プロたん全サイト直近で一番アクセスの多かった特集記事を、ランキング順に掲載しました。本年は花粉症の漢方へのお問い合わせが例年よりも倍増しており、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)、麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)、鼻優(びゆう)などが上位に入りました。

クレアチニン・尿酸の漢方への反響について

クレアチニン・尿酸の漢方への反響について

こんにちは。
薬剤師のぷろたんです。
先日のメルマでご案内した「クレアチニン・尿酸の漢方」全国の皆様からお問い合わせを多く頂きました。

慢性腎炎が激増の昨今、修復が極めて困難な腎臓病への漢方療法がいかに大切か、再認識いたしました。

還精と八味丸とは全く違う処方と思っています。
還精は八味丸の附子を去り、生姜を加えた成分構成でして、緩やかに腎に働きかける処方となっています。

特に浮腫の強い場合、腎臓仙と還精との併用効果は極めて顕著であり、体が軽くなり、すっきりした感がいたします。
実際に尿量は一時的に増加いたします。

服薬を続けますと、むくみがとれるに従って、尿量も次第に落ち着き、おトイレへの回数も平素のリズムへ戻りますのでご安心ください。

漢方薬は新薬にありがちな強制的な利尿はありません。
水毒を調整しながら血行を改善し、気分をも軌道修正いたします。(気血水の理論)

腎臓病のリスクファクター

ポイントはクレアチニンと尿酸の検査数値。
1回だけではなく、定期的に自分の数値は確認いたしましょう。
お若い時の数値歪みの放置は、ご年配になられてからの修復は厳しいと言われております。

そのためにも、今からでも遅くはありません。
心当たりのある方はぜひ漢方療法をおすすめしたいと思います。

【多くの患者様から支持されているぷろたんの腎臓漢方】

■漢方薬では・・・・・一元製薬の「還精(かんせい)」の錠剤タイプ。
小粒タイプだから飲みやすい。
詳細ページはこちら→ https://www.protan2.com/?p=5152

■薬草茶では・・・・・三和生薬の「腎臓仙(じんぞうせん)」というお茶タイプ。
詳細ページはこちら→ https://www.protan2.com/JIN/

★この2つの併用療法です。★

具体的に申しますと、「還精(かんせい)」錠剤は自宅と会社でも飲める小粒の錠剤。
とても人気です。
ホルモン分泌を盛んにして、東洋医学でいう「腎虚」を改善いたします。
はら冷えの体質の男女には特におすすめ。
当店では「若返りの漢方」とも呼んでおり、糖尿病の傾向のある
お客様にもおすすめしています。

つぎに「腎臓仙(じんぞうせん)」という薬草茶はぜひご自宅でお飲みください。
面倒ではありません。ティーバッグに熱湯をさすだけです。
飲み方特集ページでぜひご覧ください。

解毒促進、腎臓をいたわる薬草が多く含有されている特製のお茶です。

まずは3ヶ月併用でお飲みになられて、検査数値をご覧ください。


【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)


sajiclub2016

スポンサーリンク

栃本の3つの丸剤

スポンサーリンク