緊急企画!生薬配合・滋養強壮ドリンクローヤルユニーキング50mL(超特価)で夏のバテバテを乗り切る!

荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)の用い方

スポンサーリンク

荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)の用い方

梅雨時の憂鬱真っ只中に、おできや
大きい吹き出物などでよけいにうつうつ
されているお客様へ。

平素、化膿性体質の改善で排膿散及湯EX散、
十味敗毒湯などで体質改善をされている方は
当店の顧客様でも相当数にのぼります。

しかし、バランスを崩されたり(かぜなど)、
時節的な変化や私的なストレス等で皮膚は
変化をいたします。
上記処方で今いち、切れ味がない時に
強い味方が荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)という方剤です。
荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)エキス細粒G(D084)「コタロー」
https://www.protan2.com/?p=6458

【荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)のとくちょう】

◎荊芥・防風を主薬として、一般的に「おでき」を治療する
代表的な処方といえる。
特にプロたんでは急性的な大きめ、赤いおできや吹き出物に
使用いたします。ようするに「がんこ」なおできに。

◎荊芥・防風、2つの辛温解表薬が主薬になっていることから、
病邪が表証に留まっている皮膚炎(主に化膿性疾患)に用います。

◎荊防敗毒散をもとに、華岡青洲が「十味敗毒湯」を創方したと
いわれております。

【病院での治療】

◎基本的には、テトラサイクリン(ミノマイシン50など)や
合成抗菌剤の塗り薬などが主体となります。
すぐに「症状が引っ込む」というとても素晴らしい薬剤ですが、
元は体質からきているため、再発を繰り返します。
ご経験のある方はいらっしゃると思いますが、繰り返すたびに
合成薬はききにくくなります。
このような場合、ぜひ漢方をお考えください。
漢方外来相談でお待ちしております。

——————————————————————
【荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)の製剤】

※以前は、当処方は煎じ薬しか存在しませんでした。
※最近は小太郎漢方から濃いエキス細粒剤が既に発売されており、とても人気です。

【効能・効果】
比較的体力があるものの次の諸症:急性化膿性皮膚疾患の初期,湿疹・皮膚炎

———————————————-
ここがこだわり
熱性の生姜を含まず、茯苓を加えているので、
おできのように化膿して、熱をもった皮膚炎にはよく奏功する。
また、エキス量も多い。
———————————————-
4987301084532
荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)エキス細粒G(D084)「コタロー」

荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)エキス細粒G(D084)「コタロー」90包
荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)エキス細粒Gのことならプロたん漢方2。

 

4987301084297
荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)エキス細粒G(D084)「コタロー」500g徳用(計量サジ付)

荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)エキス細粒G(D084)「コタロー」500g徳用(計量サジ付)
荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)エキス細粒Gのことならプロたん漢方2。
プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/悪性胸膜中皮腫(アスベスト被曝)を患い闘病中/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする

腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。

 
 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
スポンサーリンク
sajiclub2016


プロたん漢方2・通販公式サイト2018