protan_reset(プロたん漢方でリセット)

玉屏風散と「ばんらんこん」の反響について

   

玉屏風散と「ばんらんこん」の反響について

薬剤師ぷろたん

薬剤師のぷろたんです。
いつも有難うございます。

昨日の「プロたんメルマ」において、

これからのカゼ対策に「玉屏風散」と「ばんらんこん」の併用についての記事をお送りしましたところ、多くの反響があり正直驚いております。
今年の夏からは妙な気象状況が続いており、本年冬はご承知のようにRSウィルスをはじめ各種感染症を懸念するところです。

いかに防御(屏風・・びょうぶ)を堅固にし、ばんらん根で備えるかという拙稿でございました。汗

ばんらん根は現在、当店の店頭におきましても、人気の商品ですね。
お客様は若いお母様方が非常に多いですね。
ウチは主人も子供もアレルギーが強く、合成のカゼ薬が合わないとのこと。

今回は、玉屏風散(ぎょくへいふうさん)が非常に良く売れています。
多くの方からご購入予約を頂いております。
実は当処方は私が過去調剤室で煎じ薬を何度も製造したことがありましたが、断念しております。汗

理由はコスト割高、お客様が服用される量的な問題などなどです。

玉屏風散(ぎょくへいふうさん)は免疫、防御の観点から私は最高の方剤と思っていただけに残念でした。

従って小太郎さんから「口あたり良く」服用の楽な濃いエキス細粒剤が発売された時にはホッとしたものです。

玉屏風散(ぎょくへいふうさん)。今年の冬はあなたのお側に置いてください。

玉屏風散(ぎょくへいふうさん)の詳細につきましては、

小太郎エキス細粒G

玉屏風散(ぎょくへいふうさん)は、主薬の黄耆と白朮で、肺と脾の気を補い増強。
屏風は壁のように完全にものを遮断してしまうのではなく、必要なものを通過させ、入ってはならぬものを食い止める働きがある。頭に玉(ぎょく)がついているのは、大変貴重なものという意味合い。屏風(免疫)で、外からの邪を防ぎ、外的要因から身体をしっかり防御する漢方処方です。 2味の補気薬と1味の去風薬で構成され、主薬の黄耆と白朮で、肺と脾の気を補い、増強します。