プロたん会員になると、会員価格でお買い物。会員特割特典!会員登録はこちらから・・・。

腎臓病と還精(かんせい)

   
スポンサーリンク

■腎臓病と還精(かんせい)■

腎臓病と還精(かんせい)

今日は、小生が惚れ込んだ「還精」という製剤の話。。

私が、漢方薬専門店を開設した時に、一番感動した思い出のある製剤のひとつが「還精(かんせい)」です。

サイトの製品ご紹介のための表題には、還精(八味丸)とわかりやすく記載していますが、こういうのって、商業主義的とでも申しましょうか。。反省

正確に言いますと、還精は八味丸の変方です。

ところが、この製剤は実によく効く。名称も還精といいですねぇ~。

有名な処方、八味丸の変方にしては、短期間でリピートも高く、他に無い小粒錠剤へのこだわりと、附子(ぶし)を除いてほどほどに乾姜(かんきょう)と、呆れるほど心憎いです。

製造は「原末+エキス」の濃厚錠剤で著明な一元製薬。もちろん漢方専門メーカー。(東京都豊島区)
この土俵の中で誕生した八味丸の変方である還精は興味深い。

現在では先般のテレビ放映(腎臓病についての某番組)の影響も手伝ってか、日々ご本家「八味丸」を凌駕すべく
お問い合わせやご注文を頂いております。

 

還精はお取り寄せ商品につきご予約制となります。
どうぞ今からでもご予約ください。(腎臓仙と一緒に掲載中)

腎臓仙と還精、【プロたん漢方2】ショッピングカートPC・スマホ版
クレアチニンが気になる方に腎臓仙と還精

さて、還精を述べる前に、八味丸を論じなければなりません。

この世の漢方薬の中で、男女のパワー漢方!と言えば・・・私はまず筆頭に「八味丸」を掲げます。(私見でありますが)

八味丸は、八味地黄丸または八味腎気丸と呼ばれます。この八味丸(はちみがん)という方剤は、体の弱った機能をおぎない元気をつけます。ことに、足腰や泌尿器など下半身の衰えには最適ですね。最近はお若い方々も飲まれてます。

その処方をちょっと再確認してみましょう。

地黄(ジオウ)・・貧血症状を改善し元気をつける
山茱萸(サンシュユ)・・滋養強壮
山薬(サンヤク)・・滋養強壮(山芋です)
茯苓(ブクリョウ)・・水分循環をよくする
沢瀉(タクシャ)・・水分循環をよくする
牡丹皮(ボタンピ)・・お血(おけつ)改善
桂皮(ケイヒ)・・気を通し体をあたためる
附子(ブシ)・・ 体をあたため痛みをとる(トリカブト)

まさに気・血・水にバランス良く働きかける完璧な漢方処方と言えましょう。

虚証(虚弱)であることを条件に、中年~高年に広く用いられています。

漢時代の「金匱要略」という古典書で紹介されている優秀処方でして、適応証は、虚証(虚弱)、
寒証(冷え)、臍下不仁(下腹部脱力)となります。

さて、この八味丸なのですが、附子(ブシ)を入れていることにより、ほてりを生じてしまう方がいらっしゃいます。適証にもかかわらず、温めすぎて空ぼてりする状況のケース。
この場合は附子(ブシ)を去して、乾姜(しょうが)を加味した処方・・・・つまり還精の存在意義があるわけです。

一般的には「腎虚(じんきょ)」には八味丸と通説ですが、こと現代日本人のデリケートな腎臓病には附子(ブシ)が効き過ぎてしまうケースがある。(特にお若い方)従って、当方の漢方相談における腎臓病対策としての
漢方処方の筆頭が「還精(かんせい)」であるがゆえんです。

【薬のプロたんでのおすすめ・・・腎臓病の篇】

■錠剤の漢方薬では・・・・・一元製薬の「還精(かんせい)」の錠剤タイプ。小粒タイプだから飲みやすい。

【一元錠剤漢方】還精(かんせい:八味丸変方)腎臓の漢方のご紹介【第2類医薬品】
疲労倦怠感が著しく腰冷、腰痛があり、四肢は冷え易いが時にほてることもあり、口渇があり、排尿回数が多く、尿量減少して残尿感がある場合と、逆に尿量が増大する場合がある、特に夜間多尿のものに用いる。糖尿病、腎臓病、老人性腰痛、坐骨神経痛、高血圧症、湿疹、産後脚気

■漢方煎じ薬では・・・・・三和生薬の「腎臓仙(じんぞうせん)」というお茶タイプのお薬。

実際に腎臓仙を飲んでみる
実際に腎臓仙を飲んでみるあくまでも・・・・プロたんのプロたん的のみ方正式な用法は・・・・ 1袋を土瓶又は急須に入れ、適宜の熱湯を注ぎ服用する。これを繰り返し、色がうすくなったら火にかけて煎じて服用する。いずれも、食前又は食間に服用する。・・

※これら二つの併用療法は当店で長年実績を作って参りました。なお、「還精(かんせい)」の製剤の容量グレードと価格の件です。

1回に10~15粒と、びっくりする方もいらっしゃいますが、米粒のように小さな粒ですのでご安心を。

服用増減、加減できるように、わざと細かく小粒にしてある配慮の製剤ですね。

900錠(約20日分)、2500錠(約55日分)、5000錠(約111日分)と、
なっております。

価格は、それぞれ特売を実施しており、私でしたら迷わず5000錠タイプでじっくり3ヶ月投薬をおすすめします。こちらに腎臓仙と一緒にまとめています。

腎臓仙と還精、【プロたん漢方2】ショッピングカートPC・スマホ版
クレアチニンが気になる方に腎臓仙と還精

 

クレアチニンの数値が気になる方の漢方

プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。

腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。

 
 
特集記事第2類医薬品
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
プロたん漢方2・漢方総合公式サイト