緊急企画!生薬配合・滋養強壮ドリンクローヤルユニーキング50mL(超特価)で夏のバテバテを乗り切る!

抑肝散加陳皮半夏は認知症に効果があるのか?

スポンサーリンク

薬剤師のぷろたんです。いつもアクセスを賜り感謝申し上げます。

抑肝散加陳皮半夏と認知症
抑肝散加陳皮半夏と私との出会い

25年以上も前の話。病院薬剤科に勤務していた時に、興味ある治験が学会で正式に発表されました。
その内容は、某大学病院において、ご年配患者さんの長谷川式スケール実施を「抑肝散加陳皮半夏」の服用前、服用後の成績で比較検討し、データー化したものでした。

当時は医療用漢方製剤が、現在ほど出回っていない時期であっただけに鮮明に記憶しております。私にとっては実にセンセーショナルなニュースでした。
しかし、「脳血管障害後遺症」又は「老人の遷延性うつ症」等が一大ターゲットであったためか、「漢方製剤は効きにくい」という医局側の風潮もあり、さして大きな話題にはならなかったと思います。

私は、この処方「抑肝散加陳皮半夏」に非常に興味を覚え、病院と医局にお願いをし、当時は困難を極めましたが最終的に医療用漢方製剤T社のを新規採用して頂いたのを覚えております。

その後、退職後は東京都青梅市に会社を設立。当店で直接患者さんのご相談をお受けする日々の中で、この「抑肝散加陳皮半夏」を丸20年間ご紹介して参りました。
ご紹介内容としての効果は、もちろん神経症、不眠傾向をはじめとする諸神経症状です。

母の認知症進行の脅威

私の家族の体験から、同居している母親がある時点(引越し)から「もの忘れ」が次第に多くなり、おかしい?と思ったものの・・。
生来から「気丈な反面、忘れっぽい」性分でしたので、「生活環境の変化」と「単なる老化」と私が勝手に判断し、よもや彼女が認知症とは思いませんでした。
初めて指摘を受けたのが、母のかかりつけ循環器ドクターからでした。

自身が一緒に住んでいて恥ずかしい話ですが、灯台下暗しであり、ご紹介を受けた専門医師に受診相談時にはかなり認知症は進んでいるとの事でした。

現在、病院加療中ですが、高齢に拍車がかかり凄まじい勢いで認知症そのものが進行しております。

医師の了解をとり、病院薬剤と平行して、従来から愛用してきた瓊玉膏(けいぎょくこう)や、2年近く煎剤「抑肝散加陳皮半夏」を服用しております。
当初は「釣藤散」や「黄連解毒湯」等で模索しましたが、現在は「抑肝散加陳皮半夏」で落ち着いております。

しかし、今となっては「病」の方が勝り、彼女の疾病の進行はいっこうに止まりそうもありません。非常に厳しい状況です。

認知症は漢方薬で周辺症状を緩和する(認知のステージにより、それすら厳しい)ことは多少可能であっても、もちろん治すことは現段階では極めて困難であると私の経験論から敢えて付記いたします。
しかしながら、将来は漢方をベースにしたレビー小体型認知症やアルツハイマー病の治療薬が開発されることを願ってやみません。

プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/悪性胸膜中皮腫(アスベスト被曝)を患い闘病中/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする

腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。

 
 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
スポンサーリンク
sajiclub2016


プロたん漢方2・通販公式サイト2018