蘇生錠、強蘇生散(きょうそせいさん)は真武湯由来

   

蘇生錠、強蘇生散(きょうそせいさん)は真武湯由来

蘇生錠、強蘇生散は剤盛堂のオリジナル漢方とも言える珍しい製剤であり、一口で言えばかの有名な「真武湯(しんぶとう)」の変方とも言えましょう。証は基本的には真武湯の証でありますが、「附子」を用いないケースで当製剤を使用いたします。あると便利な漢方薬ですね。
まずは、由来となる真武湯のご説明をいたします。

【真武湯とは?】

真武湯の構成生薬は下記の5種類です。

主薬の「附子」は熱性の代表的な生薬で、体をあたためて痛みをとり、
また水分循環を改善します。

そのほか、余分な水分を取り除く「茯苓」と「蒼朮」、痛みをやわらげる「芍薬」、
健胃作用のある「生姜」などが配合されています。
これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。

附子(ブシ)
茯苓(ブクリョウ)
蒼朮(ソウジュツ)または白朮(ビャクジュツ)
芍薬(シャクヤク)
生姜(ショウキョウ)

【真武湯の特徴】

寒・虚証に適応する代表的な方剤です。漢時代の「傷寒論」という古典書で紹介されています。
適応証(体質)は、虚証(虚弱)、寒証(冷え)、湿証(水分停滞)となります。

【蘇生錠、強蘇生散とは?】

剤盛堂の蘇生錠、強蘇生散は、真武湯から附子を除いた処方であり、その用い方としては、腎・心の働き悪く消化器弱く運動失調を起こしているものを目標にします。
効能・効果として、

(蘇生錠)
胃腸虚弱症,慢性腸カタル,浮腫

(強蘇生散)
慢性胃腸カタル、胃アトニー、湿疹、めまい、咳止

※寒・虚証で、従来から胃腸虚弱の傾向が強い方の水毒に用います。水分停滞が長期続くと、平素からむくみや時折せき症状や皮膚炎などを呈しやすく、
慢性的な消化器障害をきたします。この場合、真武湯を一般的には用いますが、附子によるほてりやのぼせが出現してしまう方には、
当製剤が有効であり、大変穏やかに症状を改善いたします。

錠剤タイプ、散剤タイプに分かれ、両方ともにエキス+原末で構成されている製剤です。
実際に当店、漢方相談ではよく用いられますが、良く効く製剤であると個人的に思います。

蘇生錠

項目 内容
医薬品区分 一般用医薬品
薬効分類 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
承認販売名
製品名 蘇生錠
製品名(読み) ソセイジョウ
製品の特徴
使用上の注意

■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
(1)服用後,次の症状があらわれた場合

[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ

(2)1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合

効能・効果 胃腸虚弱症,慢性腸カタル,浮腫

効能関連注意
用法・用量 次の量を随時注),コップ半分以上のぬるま湯にて服用して下さい。
注)「随時服用」とは食前・食間(食後2~3時間)・食後のいつ服用してもよいことを指しますが,胃腸の弱い方は食後の服用がよいでしょう。

[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):5錠:3回
12歳以上15歳未満:4錠:3回
7歳以上12歳未満:3錠:3回
5歳以上7歳未満:2錠:3回
5歳未満:服用しないこと
用法関連注意 (1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
成分分量 15錠(3.3g)中   成分 分量 内訳
エキス 2.33mL(固形物として0.5g) (シャクヤク1.5g・ショウキョウ0.5g・ソウジュツ1g・ブクリョウ1.5g)
ショウキョウ末 0.1g
ソウジュツ末 1g
ブクリョウ末 1.4g

添加物 軽質無水ケイ酸,ステアリン酸マグネシウム,乳糖,バレイショデンプン
保管及び取扱い上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

製造販売会社 剤盛堂薬品(株) 添付文書情報
会社名:剤盛堂薬品株式会社
住所:〒640-8323 和歌山市太田二丁目8番31号
販売会社
剤形 錠剤
リスク区分 第3類医薬品

強蘇生散

項目 内容
医薬品区分 一般用医薬品
薬効分類 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
承認販売名
製品名 強蘇生散
製品名(読み) キョウソセイサン
製品の特徴
使用上の注意

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる)
次の人は服用しないこと
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
(1)服用後,次の症状があらわれた場合

[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ

(2)1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合

効能・効果 慢性胃腸カタル,胃アトニー,湿疹,めまい,咳止

効能関連注意
用法・用量 次の量を食前又は食間注)に,コップ半分以上のぬるま湯にて服用して下さい。
注)「食間」とは食後2~3時間を指します。

[年齢:1回量(容器入りの場合):1回量(分包品の場合):1日服用回数]
大人:1.5g(添付のサジ1杯):1包:3回
10歳以上15歳未満:大人の2/3の量(1.0g):2/3包:3回
5歳以上10歳未満:大人の1/2の量(0.75g):1/2包:3回
5歳未満:大人の1/3の量(0.5g):1/3包:3回

用法関連注意 (1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(3)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させること。
(4)生後3ヵ月未満の乳児には服用させないこと。

成分分量 4.5g又は3包中   成分 分量
シャクヤクエキス 0.145g
シャクヤク末 0.726g
ショウキョウ末 0.726g
ソウジュツ末 1.451g
ブクリョウ末 1.452g

添加物 なし
保管及び取扱い上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)分包品において1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用すること。
製造販売会社 剤盛堂薬品(株) 添付文書情報
会社名:剤盛堂薬品株式会社
住所:〒640-8323 和歌山市太田515番地1
販売会社
剤形 散剤
リスク区分 第3類医薬品

スポンサーリンク

sajiclub2016
【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)

スポンサーリンク


当店の全国都道府県別の送料を一覧表としております。(2017年10月~)
参考サイト
お薬と言ってもセルフケアを目的とした市販の漢方薬です。ばあばは虚弱なもので、あまり強い薬は飲めません。そこで漢方なのですが、漢方の中でも特にマイルドな、かつ自身の体にフィットする方剤を専門家である薬剤師さんにお願いをしています。
【プロたんサイト構築について】(会社設立)「保険調剤(処方せん応需の保険指定)」と「漢方薬のご相談」。この業界では「二つの要素」は決して両立は無理との指摘のあった保険薬局の運営。これら「大きなテーマ」に挑戦すべく「プロたん薬局(プロドラッグ
スポンサーリンク