緊急企画!生薬配合・滋養強壮ドリンクローヤルユニーキング50mL(超特価)で夏のバテバテを乗り切る!

蘇子降気湯(そしこうきとう)の用い方

スポンサーリンク

蘇子降気湯(そしこうきとう)の用い方


以前「長引く咳に蘇子降気湯(そしこうきとう)」というテーマで書かせて頂いた記事がありました。

今夜は、この蘇子降気湯について、今少し掘り下げてみましょう。
その大きな理由は?

全国的に大雪とはいえ、ここ関東近県はからっからの乾燥状態。
のどを痛める患者さんも多く、さらに「空せき」が長期続いている方が続発しています。

【蘇子降気湯(そしこうきとう)という処方】

なにかとカゼ引きが多いのですが、その中で、主症状が治まっても、「せき」だけ残るという現象。

ご経験されたことはありませんか?

つまり体力も低下している時のせき。
変な弱々しいせきが長期続きます。このような時に蘇子降気湯をおすすめしております。

蘇子降気湯は、足腰が冷えやすく、のぼせ傾向で、せきがいつまでも続くものを改善してくれる代表的な漢方薬です。

【当処方の特徴】

◎特に足冷え体質の男女。これらの方の「長期せき」にとてもよく効きます。含有されているショウキョウで冷え切った末端をまず温めます。

つまり、手足を温めることにより、逆にのぼせは減少します。

◎特にぷろたんの外来相談では虚弱者や年配者に多いせきに応用しております。

◎年配者と言っても、まだまだ現役ですよ。

(事例)(ご当人と奥様より掲載許可)

当店のお客様で地元で不動産屋さんを経営されている69歳の社長さん。昨年11頃に風邪を引き、治癒はしましたが、なぜか咳だけが残った。

近隣の医療機関や薬局で咳止めをいろいろ飲んだが、全然効かず。
咳による睡眠不足も手伝って、かなり憔悴して当店にご来店されました。

沙織店長の診立てはずばり「腎陽虚と寒痰阻肺」の状態。
蘇子降気湯に補中益気湯を加味して、まさに即効でした。。

【蘇子降気湯の柔軟性】

◎たんが多く、せきが出て呼吸が苦しい気管支炎にも応用できる柔軟性もあります。

◎そして、大きな特徴・・・当処方には麻黄は含有されていません。

従って、麻黄に弱い方にも安心して服用を続けられる処方です。

◎特に胃腸虚弱で麻黄を受け付けないお客様や、血圧高めの方などには蘇子降気湯はうってつけな処方ですね。

◎極めて柔軟性のある処方です。
やはり紫蘇は穏やかで良い。かつ証が合えば嘘みたいに効きます。
風邪の漢方の「参紫飲(じんそいん)」などがその例でしょう。

【成分構成についてのぷろたん的考察】

シソシ・紫蘇子
ハンゲ・半夏
チンピ・陳皮
ゼンコ・前胡
ケイヒ・桂皮
トウキ・当帰
コウボク・厚朴
タイソウ・大棗
ショウキョウ・生姜
カンゾウ・甘草

以上10の生薬成分がバランス良く構成されている処方です。

※処方そのものは、半夏厚朴湯の「そっくり」さん。
方剤としては、気を降ろす降気剤です。ストレスに効果ありです。

高度なストレスを受けると、よく人間は「せき」を続けます。
梅核気(梅の種が喉に痞えた感じ)さらにタンが絡んでいるケース
では、この蘇子降気湯を当店の漢方相談では推奨しております。

【漢方医学的な考察】

蘇子降気湯は理気、降気、化痰、止咳などの基本薬ともいえます。

特に風邪引きあとの肺気不降によるしつっこい咳などには第一選択と考えております。特に先月末~2月にこの症例が多いですね。

腎陽虚と寒痰阻肺の状態、いわゆる冷えた痰が肺に停滞している症状の場合に用いると効果的と思います。

【蘇子降気湯の実際の製剤】

当処方を取り扱っているメーカーは数多くはありません。
当店では、大手漢方メーカーの小太郎・蘇子降気湯エキス細粒をご紹介しております。

蘇子降気湯、【プロたん漢方2】ショッピングカートPC版
蘇子降気湯(そしこうきとう)エキス細粒G「コタロー」のことならプロたん漢方2。
プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/悪性胸膜中皮腫(アスベスト被曝)を患い闘病中/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする

腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。

 
 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
スポンサーリンク
sajiclub2016


プロたん漢方2・通販公式サイト2018