●特価!!ウチダの桂枝茯苓丸・30丸×168包が丸剤の部、もっかトップ驀進中!

その後の・・ウチダの原末 八味地黄丸(はちみじおうがん)。

   
スポンサーリンク

いつもご利用を賜り感謝申し上げます。

昨年の2018年9月3日に旧製品『ウチダの八味丸(はちみがん)』から品名、内容、価格とほぼ全面的にリニューアルをいたしました『ウチダの原末 八味地黄丸』は、既に半年を過ぎて、

●500gボトル(約 5000 丸・約83日分)、500gボトル2個セット、
●小包装タイプ180g(約 1800 丸・約30日分)、
●分包タイプの20丸×252包 (約84日分)

・・・などそれぞれが好評でして以前の旧バージョンと比較するまでも無く、概ね2倍の量のご注文をお受けしております。
すっかりと定番になっている500gボトル(約 5000 丸・約83日分)、500gボトル2個セットとは別に・・特筆されるのは分包タイプの20丸×252包 (約84日分)も需要が増大しています。

小粒丸剤のシリーズ全般に言えることですが、びっしり詰まった丸剤ボトルのフタを開けて、添付の丸剤匙(10丸用のさじ)をざくっと「スコップ」の様に差し込み、おもむろに口に服用する方法が、他の製剤にはないダイナミックさがありました。
しかし、外出中や旅行中など、当初から簡便に常用量を分包タイプの方が簡便である。・・とのユーザー評も近年では多くなり、丸剤のバラタイプより、丸剤の分包タイプをお求めになられるお客様も増加しています。
分包の方が世話無しで、飲み忘れも少なく、管理も楽・・・というご意見も耳にしております。

なお、全面的なリニューアルにて構成生薬のうち附子2を用いたとのことで話題となっております。
また、地黄の素材は熟地黄を引き続き用いており、既出の「ウチダの原末 牛車腎気丸」に並ぶ優良な製品としてラインアップいたしました。

なお、「原末・・・」という商品名・命名は製造工程における素材が「原末」であり、巷における「エキス丸剤」と一線を画した製剤であるとの意味合いです。

高齢化社会の現代、漢方相談の中においても患者様の高齢化に伴って、特に下肢痛、腰痛、しびれ等、難治な事例のご相談も増加しており、ぜひ当製剤の発売を機会にお試し頂きたいと存じます。

●PCカート【パソコン・スマホ】

●SPカート【ガラ携・スマホ】

原末 八味地黄丸【第二類医薬品】500gが日々入荷中。(げんまつ・はちみじおうがん)
原末・八味地黄丸【第二類医薬品】500gが日々入荷中。(げんまつ・はちみじおうがん) いつも当店をご利用を賜り感謝申し上げます。 ウチダ和漢薬の『原末・八味地黄丸』の500gが2018年9月3日(当店では4日から販売)に...

 

【効能・効果】

体力中等度以下で、疲れやすくて、四肢が冷えやすく、尿量減少又は多尿で、ときに口渇があるものの次の諸症:
下肢痛、腰痛、しびれ、高齢者のかすみ目、かゆみ、排尿困難、残尿感、夜間尿、頻尿、むくみ、高血圧に伴う随伴症状の改善(肩こり、頭重、耳鳴り)、軽い尿漏れ

【用法・用量】

次の1回量を1日3回、食前または食間に服用する。
年齢 1回量
成人(15 歳以上) 20 丸
15 歳未満 7 歳以上 13 丸
7 歳未満 4 歳以上 10 丸
4 歳未満 3 歳以上 6 丸
3歳未満 服用しないこと

〈用法・用量に関連する注意〉
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること.
(2)3歳以上の幼児に服用させる場合には,薬剤がのどにつかえることのないよう,よく注意すること.

【成分・分量】

本品60 丸(1日分)中
ジオウ1.5480g
サンシュユ0.7740g
サンヤク0.7740g
タクシャ0.5805g
ブクリョウ0.5805g
ボタンピ0.5805g
ケイヒ 0.1935g
ブシ2 0.097g
添加物として,ハチミツを含有する.

【保管及び取扱上の注意】

(1) 直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること.
(2) 小児の手の届かない所に保管すること.
(3) 他の容器に入れ替えないこと.(誤用の原因になったり品質が変わる.)
(4) 小児で1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り曲げて保管し,2日以内に服用すること(分包剤のみ).

【リスク分類】

【第二類医薬品】

【原末・八味地黄丸のお求めはこちら】