【緊急!】台風24号・25号の通過影響による九州方面への発送・配達について

【一元錠剤漢方】麦門冬湯(ばくもんどうとう)

   

baku

baku

「一元 麦門冬湯」は、のぼせ、咽喉の乾燥感、刺激感、異物感、激しい咳嗽や、少なくて切れにくいたんを伴う症状の風邪薬です。

【応用】慢性気管支炎,せき,たん,ドライアイ

 

使用上の注意
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)水様性の痰の多い人。

2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この文章を持って医師又は薬剤師に相談すること。
(1)服用後、次の症状があらわれた場合

関係部位 症状
消化器 食欲不振、胃部不快感
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けること。症状の名称 症状
間質性肺炎 咳を伴い、息切れ、呼吸困難、発熱などがあらわれる
肝機能障害 全身のだるさ、黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)等があらわれる
(2)1ヶ月位(痰のきれにくい咳に服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合”

効能・効果
のぼせ、咽喉の乾燥感、刺激感、異物感、激しい咳嗽や少なくて切れにくいたんを伴う次の諸症:
慢性気管支炎、喘息、急慢性咽喉炎、声がれ

用法・用量
食前1時間、又は食間に、温湯で服用する。

年齢 1回量 1日服用回数
大人 5-6錠 3回
7-13歳まで 2-3錠 3回
「用法・用量に関する注意」
小児に服用させる場合は保護者の指導監督のもとに服用させること。

成分・分量(本品100錠中)
日局 カンゾウ末:1.88g
別紙規格(1)バクモンドウ末:9.08g
別紙規格(2)ハンゲ末:4.58g
日局 ニンジン末:1.88g
別紙規格(4)粳米末:4.58g
自社製別紙規格水製エキス(麦門冬湯エキス):3.00g
日局 バクモンドウ:10.0g
日局 ハンゲ:5.0g
日局 タイソウ:3.0g
日局 ニンジン:3.0g
日局 カンゾウ:3.0g
別紙規格 粳米:5.0g

保管および取扱い上の注意
1.小児の手のとどかない所に保管すること。
2.直射日光をさけ、なるべく湿気の少ない、涼しい所に密栓して保管すること。
3.誤用をさけ、品質を保持するために、他の容器に入れないこと。
4.保存の状態が悪いと、場合によっては虫、カビ等がつくことが考えられますので、上記の注意を必ず守って下さい。

本剤は原料として天然の生薬を用いていますので、製品により多少色が異なったり、開栓後、吸湿により錠剤の色が濃くなる場合がありますが、効果には変わりありません。

お問い合わせ先
03-3973-2917
〒171-0043
東京都豊島区要町3-4-10
受付時間:9:00-17:00(土、日、祝祭日を除く)

製造販売元
一元製薬株式会社
東京都豊島区要町3-4-10

麦門冬湯(バクモンドウトウ)とは
体力中等度以下の人で、咳き込んで顔が赤くなるなどの、切れにくいたん、喉のつまりなどの症状がみられる場合のせき、気管支炎、気管支喘息などに用いられます。のどを潤し、咳をしずめる作用があります。高齢者に多い痰の少ない乾咳、もしくは切れにくい粘稠な痰をともなう咳に用います。漢時代の金匱要略という古典書で紹介されている処方です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。

腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。

 
 
未分類
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
腰痛・肩こり・背痛・睡眠負債に特許申請の次世代マットレス【ビブラート1】Vibrato1

日本人好み・日本人の体型に合った、やや硬めの高反発マットレス1層目【特許出願中】
直に体と接する面を波状にすることで、体圧をマットレス全体に分散。体型に合わせた変形で体への負担を軽減します。
2層目・3層目 快適な睡眠環境を重視し、しっかりと体の重さを支える150N・200N。(N[ニュートン]/硬さの単位)
老若男女、全ての人にフィット体重が軽い方から100kg超えの方まで柔軟に変化し、質の高い快適な睡眠が続きます。

プロたん漢方2・漢方総合公式サイト

本気の臭い対策特集

汗をあまりかかない季節になったとしても、自ら発する体臭や臭いはとても気になるものです。俗に加齢臭、わきが臭、ムレ臭、ニキビ臭とか言われているようですね。汗はアポクリン腺とエクリン腺の2種類の汗腺から分泌されます。特にアポクリン腺が出す分泌液と、皮脂腺から分泌される成分が混ざりあうと、菌が発酵・繁殖しニオイが発生します。日常のケアの一環として以下会社の製品をご紹介いたします。