プロたん全サイト直近で一番アクセスの多かった特集記事を、ランキング順に掲載しました。本年は花粉症の漢方へのお問い合わせが例年よりも倍増しており、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)、麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)、鼻優(びゆう)などが上位に入りました。

【一元錠剤漢方】苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)

ryoukyou

ryoukyou350

「一元 苓姜朮甘湯」は、腰がひどく冷え、身体倦重感のあるものに用いる漢方薬です

【応用】冷え,坐骨神経痛,腰痛

使用上の注意
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
(5)次の症状がある人。
むくみ
(6)次の診断を受けた人。
高血圧、心臓病、腎臓病

2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この文章を持って医師又は薬剤師に相談すること。
(1)服用後、次の症状があらわれた場合

関係部位 症状
皮ふ 発疹・発赤、かゆみ
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けること。症状の名称 症状
偽アルドステロン症 尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛などがあらわれる。
(2)1ヶ月位服用しても症状がよくならない場合

3.長期連用する場合には、医師又は薬剤師に相談すること”

ご注意
1.小児の手のとどかない所に保管してください。
2.直射日光をさけ、なるべく湿気の少ない、涼しい所に密栓して保管してください。
3.ご使用に際しては、添付文書をよくお読みください。また、必要なときに読めるよう、大切に保管してください。
4.容器中のビニールは輸送中の錠剤破損防止用ですので、開栓後は捨ててください。
5.ガラス容器のため、強い衝撃を与えると破損し危険ですので、取り扱いにご注意ください。

効能・効果
腰がひどく冷え、身体倦重感のあるもの:腰痛、腰冷、坐骨神経痛、夜尿症、帯下

用法・用量
大人:1回4-6錠
7-13成分及び分量又は本質(本品100錠中)才迄:1回2-3錠
1日3回、食前1時間又は空腹時、温湯で服用

成分及び分量又は本質(本品100錠中)
日局 ブクリョウ末:9.6g
日局 ショウキョウ末:4.8g
日局 ビャクジュツ末:4.8g
日局 カンゾウ末:3.3g
自社製別紙規格水性エキス:2.5g

お問い合わせ先
一元製薬株式会社「お客様相談室」
03-3973-2917
〒171-0043
東京都豊島区要町3-4-10
受付時間:9:00-17:00(土、日、祝祭日を除く)

苓姜朮甘湯(リョウキョウジュツカントウ)とは
体力のあまりない人の腰から下が冷えて痛み、腰が重く感じたり、尿の量や回数が多くなり、また冷えからくる夜尿症などに利用されます。体をあたため、足腰の痛みをやわらげます。 漢時代の金匱要略という古典書で紹介されている処方です。


【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)


sajiclub2016

スポンサーリンク

栃本の3つの丸剤

スポンサーリンク