毎年この時期、つまり花粉症もピークを越えて、終息へ向かう頃、気温の上昇のため皆さん薄着になります。下半身を冷やし、GW行楽疲れも重なって泌尿器トラブルが続発。外出時におトイレの我慢から「膀胱炎」が非常に多いです。

腎臓仙(じんぞうせん)とは?なぜ売れるのか?

泌尿器系疾患と見直される伝承の民間療法薬
大人気の!

腎臓仙(じんぞうせん)とは?なぜ売れるのか?

当店、漢方相談での「引き合い頻度」、「お買い物点数」等、記録更新中!

急性・慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、
感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、
動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれ

以上の効能を取得している煎じ薬(ワンパックタイプ)

代々伝承される、先人達の膨大な治験例、

その努力の結晶が近年になり製薬メーカーの再編成、

世代交代などによりこの世から姿を消すことがあまりにも多すぎる昨今。

少し寂しい。

そのような業界事情の中でのこの『腎臓仙』の存続継承の意義は極めて大きいと思います。

三和生薬の「腎臓仙」(じんぞうせん)。。

とにかく、ここ数年間、「元気あるアイテム」として注目製品です。
【人気の理由をプロたんでは以下のように分析します。】

◎煎じ薬のため効き目がよい。即効と言ってもよいでしょう。

◎煎じ薬としては簡単便利な取り扱い。急須に熱湯をさすだけ。

◎味は生薬きささげの味がします。

◎初めての方でも飲めない味ではありません。

◎お値段がお手ごろ。

使用生薬がこれまた素晴らし~い!!さすがに三和生薬。感服!!

【成分1袋量(10g中)】
日局 ウワウルシ 2.00g
日局 キササゲ 2.00g
日局 カゴソウ(夏枯草) 1.75g
日局 ケツメイシ(決明子) 1.75g
日局 カンゾウ(甘草) 0.50g
日局 センキュウ(川弓) 0.25g
接骨木 1.75g

【店長の相談ケースから】
※ウチダ和漢薬も真っ青な、この三和「腎臓仙」は三和の独占販売です。

店長のみたてとして、「水毒傾向」が強く、「水はけ」悪く、

※平素のエキス剤などではなかなか改善できない腎が虚弱な患者さまにおすすめしております


【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)


sajiclub2016

スポンサーリンク

栃本の3つの丸剤

スポンサーリンク