W機能性表示(記憶力を維持する・中性脂肪を下げる)の『サトウDHA&EPA』(2018/06/16)

尿酸が高い人の対策は?(痛風対策)

スポンサーリンク

尿酸が高い人の対策は?(痛風対策)

【尿酸、痛風について】

尿酸についてはくどくどと今さら論じません。詳細を知りたい場合には「尿酸」でぐぅ~ぐるを調べてみてくださいね。
偉い先生方が詳しく述べられてます。。

ごく簡単に述べると
要するに人間が生きている限り、代謝の結果としてできる燃えかすの一つが尿酸と呼ばれる物質でり、その約70%は尿の一部となって排泄される。
腎臓機能が衰えて尿酸が思うように排泄できなくなったり、又は尿酸そのものが過剰に生成された場合に起こるのが、あの痛くて恐ろしい痛風だ。(高尿酸血症)

【食事対策】

食事療法としては、ぷろたんにおいて以下のことをアドバイスしております。

・特にビールの摂取量は少ないほうが好ましい。・・というよりも止めて頂いている。
ちょっと一杯ぐらい・・・が落とし穴だ。もちろん他のアルコールも制限する。
これができなければ、どんなに良い病院の薬や漢方薬でも一生治らないと断言できる。

これを前提として、以下食事療法だ。

・動物性食品に多いプリン体の摂取を控えめにする。
・十分な量の水分を摂取し、尿酸を尿として排出する。1日2リッターを目標。
・野菜類などを多く摂取し、尿をアルカリ性に保つ。
・散歩のように適度な運動。日々実施。

【病院の薬物療法】

無症状であっても血清尿酸値7.0mg/dL(従来は、9.0mg/dL)以上を薬物療法の適応としている。(米国は発作後に投薬ガイドラインを設定)

尿酸産生亢進型の患者には尿酸合成阻害薬(アロプリノールつまりユリノーム)、
尿酸排泄低下型の患者には尿酸排泄促進薬(ベンズブロマロン、プロベネシド)
尿中pHが5以下の患者では、尿をアルカリ化するためウラリットなどが投薬されている。

【漢方療法】

■大防風湯という処方が特効薬として人気あるものの、あくまでも「関節がはれて痛み、麻痺、強直して屈伸しがたいもの」への対応の漢方である。
→ https://www.pro-drug.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=200-3-36

■腎臓機能の改善及び広義の意味での腎虚改善の漢方処方を長期投薬を踏まえて強く推奨している。

腎臓仙と還精

★【多くの患者様から支持されているぷろたんの腎臓漢方】

★漢方の養生法として平素から腎をいたわる方法論です。

★いきなり悪くなり「泣き」を見ぬように、数値が好ましくない方は病院の治療と平行してご家庭でこつこつとできる漢方療法をおすすめしております。

漢方詳細についてはこちらの特集記事→ https://www.protan2.com/?p=6897
(腎不全は怖い、腎臓検査はクレアチニンと尿酸。漢方もある!)

クレアチニンの数値が気になる方の漢方

プロフィール
この記事を書いた人
protan

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/悪性胸膜中皮腫(アスベスト被曝)を患い闘病中/座右の銘:日1日が余生

protanをフォローする
腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。


 
 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。
未分類
スポンサーリンク
protanをフォローする

sajiclub2016


プロたん漢方2・通販公式サイト2018