W機能性表示(記憶力を維持する・中性脂肪を下げる)の『サトウDHA&EPA』(2018/06/16)

クレアチニンが検査結果で高値と医師より指摘された時

スポンサーリンク

クレアチニンが検査結果で高値と医師より指摘された時

店頭ではよく、初回の漢方相談で、浮かない顔をされた
お客様が、「実は今日の検査結果でクレアチニンが高い!」と
医師から注意されてしまった。。。と、ご来店されるお客様が多いですね。

「このままですと、腎透析になるのでしょうか?」と、心配気な顔でご質問をされる。

たしかに血液中のクレアチニンの数値が高いのは、腎機能が低下していることを示唆しているものですが、
やみくもに腎透析のことをくよくよ心配されるより、まずは自身にできることから・・・私生活の改善から入ります。

そして病院において原因となる病気の確定診断が付いたなら、
すぐに治療を開始するべきですね。

【クレアチニンって何だ?】

クレアチニンとは、筋肉運動のエネルギー源となるアミノ酸の一種クレアチンが代謝されてできた物質をいう。

尿酸や尿素窒素と同様に老廃物のひとつでもある。

クレアチニンは腎臓の糸球体で濾過されるが、尿素窒素とは違って尿細管ではほとんど再吸収されずに、尿中に排泄される。

筋肉運動の代謝産物であるため、筋肉量に比例した量となる。

【クレアチニンによってわかることは?】

クレアチニンは、腎臓が正常にはたらいていれば、尿として体外に排泄される。

つまり血液中のクレアチニンが多いということは、腎機能が障害されているということになる。

この検査は簡単なうえに、腎臓以外の影響は受けにくいので、腎機能、腎糸球体機能のスクリーニング(ふるいわけ)や経過観察のための検査として行なわれている。

また、クレアチニンは、筋肉の病気を調べるときにも検査される。

筋肉内で合成されるクレアチニンの量は筋肉の量に比例するため、筋ジストロフィー症などの筋肉の萎縮する病気があるときは低値になる。

しかし、クレアチニンは腎機能(糸球体濾過率)が50%以下になるまでは上昇しないため、軽度の腎機能障害の判定には適当とはいえない。

そこで、診断にあたっては腎糸球体機能の変化をさらに正確に測定するクレアチニン・クリアランスを実施する。

【クレアチニンの検査】

血液を採取し、酵素を利用した試薬を加え、比色計で色の変化を調べる。

食事については制限などはないが、検査前日からは激しい運動などは控えるべきである。

基準値の範囲

男性…0.5~1.1mg/dl
•女性…0.4~0.8mg/dl

クレアチニン値は筋肉量に比例するので、一般に女性より男性のほうが10~20%高値になる。

年齢による変動はほとんどない。

高齢者では年齢とともに腎糸球体濾過率が低下するが、筋肉量を減少するため、ほぼ一定になる。

【クレアチニンの検査の判定】

血液中のクレアチニンの数値が高いのは、腎機能が低下していることを示唆し、低い場合は、筋肉に関わる異常を想定できる。

日本人間ドック学会の判定基準では、男性が1.2~1.3mg/dl、女性が0.9~1.0mg/dlは、場合により経過観察が必要とされている。

一般に中程度の腎不全では1.5mg/dlを超え、重症では2.4mg/dl以上になる。

そして、クレアチニンの値が5mg/dlを超えると回復は難しくなり、10mg/dlが人工透析を始める一つの目安となる。

クレアチニンと尿素窒素は、腎機能が50%前後まで低下しないと高値を示さない。

数値に異常があればなんらかの疾患が進行していることが考えられるので、すぐに原因究明を行なうことが必要となる。

その意味では、境界域でも危険な数値と考えた方がよい。

【異常値における対応は】
異常値の原因となっている病気を確定するため、PSP排泄試験、電解質測定、フィッシュバーグ濃縮試験、クレアチニン・クリアランス、腎盂造影、X線CT、腎生検などの検査が実施される。

原因となる病気の確定診断が付いたなら、治療を開始する。

腎不全で老廃物が血液中にたまると、心臓麻痺、腸閉塞、昏睡などの危険性がある尿毒症を起こす。

特に急性腎不全の場合は、クレアチニン値が一定以上になると人工透析の必要性も考慮に入れなければならないので、迅速な対応が必要となる。

腎盂腎炎や腎臓結石の場合、治療によって利尿が進めば、クレアチニン値は間もなく回復する。

日常生活では、タンパク質の摂取を制限する食事や適度な運動を心がけるとともに、脱水や感染などの憎悪因子を避けるようにすべきである。

また、慢性腎疾患ではクレアチニン値を月1~2回測定し、さらに糸球体濾過率を推定するために、クレアチニン・クリアランスを半年ごとに調べるとよい。

【異常値のケースで疑われる病気】

•高値…急性・慢性腎炎、腎不全、尿毒症、腎盂腎炎、腎臓結石、肝硬変、心不全など
•低値…筋疾患(筋ジストロフィー)、尿崩症など

【漢方療法について】

★【多くの患者様から支持されているぷろたんの腎臓漢方】

★漢方の養生法として平素から腎をいたわる方法論です。

★いきなり悪くなり「泣き」を見ぬように、数値が好ましくない方は病院の治療と平行してご家庭でこつこつとできる漢方療法をおすすめしております。

漢方詳細についてはこちらの特集記事→ https://www.protan2.com/?p=6897
(腎不全は怖い、腎臓検査はクレアチニンと尿酸。漢方もある!)

クレアチニンの数値が気になる方の漢方

プロフィール
この記事を書いた人
protan

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/悪性胸膜中皮腫(アスベスト被曝)を患い闘病中/座右の銘:日1日が余生

protanをフォローする
腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。


 
 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。
未分類
スポンサーリンク
protanをフォローする

sajiclub2016


プロたん漢方2・通販公式サイト2018