●特価!!ウチダの桂枝茯苓丸・30丸×168包が丸剤の部、もっかトップ驀進中!

片頭痛に清上けん痛湯 はどのような証に?

   

片頭痛に清上けん痛湯 はどのような証に?


いつも有難うございます。

さて、本日のテーマは「頭痛」。頭痛にもいろいろありますが・・・・

学術的に、頭痛の原因は一つとされ、血液中のある物質による炎症反応ともいわれます。

●緊張型頭痛

※当店の漢方薬では葛根湯(三和)が相変わらず支持されています。

7.葛根湯、【プロたん漢方2】ショッピングカートPC・スマホ版
漢方通販のことならプロたん。漢方のデパート「プロたん」は東京都青梅市にある漢方・薬草の激安販売専門店です。

身体的ストレス
肩こり、疲労、パソコンなど。

精神的ストレス
心配事や不安・悩みを抱えることなど。

※体質的な面から由来する頭痛は主に「水毒体質」として、五苓散(五味利水)が良く出ています。

ウチダNO.30五味利水エキス細粒(五苓散)300包
ウチダNO.30五味利水エキス細粒(五苓散)300包

※吐き気が伴う場合には呉茱萸湯が処方されます。

NO.19 呉茱萸湯、【プロたん漢方2】ショッピングカートPC・スマホ版
漢方通販のことならプロたん。漢方のデパート「プロたん」は東京都青梅市にある漢方・薬草の激安販売専門店です。

●片頭痛(偏頭痛)

さて、片頭痛の発生メカニズムについてはまだ解明されていない部分もあるが以下の2説が有力です。

前兆(視覚障害、目のチカチカ、閃輝性暗点など)を伴わない片頭痛と、前兆を伴う偏頭痛に分けられます。

・セロトニン説

・三叉神経血管説

※重篤な片頭痛の場合には、病院ではトリプタン系薬剤(ミグシス、ゾーミッグ等)が処方されます。

※漢方薬の場合には「清上けん痛湯」で当店の場合は対応しています。
当方剤で、重症な片頭痛から解放された患者様が多いのです。
日々お悩みの方でなかなか病院の薬も合わなかったお客様に推奨しております。

清上けん痛湯(せいじょうけんつうとう)は、慢性的な頭痛、顔面痛に。
最近多くなっているのが顔面痛です。 原因不明の三叉神経痛が多いのですが、 虫歯や副鼻腔炎から誘発される顔面の痛み、 帯状疱疹後神経痛のように三叉神経に沿って痛みが出るもの、 外傷後の顔面痛などがありますが、 特に突発的に起こる顔面痛はQOL(生活の質)を著しく低下させます。

●群発頭痛

群発地震のようにある時期に固まって起きることから、群発頭痛と言われている。
メカニズムについてはほとんど解明されていないのが現状です。

※現在の対応は、西洋薬、漢方薬とともに、上記の片頭痛対応に準じます。

なお、重症の場合には医療機関(ペイン)にて神経ブロックも実施しています。

 

【特に片頭痛の要因と推定されている食品】

ご注意)あくまでも目安です。

以下の食品成分からなんらかの影響を受けやすいとする意見が多いが、ただし医学的に証明されていない部分もあります。

●グルテン
●アスパルテーム(人工甘味料)
●グルタミン酸ナトリウム(化学調味料)
●チラミン(赤ワイン、熟成チーズ、チョコレート、漬け物類)

※喫煙、アルコール多飲も特に指摘されてはいませんが、片頭痛への影響は少なからずも有ると言われています。

【清上けん痛湯 (せいじょうけんつうとう)とは?】

上部(頭部)の鬱熱を清して、痛みをとり去る方剤です。

頭痛なら、かぜをひいた時に起きるものから、原因のわからない片頭痛、群発頭痛などの機能性頭痛にいたるまで、幅広く用いることができます。

また、三叉神経痛などの顔面痛にも奏効する。

※当方剤は「証」は特に選びません。
ただ、選ばないと申してもやはり漢方薬とお客様との相性というものも存在するようです。(本音を言わしてもらえば・・)

敢えて言うならば小生の経験論から「このような方に劇的に効果があった・・」とだけ書きましょう。

小生が私見の患者の証

●神経質、神経過敏の傾向ある方
●顔色不良
●冷え体質
●咳・たんの慢性的疾患を有する(慢性的な気管支炎など)
●鼻腔内の慢性的疾患を有する(蓄膿症とか花粉症など)
●下肢の慢性的浮腫(むくみ)
●水毒腹の傾向、下肢肥満
●ストレス多きアラフォー(女性)

上記の方々で3つ以上適合する男女に試したところ、8割以上の方々に何らかの改善を見ました。

それと気になる副作用ですが、小太郎漢方匙倶楽部シリーズの清上けん痛湯エキス細粒G「コタロー」を当製剤を発売以来、当店実店舗では用いていますが、副作用発現は現状皆無です。

発売以来多くの患者さんが試され、今もなお愛用されています。

【清上けん痛湯 (せいじょうけんつうとう)の特徴】

【処方構成】14味

気滞、お血、水毒、寒証による頭痛(疼痛)に適します。
14味ある薬味のうち、なんと半分の7味が解表薬なんですね。まさに鎮痛生薬の集合体。これは効きますね!

片頭痛の独特の前兆である目のチカチカなど起きたらすぐに対応して頂くと、効果的なケースが多いと思いました。

また、頭痛のほか、首から上の種々の痛み(三叉神経痛、眼痛など)によい。

※三叉神経痛と歯痛は、小生が自身で実際試しております。
神経痛は非常によく効いていると感じましたが、さすがに歯科での抜歯後の激痛にはロキソニンが必要と感じました。苦笑

5年前に左耳損傷、左頬骨の骨折が由来で、三叉神経痛を患っています。毎年の梅雨時期と11月寒冷期には
必ずと言って痛みが再発(激痛)していましたが、清上けん痛湯で対応し、現在では全く苦しい思いはしていません。

【清上けん痛湯(せいじょうけんつうとう)のご購入】

価格は必ず会員IDとパスワードを入力されてご確認ください。

●清上けん痛湯(せいじょうけんつうとう)エキス細粒G「コタロー」2.2g×90包

●清上けん痛湯(せいじょうけんつうとう)エキス細粒G「コタロー」500gボトル(計量サジ付き)

●PCカート【パソコン・スマホ】

●SPカート【ガラ携・スマホ】

 

【清上けん痛湯(せいじょうけんつうとう)の説明サイトのご紹介】

■清上けん痛湯(せいじょうけんつうとう)は、慢性的な頭痛、顔面痛に。

清上けん痛湯(せいじょうけんつうとう)は、慢性的な頭痛、顔面痛に。
最近多くなっているのが顔面痛です。 原因不明の三叉神経痛が多いのですが、 虫歯や副鼻腔炎から誘発される顔面の痛み、 帯状疱疹後神経痛のように三叉神経に沿って痛みが出るもの、 外傷後の顔面痛などがありますが、 特に突発的に起こる顔面痛はQOL(生活の質)を著しく低下させます。

 

■帯状疱疹後神経痛に清上けん痛湯 (せいじょうけんつうとう)を推奨

帯状疱疹後神経痛に清上けん痛湯 (せいじょうけんつうとう)を推奨
通常、帯状疱疹において、皮膚症状が治ると痛みも消えるが、その後もピリピリするような痛みが持続することがある。これを帯状疱疹後神経痛(PHN)という。概ね、皮疹治癒後3か月以上痛みが残存するものをPHNとします。

 

■清上けん痛湯(せいじょうけんつうとう)エキス細粒G「コタロー」

清上けん痛湯(せいじょうけんつうとう)エキス細粒G「コタロー」
【清上けん痛湯(せいじょうけんつうとう)について】いつも当サイトへのご来訪ありがとうございます。【頭痛・顔面痛に清上けん痛湯(せいじょうけんつうとう)】さて、本日のトピックス。 頭痛(偏頭痛)や顔面痛の特効漢方。 麻痺ではなく「痛み」によく