春は梅核気(ばいかくき)が多い季節。半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

   

 

春は梅核気(ばいかくき)が多い季節。半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

小生が申すまでもなく、今年の春は本当に寒い。
関東地方は晴れ間がこれからやや増えるとニュースを見ましたが、
3月を中旬近くになっても北海道、東北、北陸側は寒波で大雪とは、本当にお気の毒です。

さて、芽吹く頃になりますと必ずご相談が多くなるのが「自律神経失調」や「不安神経症」のご相談です。
天候のいかんに関係なく、春の人事異動や、転勤など学生さんもいよいよ新学期の準備など、親を含めていろいろと神経をお遣いになられる時期でもあります。
特に4月~5月末頃にかけては、このような自身を取り巻く環境の変化になかなかついていけず、ストレス加重でダウン。
あなたも少なからずもご経験がありませんか?

このような時に、当店でよくおすすめするのが「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」という処方です。

なんとなく気分がふさいで、咽喉・食道部に異物感があるケースをよく伺います。
これを「梅核気(ばいかくき)」と言って、ちょうど梅の種が喉に痞えた感じが継続した状態をさします。

これはヒステリー球、神経性咽喉頭部狭窄症ともよばれており、病院で検査をしても病理学的には確認されません。
中医学では、「肝鬱気滞痰凝、咽部痰気互結」によって起こった病気と位置づけているようです。
気というものが長期間鬱滞し、痰を生じ、痰は気と一緒に経絡に沿って咽喉に留まるということでしょうか。

いずれにしても、半夏厚朴湯の証は、この梅核気(ばいかくき)が鑑別のポイントの一つと言えましょう。
さらに、動悸、めまい、嘔気(吐き気)などを伴う不安神経症、神経性胃炎、つわり、せき、しわがれ声などに用いられます。

ある日、当店の漢方相談で、声が思うように発声できない。
特に勤務中になると声が枯れてうまくお客様と応対できないと、某旅行者の窓口カウンターを担当している女性のご相談がありました。
非常に繁忙な会社の業務であり、ストレスが多いと伺いました。

また、男性の方で、今まで内勤を長年やってきたが、この春から不慣れな営業職の部門に回され、原因不明の動悸やめまいに困っている。
病院では「自律神経失調症」の疑いと診断を受け、悩んでいる方などさまざまです。

まずは日常生活に配慮し、十分な睡眠をこころがけ、ストレス解消の「運動」などが必要なことは私が申すまでもないことと思います。
食生活では、刺激物や脂っこい濃厚な食事をなるべく避け、なるべく野菜ものや海産物、消化の良いものを推奨いたします。

漢方薬では半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)を推奨いたします。

有名な処方であるだけに多くの漢方メーカーが半夏厚朴湯をベースとした製品を発売しております。
街の漢方薬局・薬店でも当処方の漢方薬はたいてい取り扱っておりますので、症状に覚えが有る場合には、一度ご相談されるとよろしいかも知れません。

当店でも錠剤タイプは一元の半夏厚朴湯錠三和の半夏厚朴湯などが、とても人気がございます。

細粒タイプでは、当店おすすめのウチダ80番・理気利心(半夏厚朴湯)」 小太郎の半夏厚朴湯

顆粒タイプでは「ツムラ半夏厚朴湯」などに人気が集中しています。

特に推奨は「ウチダ80番・理気利心(半夏厚朴湯)」の300包タイプちょうど3ヶ月分がセットされて分包タイプのエキス細粒剤です。
ぜひ一度ご検討くださいませ。

理気利心

スポンサーリンク

sajiclub2016
【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)

スポンサーリンク


当店の全国都道府県別の送料を一覧表としております。(2017年10月~)
参考サイト
お薬と言ってもセルフケアを目的とした市販の漢方薬です。ばあばは虚弱なもので、あまり強い薬は飲めません。そこで漢方なのですが、漢方の中でも特にマイルドな、かつ自身の体にフィットする方剤を専門家である薬剤師さんにお願いをしています。
【プロたんサイト構築について】(会社設立)「保険調剤(処方せん応需の保険指定)」と「漢方薬のご相談」。この業界では「二つの要素」は決して両立は無理との指摘のあった保険薬局の運営。これら「大きなテーマ」に挑戦すべく「プロたん薬局(プロドラッグ
スポンサーリンク