玉屏風散(ぎょくへいふうさん)今の時期、最も必要とする処方。

肌美潤(はだびじゅん)・透明馬油 精製馬油の特価販売!アトピーのケアに

   
スポンサーリンク

 

精製馬油の特価販売!アトピーのケアに

高級志向の馬油

皇漢薬品研究所さんが販売する「高級志向」の馬油(ま~ゆ)。
ちょっと高いかも知れませんが、純度のよろしい本物ですね・・・。おすすめします。

なお、これは医薬品ではありません。従って特別の効能は付記できません。

どんなものか、試してみたいとお思いの方には、1本売りも下記しておりますので、ご用命ください。但し、こちらは今話題の肌美潤・透明馬油ではありません。

肌美潤・透明馬油は、このページのすぐ下段にあります。

image1

 

※お取り寄せ品につき、発送までに5~7日間を要します。予めご了承ください。

ハイ馬油リキッドタイプ

ハイ馬油シリーズは、馬の油の特性を損なわず精製し、無着色・無香料の多目的に、どなたにもお使いいただける化粧用油です。

●技術の粋を結集して完成した無色透明・無臭の馬油オイル。馬油のほか、ビタミンE以外は一切使用しておりません。

●成  分/高精製馬油100%

【会社】 株式会社 皇漢薬品研究所
所在地 〒101ー0031 東京都千代田区東神田2-1-3 みづほビル2F

 

 

 

スポンサーリンク

肌美潤・透明馬油(旧名:ハイ馬油クリアライト)こちらです!

 

最近は無臭化に成功し、クリアタイプも発売されていますよ。

さらなる高級志向。

お知らせ

2015年10月に旧名:ハイ馬油クリアライトはモデルチェンジをして、肌美潤・透明馬油となりました。価格は変更ありませんが、容量が32ml→ 20mlに変更され。実質上の値上げです。 なお、その上の容量として徳用50mlも発売されております。

無臭化・クリアタイプ

高級品 高精製馬油100%

奥様へのプレゼントにいかがですか?

下の見苦しい写真は70近い小生の手の写真です。さすがに30年前のハリのある手とは雲泥の差で、皴しわの手なもので・・スタッフらからは載せるなと警告されました。しかし、肌美潤を塗ってよくマッサージすると肌がいつまでも艶々しているのですね・・。それを見て頂きたかったのです。

「肌美潤」は、厳選した馬油を独自の高精製技術で「透明化」「無臭化」。お顔には勿論、爪のトリートメントにもお使いいただける、高品質タイプの馬油です。

 

肌美潤・透明馬油(旧名:ハイ馬油クリアライト)

高すぎて売れないだろう商品が・・・・必ず売れる商品へ・・・

弊社商品部が、まず売れないでしょう・・・・高すぎて・・・ところがこの予想を大きく覆す商品が、年に2、3個あります。
その一つが、この皇漢薬品研究所さんが開発されました、無臭化・クリアタイプ。
その名も『肌美潤・透明馬油(旧名:ハイ馬油クリアライト)』。。。。。いいですねぇ・・・・名前がお洒落ですよ。
うちのスタッフらは「高い、高い・・・」とやたら申しておりましたが・・・・。

つまり、値上がりする一方で・・・信じられない。

takatt

でも、この透明タイプは凄く人気があるんですね。

小生はいつか発売されると思いました。いつかね。
そして、出ましたよ。発売されました。価格も超高額!でも売れます。
馬鹿売れということはありませんが、そこそこですね。

つまり、必ず目的があるから、より精度の高いモノをユーザーがお求めになる。
何を目的に。。。ですって?
そ、それは言えませんよ。言ったら最後ですよ。・・・・。これ薬ではないんですわ。

ま、いずれにしても・・・
皇漢薬品研究所さんが販売する「高級志向」の馬油(ま~ゆ)。
かなり高いかも知れませんが、かなり純度のよろしい本物ですね・・・。小生もおすすめします。
くどいようですが、これは医薬品ではありません。従って特別の効能は付記できません。
どんなものか、試してみたいとお思いの方には、以下1本売りしております。よろしくどうぞ。

 

 

 

 

●皇漢薬品研究所が日本で最初に無臭化・クリアタイプを開発しました!
ハイ馬油シリーズは、馬の油の特性を損なわず精製し、無着色・無香料の化粧用油です。

■皇漢薬品研究所の技術の粋を結集して完成した無色透明・無臭の馬油オイル。
馬油のほか、ビタミンE以外は一切使用しておりません。

■お肌に見えないベールをつくり、水分が蒸発するのをガードして皮ふの乾燥を防ぎ、
うるおいをあたえます。
お肌のお手入れから水仕事後など、幅広くお使いいただけます。
●ご使用法/適量を顔や手、首すじ、また乾燥が気になる部分によくのばしてください。
●おやすみ前のマッサージや化粧下地にもお使いいただけます。

■成分表示 ●成分/馬油、天然ビタミンE

【会社】 株式会社 皇漢薬品研究所
所在地 〒101ー0031 東京都千代田区東神田2-1-3 みづほビル2F

プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。

腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。

 
 
特集記事
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
プロたん漢方2・漢方総合公式サイト