7/11 先般の各地における水害の影響により、配達不能地域及び配達遅延が発生しています。

脳トレと不安障害について

スポンサーリンク

こんにちは。薬剤師のぷろたんです。

「脳トレと不安障害」についての何か文献というか書籍がないかと総務からの要望でしたので、一応ご紹介したのですが、あんまり具体的な書籍はでていません。

「脳トレ」の本では定評のあるリチャード・レスタック(ジョージワシントン大学の精神科医)が「脳トレ」にあやかって出版しております。とりあえず購入して読みました。

表題は『脳トレ 不安に負けない編』
副題は・・あなたが「不安」を感じたとき「脳」では何が起きているのか?

その中で興味ある話は、扁桃体と前頭葉、抗不安薬の歴史と進化・・・あたりは、さすがに専門医と思ったのですが、脳トレについての話がもう少し見えてこないような。。しかし、かなり売れているようですね、この本は。

中古本もすでに出ているようで半額以下で取引されているようです。ご興味ある方は当ページの上記リンクしておきました。アマゾンで詳細をご覧下さい。

脳トレが即なんらかの治療効果を得るという期待については賛否両論あるようです。

当方の母親も病院と老人保健施設を往復している日々を送っておりますが、例えばご老人たちが孤立しないように、絶えずコミニュケーションを保ち、簡単な運動や手作業を実施するなど適度な刺激を与えることはボケ防止にもつながり大変良いことであると同感です。

しかし、「脳トレ」そのもので認知症やアルツハイマーが改善できるのか?と、少なからずも疑問も残ります。
まぁ、一つの方法論として、私生活に積極的に取り入れていくことは決して悪いことではない。・・と留めておきましょう。

不安障害についてもしかり。脳トレによる実際的な効果測定が極めて難しいという点。また不安障害の疾病そのものが多岐に渡っているため、そのパターンに応じたリハビリというものが存在するのか、医学的根拠を必要としますね。
ただ、個人的にはこのようなストレス、不安、不眠等への対応として「ヨガ」、「座禅」などへの取り組みはむしろ推挙している方かも知れません。孤立し悶々としているよりも、まずは私生活のサイクルの中に「アクション」を取り入れることは意義あることと思います。

プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/悪性胸膜中皮腫(アスベスト被曝)を患い闘病中/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする
腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。


 
 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。
未分類
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
sajiclub2016


プロたん漢方2・通販公式サイト2018