてのお話が多いですね。ただ、腎機能の検査についてはクレアチニンのみならず、尿素窒素BUN等、後述する他の検査項目も総合的に勘案し専門医が判定いたします。
第2類医薬品

知柏地黄丸(ちばくじおうがん)と陰虚火旺(いんきょかおう)

本剤は、漢方の古典「医宗金鑑(いそうきんかん)」に収載された知柏地黄丸(ちばくじおうがん)に準拠して製造された細粒剤です。中高年になって体がだるくあるいは腰痛が起こるなどして下半身のおとろえを感じ、また顔や手足がほてる、あるいは口のかわきを覚えながら、排尿困難、逆にトイレが近い、といったことが起こります。
第2類医薬品

柴胡疎肝湯 (さいこそかんとう)はストレスなどによる肝気鬱結(かんきうっけつ)に。【2019年12月更新】

柴胡疎肝湯 (さいこそかんとう)はストレスなどによる肝気鬱結(かんきうっけつ)に。 平素はアクセスを賜り感謝いたします。 当店では近年、すっすりと定番の方剤になりました柴胡疎肝湯について解説いたします。 【柴胡...
第2類医薬品

滋腎通耳湯(じじんつうじとう)のお問い合わせが多いです。耳鳴りの漢方としては一番人気。

発売されて久しいのですが、滋腎通耳湯(じじんつうじとう)のお問い合わせが最近多くなりました。リピーターが多いということは、変な言い方「何らかの手ごたえ有り」とも言えます。最近はそのような意味で人気、急上昇です。腎虚に伴う耳鳴りや、精神的な原因で起こる耳鳴りなど「広範囲に効果」が期待できる滋腎通耳湯(じじんつうじとう)。 あらためて、ご紹介いたします。
第2類医薬品

味麦地黄丸(みばくじおうがん)は、季節の変わり目における年配者の頑固な「からぜき」や眼の乾燥感とか、乾燥肌から由来する皮膚搔痒症(かゆいかゆい)にも著効する。

夜間就寝時に年配者の頑固な「からぜき」が続いたり、排尿頻度が多くなったり、又は夜間尿なども気になるものである。病院検査では特に異常は見られないが就寝すると「せき」や「小便トイレ」の繰り返しで、ああ、歳とったなぁ~嘆かれる声も患者から聞こえるようでもある。
第2類医薬品

味麦地黄丸(みばくじおうがん)は六味丸に、肺に潤いを与える麦門冬と咳を鎮める五味子を配合。

「味麦地黄丸(みばくじおうがん)は六味丸に、肺に潤いを与える麦門冬と咳を鎮める五味子を配合。 木の葉もすっかりと色づき、鮮やかさもひとしお。ところで貴方の鎧となる皮膚バリアーはいかがですか?ご年配者もこの季節になると乾...
お知らせ

六味丸(ろくみがん)の用い方についての一考察

六味丸(ろくみがん)の用い方についての一考察 いつも有難うございます。 六味丸(ろくみがん)。とにかく、当処方が基本となります。ここからさらに生薬を加味して他に適応拡大された処方が形成されていきます。この原点とも言える六味丸...
お知らせ

六味丸(ろくみがん)とアンチエイジング

若返りの妙薬!六味丸(ろくみがん)の話 今日は、小粒丸剤で人気の「六味丸」の話です。 六味丸は年齢問わず、さらに男女関係無く、気軽に飲める「若返り」の処方とも言えます。 当店の丸剤人気では桂枝茯苓丸や八味丸、大甘丸...
お知らせ

痛風(高尿酸血症)の漢方療法 薬剤師解説

痛風(高尿酸血症)の漢方療法 薬剤師解説 ●「漢方療法シリーズ・プラス」とは、「漢方療法(主に経験方)」と「疾患や病態をわかりやすく説明」プラスしたシリーズです。●執筆者:薬剤師 遠藤 いつも有難うございます。 本日のテー...
第2類医薬品

最近の延年半夏湯(えんねんはんげとう)の人気度・動向について(改訂版)

最近の延年半夏湯(えんねんはんげとう)の人気度・動向について 慢性的な胃炎・胃痛・膵炎(すいえん)などに著効する延年半夏湯(えんねんはんげとう)のご紹介です。 この延年半夏湯(えんねんはんげとう)は取り扱って久しく経過します...
特集記事

三和生薬 腎臓仙32包 急須に入れてすぐ飲める日本の漢方。特価!

新年早々、「三和生薬の腎臓仙32包」のご注文が相次ぎ、早くも最初の週で販売トータル1位に躍進しました。 「三和生薬の腎臓仙32包」を取り扱い、種村さんの時代を含めますと20年近くになりますが、トータル1位は初めてです。
スポンサーリンク