W機能性表示(記憶力を維持する・中性脂肪を下げる)の『サトウDHA&EPA』(2018/06/16)

牛黄(ごおう)の採取と鑑別

スポンサーリンク

■特集記事

秘薬 「牛黄(ごおう)」の魅力

すらすらと流れるべき血が何らかの原因により、スムーズに流れなくなると細い血管にうっ血を生じます。

これが慢性化すると多くの生活習慣病の原因ともなり、日々の生活に支障をきたすことは私が申すまでもありません。

「若さを保つ」は血行の優劣により決定されると言っても過言ではないでしょう。

生活のリズムを崩さず、無理をせず、運動不足に陥らず、さらに漢方養生に邁進されることは、貴方自身の努力次第ともいえます。

稀少漢方薬の牛黄は強心薬、賦活薬として、血行を改善し、さまざまな病状の予防や回復、さらに未病への対応薬としてぜひ貴方の側に常備されてください。

 

【牛黄(ごおう)の最近の研究レポートより抜粋】

現在、牛黄の素材は大変稀少であり、世界各国で研究報告されております。
その薬理作用について特に顕著なものを抜粋して掲げてみました。

※なお、素材産出国はオーストラリア産を筆頭に南米産などが珍重されている模様です。

・強心作用(心臓の働きを強める)

・赤血球新生促進作用(貧血を改善)

・解熱作用(発熱を抑える)

・鎮静作用(神経を和らげる)

・肝保護作用(肝機能を助ける)

・利胆作用(胆汁分泌を盛んにする)

・末梢神経障害改善作用(しびれ感改善)

・抗炎症・抗ウィルス作用 など
【牛黄の採取と鑑別】

専門家が牛の胆嚢・胆菅から牛黄硬塊を採取し、外部の薄膜を除去してから、通草(通脱木の茎髄)又は灯心草でくるみ、さらにガーゼで包み込みます。

日陰干し後に半渇きとなった時点で再度糸でくくり、乾燥を続けると破片や変色を防ぐことができるとされています。

鑑定方法として、その牛黄粉末の少量を水で湿らせ、指の爪上に塗ると良く黄色に染まり長時間色がさめない物が真品と言われます。

真品の牛黄は水に難溶性であり、その形状は単に吸湿するのみで形そのものに変化はない。従って、水に入れて即膨張し崩れるのは偽物とされる。

以上はあくまでも経験的鑑別方の一つにすぎないが、結論的には信頼性のある大手国内メーカーが厳正なる素材検査を実施し、自社の工場で製造している真製品を求めるべきと私は考えます。

(腑侶鍛漢方医学研究所 ぷろたん)

 

牛黄カプセル

プロフィール
この記事を書いた人
protan

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/悪性胸膜中皮腫(アスベスト被曝)を患い闘病中/座右の銘:日1日が余生

protanをフォローする
腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。


 
 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。
未分類
スポンサーリンク
protanをフォローする

sajiclub2016


プロたん漢方2・通販公式サイト2018