【緊急!】台風24号・25号の通過影響による九州方面への発送・配達について

相変わらずリピートが多いウチダ80番・理気利心

   

相変わらずリピートが多いウチダ80番・理気利心

過日、「梅核気(ばいかくき)」の漢方で半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)をご紹介いたしました。 その結果、大変に反響が多く、お問い合わせをいろいろと頂きました。

半夏厚朴湯は漢方薬の大手メーカーが必ずと言ってよいほど製造をしており、その中でも一番人気は相変わらず当店ではウチダ80番・理気利心(りきりしん)です。

【ご注目!!】

★ご希望のお客様はお店にご来訪の少なくとも2日前にはご予約を頂きたいと存じます。(ほぼ受注生産体制です。)

ウチダ80番・理気利心(りきりしん)

 

NO.80理気利心エキス細粒(半夏厚朴湯)300包

 

理気利心

さて、ウチダ和漢薬が開発した半夏厚朴湯を由来とする漢方製剤の理気利心は、毎年この桜咲く時期に顧客様(過去の会員さまを含む)からご注文を賜ります。

症状としては、単に「のどのつかえ感」のみならず、不安観念、不眠傾向、めまい、いらいら感、物忘れ(認知証ではなく)ヒステリーなどに応用ができます。

漢方医学では、「肝鬱気滞痰凝、咽部痰気互結」により生じた疾病と位置づけられます。

会社にまたはご家庭に、何かと多忙なこの4月、5月。環境変化や人事の異動などにより、この時期は病院における神経科の外来も超多忙と伺いました。

【ウチダ80番・理気利心(りきりしん)についてのご質問の回答】

■他処方と合方するのでしょうか?

・合方例もありますが、基本的には理気利心は単独処方でお願いしております。適応範囲がとても広く、うつ傾向の方にもおすすめしております。

■34番竜化順清との違いは何でしょうか。

・34番・竜化順清の場合は、気上衝がより強く、動悸、不眠の主訴を有するケースにおすすめしています。 特に胸脇苦満(きょうきょうくまん)のように肋骨弓周辺の圧迫痛や張りが一つの目安になります。いわゆる柴胡の証ですね。

80番・理気利心は前述のように「梅核気」が判定の一つとなります。 総合的には穏やかに効く慢性疾患対応処方ですので、高齢者の方にもお勧めです。

■理気利心(りきりしん)の副作用について

・ごくまれですが、胃部不快感があります。ただ際立った大きい副作用は、当店取り扱い10数年を経過しますが、ただの1件もありません。

■半夏厚朴湯は柴胡剤と併用できますか?

・可能です。例えば柴胡剤の代表とも言える「小柴胡湯」という有名な方剤がありますが、半夏厚朴湯と合方することにより「柴朴湯(さいぼくとう)」という「喘息(ぜんそく)」への対応処方となり得ます。

従って、理気利心(りきりしん)も柴胡剤と併用可でございます。

詳細は当店薬剤師までお問い合わせください。(店長直通メール)

【新・店長・薬剤師直通メール】SSL
漢方のことなら青梅小梅漢方廠におまかせ!

 

【セール実施中】

「ウチダ80番・理気利心(半夏厚朴湯)」の300包タイプ。 ちょうど100日分がセットされて分包タイプのエキス細粒剤です。 ぜひ一度ご検討くださいませ。漢方相談外来でお待ちしております。

ウチダ80番・理気利心(半夏厚朴湯)のページはこちら 特売中!

NO.80理気利心エキス細粒(半夏厚朴湯)300包

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。

腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。

 
 
お知らせウチダNP細粒シリーズ
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
腰痛・肩こり・背痛・睡眠負債に特許申請の次世代マットレス【ビブラート1】Vibrato1

日本人好み・日本人の体型に合った、やや硬めの高反発マットレス1層目【特許出願中】
直に体と接する面を波状にすることで、体圧をマットレス全体に分散。体型に合わせた変形で体への負担を軽減します。
2層目・3層目 快適な睡眠環境を重視し、しっかりと体の重さを支える150N・200N。(N[ニュートン]/硬さの単位)
老若男女、全ての人にフィット体重が軽い方から100kg超えの方まで柔軟に変化し、質の高い快適な睡眠が続きます。

プロたん漢方2・漢方総合公式サイト

本気の臭い対策特集

汗をあまりかかない季節になったとしても、自ら発する体臭や臭いはとても気になるものです。俗に加齢臭、わきが臭、ムレ臭、ニキビ臭とか言われているようですね。汗はアポクリン腺とエクリン腺の2種類の汗腺から分泌されます。特にアポクリン腺が出す分泌液と、皮脂腺から分泌される成分が混ざりあうと、菌が発酵・繁殖しニオイが発生します。日常のケアの一環として以下会社の製品をご紹介いたします。