「 protan 」一覧

スポンサーリンク

八味地黄丸「オオクサ」(大草薬品)がなぜ人気があるのか?

八味地黄丸(はちみじおうがん)とは、漢方薬の一つ。別名、八味丸、腎気丸、八味腎気丸とも言われます。八味地黄丸(はちみじおうがん)は、下半身の冷え、腰痛、尿量の減少、頻尿、むくみ、しびれ、インポテンツなどに用いられる漢方薬です。加齢とともに衰えがちな腎の機能を補い、冷えによって起こる更年期障害、糖尿病、慢性腎炎などにも応用できます。

味麦地黄丸(みばくじおうがん)は、季節の変わり目における年配者の頑固な「からぜき」や眼の乾燥感とか、乾燥肌から由来する皮膚搔痒症(かゆいかゆい)にも著効する。

夜間就寝時に年配者の頑固な「からぜき」が続いたり、排尿頻度が多くなったり、又は夜間尿なども気になるものである。病院検査では特に異常は見られないが就寝すると「せき」や「小便トイレ」の繰り返しで、ああ、歳とったなぁ~嘆かれる声も患者から聞こえるようでもある。

ウチダの 雲南片玉金(うんなんへんぎょくきん)の専門サイト

実は、突然で申し訳ありませんが、雲南片玉金(うんなんへんぎょくきん)が容器変更により、540粒から420粒へ変更です。額面的ににはお安くなり、求めやすくはなりましたが、結果的には1粒単価はどうしても若干値上げとなっております。この点はどうぞ、宜しくご了承頂きますようお願い申し上げます。

ウチダの霊芝と霊芝(れいし)エキスは弊社28周年記念を迎え、特別セールを開催中!

「霊芝(れいし)」を素材とした健康食品は、市場に数多くあれど、やはりなんと言っても国内有数の大手漢方メーカーであるウチダ和漢薬の「ウチダの霊芝エキス」でしょう。濃厚なエキスを含有し、品質素材、産地も国内産の一級品を使用しております。

今年(2018年)の花粉飛散は例年の1.5~2倍!

数値だけで見ていると、たいしたことないようですが、実はかなり「やばい」です。(;^_^A 既に感受性の高い方は2月を待たずに漢方のご相談にご来店されています。例年より2週間ほど早いです。従って最盛期には極めて厳しい状況で本格的な春を迎える形になると予測しております。

サンワロンM・麻黄附子細辛湯【三和生薬の漢方薬】まおうぶしさいしんとう 花粉症,感冒,気管支炎,咳嗽

本剤は、寒気や手足の冷えがある方の感冒、気管支炎、気管支ぜんそく、神経痛に用いられる漢方薬です。 但し、当店では胃腸の特に弱い方には食後の服用とし、ご高齢者の方(体力弱く、血圧高めなど)には非推奨としております。

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)への選択肢(蓄膿症・慢性鼻炎・慢性扁桃炎・にきび )

日本で用いる荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)は、明時代の「万病回春」という古典書にのっている処方を我が国では経験方として発展、アレンジさせた薬方です。体の熱や腫れをひき、病因を発散させ、また、血液循環をよくします。

花粉症対策と漢方の特集記事

もとから花粉症をお持ちの方にとっては飛散量の多少は関係のない話です。植物がこの世にある限り、花粉飛散による直撃は逃れられない現実です。特に3月~5月初旬、9月~10月初旬。スギ、ヒノキ、ブタクサなどなど目白押し。

プロたん全サイト 特集記事ランキング2018年度版(2月1日号)

プロたん全サイト直近で一番アクセスの多かった特集記事を、ランキング順に掲載しました。お正月明けから腎臓仙(じんぞうせん)のご注文が全国からどっと寄せております。32包の2個セットをお求めになりますと、送料、手数料が無料となります。(但し、沖縄県・離島を除く)

スポンサーリンク