●特価!!ウチダの桂枝茯苓丸・30丸×168包が丸剤の部、もっかトップ驀進中!

第2類医薬品

第2類医薬品 第2類医薬品

第2類医薬品とは一般用医薬品(OTC医薬品)の一種で、日常生活に支障が出るほどの副作用の恐れがある医薬品を言います。現在市販されている一般用医薬品のうち、その多くは第2類医薬品に該当いたします。また、第2類医薬品のうち、風邪薬や鎮痛薬等については特に注意が必要なものについては「指定第2類医薬品」としています。第2類医薬品の販売条件は、第1類医薬品よりも厳しくなく、薬剤師もしくは登録販売者が常駐している店舗であれば販売可能です。消費者が薬を購入する際も服薬指導の義務などはなく、「購入者から情報提供を拒否された場合を除き、極力薬品の情報を伝えるべきである」という努力義務の制限にとどまっています。
お知らせ

職場高血圧・仮面高血圧の危険性

職場高血圧・仮面高血圧の危険性 いつも有難うございます。 朝の通勤時までは何でもない。会社に一歩でも入り、社内(戦場)の空気を吸うと、もうじわじわと血圧上昇が始まる。。。そのような話を耳にしたことありますか? 職場高血...
お知らせ

湿邪のこの時期は、頭痛やめまいが頻発

湿邪のこの時期は、頭痛やめまいが頻発 ここしばらくは天候も崩れる模様ですね。 既に疲労困憊のお客様も多く、体調の悪い人がとても多いと感じています。 どうぞ、睡眠と食事など十分にご留意頂き、この湿気の多い時期を乗...
お知らせ

小太郎漢方 竹葉石膏湯エキス細粒G「コタロー」を新規掲載!

小太郎漢方 竹葉石膏湯(ちくようせっこうとう)エキス細粒G「コタロー」を新規掲載!
スポンサーリンク
第2類医薬品

【一元錠剤漢方】還精(かんせい:八味丸変方)腎臓の漢方のご紹介【第2類医薬品】

疲労倦怠感が著しく腰冷、腰痛があり、四肢は冷え易いが時にほてることもあり、口渇があり、排尿回数が多く、尿量減少して残尿感がある場合と、逆に尿量が増大する場合がある、特に夜間多尿のものに用いる。糖尿病、腎臓病、老人性腰痛、坐骨神経痛、高血圧症、湿疹、産後脚気
特集記事

腎臓仙のよくあるご質問【更新中】

「腎臓仙(じんぞうせん)」のご用命が多く、全国の皆様からご注文を頂いております。その内、半数以上がリピーターであり、長期飲まれているお客様がほとんどではないでしょうか。ケースによってはご夫婦で。又はご家族でも使用されている方もいらっしゃいます。
第2類医薬品

ウチダの原末 牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)20丸×252包(84日分)痛み・痺れ・頻尿に。

基本的には加減はせず1回20丸で1日3回で3ヶ月弱。常用量できっちり攻めていく方には例えご家庭で服用されたとしても便利アイテムと言えましょう。 本年の年末までの弊社下期の合計4ヶ月データー蓄積でどのような結果が出るか楽しみです。本当にユーザー様の志向は年を追うごとに微妙に変化していくようですね。
第2類医薬品

クレアチニンの数値が気になる方の漢方療法

近年になり、腎臓病のご相談は急増しています。特に、一つの指標となるクレアチニンの値上昇についてのお話が多いですね。ただ、腎機能の検査についてはクレアチニンのみならず、尿素窒素BUN等、後述する他の検査項目も総合的に勘案し専門医が判定いたします。
お知らせ

片頭痛に清上けん痛湯 はどのような証に?

片頭痛に清上けん痛湯 はどのような証に? いつも有難うございます。 さて、本日のテーマは「頭痛」。頭痛にもいろいろありますが・・・・ 学術的に、頭痛の原因は一つとされ、血液中のある物質による炎症反応ともいわれます。 ...
2019.06.11
第2類医薬品

還精(かんせい)についての一考察

疲労倦怠感が著しく腰冷,腰痛があり,四肢は冷えやすいが時にほてることもあり,口渇があり,排尿回数多く,尿量減少して残尿感ある場合と,逆に尿量が増大する場合がある,特に夜間多尿のものに用いる:糖尿病,腎臓病,老人性腰痛,坐骨神経痛,高血圧症,湿疹,産後脚気
お知らせ

参茸大補®丸錠「コタロー」(さんじょうたいほがんじょう)で湿邪に負けない体力づくり!

さて、ゴールデンウィークもあっという間に終わり、もう既に梅雨モードに入ったと申しても過言ではないでしょう。 日1日と湿邪が次第に増加し、体調も今一つすぐれない方も多いのではないでしょうか? 漢方業界、漢方市場もここしばら...
お知らせ

湿邪が続き、体調すぐれない方へ剤盛堂 隋証薬。

湿度が高く、気温は夜間低下。寝苦しいまさに湿邪の夜です。真夏の熱帯夜も最悪ですが、梅雨時期の湿邪の夜。。何とも言えない寝苦しさがあります。布団をかけるとむし暑い。外すと体が冷えて朝にはしっかりと「のど風邪」。おまけに膀胱炎も併発したら、これが長引き、会社へ行っても絶不調。皆さんこんな状態が続いているようです。
第2類医薬品

藿香正気散(かっこうしょうきさん)と湿邪(しつじゃ)について。

舌を診ることを舌診(ぜっしん)と言いますが、痰湿(たんしつ)の傾向の方の舌は白または黄色い舌苔(ぜったい)を認めます。初夏から入梅時期へと湿度が高まり、毎年この時期は皆さん、体の調子を狂わせます。そのほとんどが、仕事のストレスや、寝不足(浅い眠り)などに由来する消化機能の減退が多いと思います。
第2類医薬品

清暑益気湯(せいしょえっきとう)「コタロー」の問い合わせが多く。。

もともと夏日の厳しい陽気の時に・・のイメージある清暑益気湯(せいしょえっきとう)なのですが、基本的にはオールシーズを対象とした気陰両虚の方剤ですので、証が合えばもちろんいつでも利用は可能です。
第2類医薬品

疎風定痛湯(そふうていつうとう)は腰痛・関節痛・神経痛・筋肉痛等の漢方。

当店の腰痛ご相談の中で体力が普通程度、上半身に熱感があり、下半身が冷えているケースであれば主に「駆お血剤」を用いることが多いと思います。よく「腰痛」だけは漢方では無理。とのお話を耳にいたしますが、そうではなく、前述のように腰痛の内容により、それに合う処方を用いることにより、効果をあげることが充分に可能です。
第2類医薬品

参苓白朮散料 (じんりょうびゃくじゅつさんりょう)は胃腸虚弱、だるくて下痢・軟便気味な人に用いる。

食べると、すぐトイレに駆け込む方。。あなたの周囲にいませんか?会社の同僚とか、友人、ご家族に・・・参苓白朮散料 (じんりょうびゃくじゅつさんりょう)は、そのような証の方、お仕事にも支障をきたす下痢症状がクセになっている水毒体質の方の改善処方です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました