【緊急!】北海道で発生した地震による影響と、お荷物の集荷・配達状況の件

葛根湯【三和生薬の漢方薬】かっこんとう 感冒の初期(汗をかいていないもの),鼻かぜ,鼻炎

体力中等度以上のものの次の諸症:感冒の初期(汗をかいていないもの),鼻かぜ,鼻炎,頭痛,肩こり,筋肉痛,手や肩の痛み

 

 

葛根湯Aエキス細粒「分包」三和生薬

 

項目
内容
医薬品区分
一般用医薬品
薬効分類
葛根湯
承認販売名

製品名
葛根湯Aエキス細粒「分包」三和生薬
製品名(読み)
カッコントウAエキスサイリュウブンポウサンワショウヤク
製品の特徴
葛根湯Aエキス細粒「分包」三和生薬は,漢方処方「葛根湯」の水製エキスを服用しやすい細粒の分包にしたものです。
使用上の注意
■相談すること

1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸の弱い人。
(5)発汗傾向の著しい人。
(6)高齢者。
(7)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(8)次の症状のある人。
むくみ,排尿困難
(9)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病,甲状腺機能障害
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気,食欲不振,胃部不快感

まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。

[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症,ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。

3.1ヵ月位(感冒の初期,鼻かぜ,頭痛に服用する場合には5~6回)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
効能・効果
体力中等度以上のものの次の諸症:感冒の初期(汗をかいていないもの),鼻かぜ,鼻炎,頭痛,肩こり,筋肉痛,手や肩の痛み
効能関連注意

用法・用量
次の1回量を1日3回食前又は食間に服用すること。

[年令:1回量]
大人(15才以上):1包
7才~14才:2/3包
4才~6才:1/2包
4才未満:服用しないこと

用法関連注意
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
成分分量
3包(6g)中
成分
分量
内訳
葛根湯エキス
4.1g
(カッコン4g,マオウ・タイソウ各3g,ケイヒ・カンゾウ・シャクヤク各2g,ショウキョウ1g)
添加物
乳糖,セルロース,部分アルファー化デンプン,ステアリン酸カルシウム,無水ケイ酸
保管及び取扱い上の注意
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
消費者相談窓口
三和生薬株式会社 消費者くすり相談室
東京都千代田区外神田6-6-1
TEL 03-3834-2171 (代)
(月~金曜日 10:00~17:00 但し祝日を除く)
製造販売会社
三和生薬(株) 添付文書情報
会社名:三和生薬株式会社
住所:栃木県宇都宮市平出工業団地6-1
販売会社
湧永製薬(株)
剤形
散剤
リスク区分等
第2類医薬品

 

その他の人気処方一覧





安中散茵ちん蒿湯温清飲黄耆建中湯
黄連解毒湯乙字湯葛根湯葛根湯加川きゅう辛夷
サンワロンC・葛根加朮附湯加味逍遙散甘草湯駆風解毒湯 NEW
荊芥連翹湯
サンワロンT・桂芍知母湯桂枝湯桂枝加葛根湯サンワロンK・桂枝加朮附湯
桂枝加芍薬湯桂枝加竜骨牡蛎湯桂枝茯苓丸五苓散
柴胡加竜骨牡蛎湯柴胡桂枝湯三黄瀉心湯酸棗仁湯
四物湯芍薬甘草湯サンワロンY・芍薬甘草附子湯十全大補湯
十味敗毒湯小柴胡湯小青龍湯小半夏加茯苓湯
サンワロンS・真武湯大黄甘草湯大柴胡湯サンワロンD・大防風湯
猪苓湯桃核承氣湯当帰芍薬散人參湯
排膿散麦門冬湯半夏厚朴湯サンワロン・八味地黄丸
半夏瀉心湯半夏白朮天麻湯白虎加人參湯茯苓沢瀉湯
サンワロンN・附子人参湯平胃散防已黄耆湯防風通聖散
補中益氣湯麻黄湯サンワロンM・麻黄附子細辛湯麻杏甘石湯
麻杏よく甘湯麻子仁丸よく苡仁湯竜胆瀉肝湯
苓姜朮甘湯苓桂朮甘湯六君子湯ロクジョン・鹿茸大補湯

この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。

腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。

 
 
未分類
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
プロたん漢方2・漢方総合公式サイト