7/11 先般の各地における水害の影響により、配達不能地域及び配達遅延が発生しています。

【一元錠剤漢方】茯苓飲(ぶくりょういん)激安特価

スポンサーリンク

buku

「一元 茯苓飲」は、胃部がつかえて張り食欲がなく、吐気あるものの症状の胃腸薬です。

【応用】吐き気,胃下垂,消化不良,胃腸炎

 

buku250

一元の漢方錠剤シリーズは、人気一番!効きます。
好評の一元漢方薬は、原末使用の錠剤だから効き目が違う。

使用上の注意
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。

2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この文章を持って医師又は薬剤師に相談すること。
(1)服用後、次の症状があらわれた場合

関係部位 症状
皮ふ 発疹・発赤、かゆみ
(2)1ヶ月位(胃炎、溜飲に服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合”

効能・効果
胃部がつかえて張り食欲なく吐き気あるものの次の諸症:胃下垂、消化不良、胃腸カタル、胸やけ、過飲過食

用法・用量
食前1時間、又は空腹時服用する。

年齢 1回量 1日服用回数
大人 4-6錠 3回
7-13歳迄 2-3錠
「用法・用量に関する注意」
小児に服用させる場合は保護者の指導監督のもとに服用させること。

成分・分量
(本品100錠中)
日局ブクリョウ末:5.5g
日局ソウジュツ末:4.5g
日局ショウキョウ末:3.5g
日局ニンジン末:3.5g
別紙規格(2)キジツ末:2.0g
別紙規格(3)チンピ末:4.0g
自社製別紙規格水性エキス:2.5g
日局ブクリョウ:6.0g
日局ソウジュツ:5.0g
日局ニンジン:4.0g
日局ショウキョウ:4.0g
日局キジツ:2.5g
日局チンピ:4.0g

保管および取扱い上の注意
1.小児の手のとどかない所に保管すること。
2.直射日光をさけ、なるべく湿気の少ない、涼しい所に密栓して保管すること。
3.誤用をさけ、品質を保持するために、他の容器に入れないこと。
4.保存の状態が悪いと、場合によっては虫、カビ等がつくことが考えられますので、上記の注意を必ず守って下さい。

本剤は原料として天然の生薬を用いていますので、製品により多少色が異なったり、開栓後、吸湿により錠剤の色が濃くなる場合がありますが、効果には変わりありません。

 

製造販売元
一元製薬株式会社
東京都豊島区要町3-4-10

2ruimini

 

文責:薬のプロたん
住所:東京都青梅市長淵5-543
有限会社プロドラッグ
お客様漢方相談室
受付時間:月~金曜日 10:00~17:00(祝日を除く)
電話:0428-25-8682

 

 

茯苓飲(ブクリョクイン)/漢方薬とは
体力が中くらいかやや虚弱な人で胃のチャポチャポ、胃もたれ、胸やけ、吐き気、げっぷの強い胃腸疾患などに用います。胃の働きをよくして、水分の停滞を改善します。、尿量減少や動悸も使用目安です。 漢時代の金匱要略という古典書で紹介されている処方です。

安中散茵ちん蒿湯温経湯温清飲
越婢加朮湯黄解A(黄連解毒湯)黄解B(加大黄)乙字湯
葛根湯加味逍遥散還精(八味丸)きゅう帰膠艾湯
桂枝茯苓丸桂枝加龍牡湯桂枝湯香蘇散
五積散牛車腎気丸五苓散柴胡桂枝湯
柴胡清肝散柴胡桂枝乾姜湯柴胡加龍牡湯小柴胡湯
小青竜湯芍薬甘草湯十味敗毒湯消風散
十全大補湯小建中湯四物湯清上防風湯
大柴胡湯大黄牡丹皮湯猪苓湯釣藤散
当芍散桃核承気湯当帰四逆加呉生姜湯人参湯
ノンパースAノンパースBノンパースDハトムギ錠
麦門冬湯半夏厚朴湯半夏瀉心湯茯苓飲
平胃散補中益気湯防己黄蓍湯防風通聖散
麻黄湯麻杏甘石湯抑肝散苓桂朮甘湯
苓姜朮甘湯六君子湯
プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/悪性胸膜中皮腫(アスベスト被曝)を患い闘病中/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする
腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。


 
 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。
未分類
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
sajiclub2016


プロたん漢方2・通販公式サイト2018