7/18 このたびの「平成30年7月豪雨」で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

一元漢方錠剤 一覧表

スポンサーリンク

一元の漢方

薬剤師ぷろたん
【一元製薬の漢方製剤のご紹介】

一元製薬は昭和28年の創業で、東京都豊島区に本社を置きます。小規模ながらも歴史は古く、主に錠剤タイプの漢方を手がけます。
今日の漢方製剤の主流はエキス顆粒、エキス細粒剤がその多くを占めるが、かたくなに錠剤シリーズの販売を展開している珍しいメーカーですね。
ファンは関東一円から東北方面に至り、また大手ドラッグストアやチェーン店への直販や、地域卸しを通じての流通も確保しているため、関西方面での周知度も高いようです。
錠剤シリーズは350錠、1000錠、2000錠の各3アイテム。小粒錠剤も存在し、900錠、2500錠、5000錠の製剤もいくつかありまして、当店の売れ筋商品の一つ、還精は小粒タイプの錠剤です。
錠剤アイテムは、例えば三和生薬のAシリーズや他社の錠剤シリーズと競合こそするのですが、製剤の成分が「原末+エキス」という点での違いもあり、「一元の漢方」を支持しているユーザーは根強く固定化しているようです。。
価格面では漢方初心者も入りやすい設定となっており、特にお若い方々とか・・・又は年齢に関係なく粉や細粒が苦手なユーザーからは人気があると思います。。。最近では他社であまりやっていない「抑肝散」が人気を呼び、一時は欠品を生じたこともありました。
本年6月からは当店で本格的にネット販売を実施するため、350錠タイプの外箱包装がアイボリー基調の配色に変更となりました。
(当店では本年2017年で取り扱い歴27年目になります。)

2011年4月28日 初稿
2014年7月14日 更新
2017年5月31日 更新

【一元漢方錠剤 一覧表】

安中散茵ちん蒿湯温経湯温清飲
越婢加朮湯黄解A(黄連解毒湯)黄解B(加大黄)乙字湯
葛根湯加味逍遥散還精(八味丸)きゅう帰膠艾湯
桂枝茯苓丸桂枝加龍牡湯桂枝湯香蘇散
五積散牛車腎気丸五苓散柴胡桂枝湯
柴胡清肝散柴胡桂枝乾姜湯柴胡加龍牡湯小柴胡湯
小青竜湯芍薬甘草湯十味敗毒湯消風散
十全大補湯小建中湯四物湯清上防風湯
大柴胡湯大黄牡丹皮湯猪苓湯釣藤散
当芍散桃核承気湯当帰四逆加呉生姜湯人参湯
ノンパースAノンパースBノンパースDハトムギ錠
麦門冬湯半夏厚朴湯半夏瀉心湯茯苓飲
平胃散補中益気湯防己黄蓍湯防風通聖散
麻黄湯麻杏甘石湯抑肝散苓桂朮甘湯
苓姜朮甘湯六君子湯補益(三黄瀉心湯)追加アイテム

2000錠タイプでいこう!

徳用の大瓶タイプ2000錠タイプも人気あります。じっくり効かせ、体質改善・・・まさに漢方の醍醐味ですね。

漢方メーカー「一元製薬」は、原末入り錠剤タイプで名を馳せ、この不況下にあっても、ユーザー人気は一向に衰えません。
数ある漢方メーカーの中にあって、実に堅実かつ地味な販売路線を打ち出しております。

製剤の特徴としては、漢方初心者~漢方の鉄人に至るまでユーザー様からは「喜び」の声を聞いております。

 

 

一元漢方 2000錠の人気度ランキング

人気ランキング品名読みがな効能・効果
第1位還精かんせい疲労倦怠感が著しく腰冷、腰痛があり、四肢は冷え易いが時にほてることもあり、口渇があり、排尿回数が多く、尿量減少して残尿感がある場合と、逆に尿量が増大する場合がある、特に夜間多尿のものに用いる。
糖尿病、腎臓病、老人性腰痛、坐骨神経痛、高血圧症、湿疹、産後脚気
第2位抑肝散よくかんさん虚弱な体質で神経がたかぶるものの次の諸症:
神経症、不眠症、小児夜なき、小児疳症
第3位ノンパースBのんぱーすびー(荊芥連翹湯)一般に皮膚浅黒く、光沢を帯び手足の裏に油汗多い人の次の諸症に用いる。鼻炎、扁桃炎、蓄膿症
第4位六君子湯りっくんしとう胃腸虚弱、慢性胃腸カタル、病後または産後衰弱時の食欲不振、消化不良、胃酸過多症
第5位柴胡桂枝乾姜湯さいこけいしかんきょうとう衰弱して、血色悪く、微熱、盗汗、疲労倦怠感、食欲不振等あるものの次の諸症:
感冒、不眠症、更年期神経症
第5位温清飲うんせいいん患部が乾燥して赤味を帯び、熱感があり、そう痒がひどく、かくと粉がこぼれるような皮膚病、じんま疹、皮膚そう痒症
プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/悪性胸膜中皮腫(アスベスト被曝)を患い闘病中/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする
腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。


 
 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。
未分類
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
sajiclub2016


プロたん漢方2・通販公式サイト2018