プロたん会員になると、会員価格でお買い物。会員特割特典!会員登録はこちらから・・・。
年末年始休暇に伴う発送停止のお知らせ
実店舗『薬のプロたん』は29日(土)~新年6日(日)まで年末年始休暇といたします。
年内配送のご注文は、メーカーセンターの都合により25日(火)に締め切らせて頂きます。それ以降のご注文は新年7日(月)以降の発送となりますのでご了承ください。

高血圧の漢方療法

   
スポンサーリンク

高血圧と漢方療法

いつもアクセスを有難うございます。

来春変更される高血圧の治療ガイドライン(改訂)はどうなるか?

高血圧の治療ガイドライン(改訂)がいよいよ来年2019年春にに発表される予定のようです。どのように改訂されるのか、とても気になりますね。極端な変更は無いと思いますが、どうでしょうか?事前公開は無しということで極めて慎重です。医療の混乱は起きないと思いますが、それとも・・いや、よしましょう。『また、青梅の爺さん変なこと言って・・。』とも言われかねない。

このガイドラインについては、今までも某学会の発表や、メディア(テレビ放映)でも説明されていました。いろいろなご意見があるようですね。ガイドラインは時代とともに改訂されることに意義あるわけで、医療の発展にも連携する極めて大切な事項です。

現状では、

①高血圧の基準値は140/90mmHg以上で
②この値を超えた血圧値であれば医療機関の受診が勧められること。

・・・という形で固定化しているようです。

なお、この件については、「特定非営利活動法人 日本高血圧学会 2019年発表予定の高血圧治療ガイドライン作成状況と高血圧治療の考え方についてのお知らせ」に記載されています。

Topics & 新着情報|日本高血圧学会
日本高血圧学会公式ホームページ:「Topics&新着情報」ページです。

 

極めて難しい問題かも知れませんが、むしろガイドラインの発表後に臨床における医療現場のご意見など、小生も定期的に最低でも1ヶ月2回通院している患者であり、生(なま)の声を実際に聞いてみたいと思っています。

スポンサーリンク

現在の日本の高血圧症患者数の動向

現在、我が国の高血圧患者さんはとうに4000万人をクリアし、4300万人。まさに驚異的な数値であることは言うまでもありません。海外におけるガイドラインも2017年アメリカ、2018年は欧州とそれぞれ改訂されました。

日本における高血圧症の方の治療率や血圧コントロール率は、いずれも5割程度と低いと言われているのが現状です。年々高血圧は増加の傾向にあり、遺伝的な由来(本態性高血圧症)も実際に多いです。しかし、戦後の食生活の飛躍的な変革により、食品の欧米化も加速して、動脈硬化症の増加。この影響による高血圧症が極めて大であると私は考えます。高血圧治療の基本は平素の食事と運動、肥満防止と適度な睡眠がいかに重要か申すまでもないでしょう。

ご家庭における血圧測定について

※家庭血圧測定条件設定の指針より(日本高血圧学会)

【重要】血圧の測定方法 抜粋

●測定部位:上腕が推奨。手首、指血圧計の使用は避ける。

●朝の場合は、起床後1時間以内、排尿後、服薬前、朝食前の安静時、座位1~2分後に測定。

●夜の場合は就床前の安静時、座位1~2分後に測定。

●朝夜の、任意の期間の平均値と標準偏差によって評価。

ご家庭における血圧の測定について

申し訳ない言い方ですが、人によっては結構適当に測定されている方が多く、店頭でお話申し上げることが多いです。

1日2回、起床後と就寝前(あらかじめ寝室に置いておきましょう)自身の血圧管理はノートに記録することから始まります。できれば1日の習慣としましょう。

測定機器については、当店では一番ノーマルな腕帯式を推奨しています。最近は需要が増したとは言え、手首式やカフとの一体型とか便利のようですが、いかがでしょうか?私個人の意見としては、仕事の関係でほとんど全ては実際に経験して試してきましたが、やはり従来からの腕帯式で落ち着いています。

 

メーカーや機種は問いません、型番も問いません。敢て言うならば、電池式オンリーではなく、交流電源のアダプター接続も可能なタイプがランニングコスト的に有利であると思いました。くどいようですが、やはり旧来から使用されてきた腕帯式が測定時に多少面倒かも知れませんが、私はこれを強く推奨しております。

 

直近の拙いエピソード

ちなみに、私は69歳、平素の血圧は120/72と安定しています。それが今年の8月~9月で165/100を突破し、高い時には200台。担当医を驚かせました。この時にはさすがにまともに歩行できませんでした。とりあえず短期入院。その後はなんとか仕事場に出勤しております。現在ももちろんストレスと疲労は日々ありますが、当月になり平均135/79に下がりました。もちろん病院の降圧剤は服用せず、漢方薬のみで凌いでます。精神的な疲労と、肉体的な疲労が一気に負荷がかかりますと、やはり危険ですね。現在では出張は自粛しています。とても昔のように飛び回ることはできません。地方出張をしてもホテルにいそいそと戻り、報告書や書類をまとめるともう9時頃から眠くなる。随分とやわになったものだと愕然としますね。そのような訳で、平素はなるべくゆっくりと歩くように心がけております。血圧管理は決して無視できない健康のバロメーターと言えるでしょう。

当店における高血圧の漢方療法について

※あくまでも一例です。個々の体質により用いる方剤は異なります。

頻繁に良く用いる漢方として

●第一に、丹参(たんじん)製剤が挙げられます。

丹参含有製剤特有の「活血化お」。動脈硬化症予防や血管を強化し、頚肩腕周囲のこわばりや痛みなどを緩和し、血液の流れを良好に保ちます。

※製剤例

■生薬製剤二号方(にごうほう)

ウチダの生薬製剤二号方(にごうほう)薬剤師解説
ウチダ生薬製剤二号方はプロたんにおまかせ!ウチダ和漢薬の生薬製剤二号方。当店では最も引き合いのある丹参製剤です。ウチダの生薬製剤二号方は、漢方でいわれる「お血・血滞」を改善するものです。中年以降または血圧が高く、頭痛,頭重、肩こり、めまい、

■環元清血飲(かんげんせいけついん)

環元清血飲(かんげんせいけついん)薬剤師解説
環元清血飲(かんげんせいけついん)は90包、500gボトル、504錠の錠剤と、実に多彩。数年前に小太郎漢方製薬から新発売された丹参(たんじん)の含有製剤。その名も「環元清血飲(かんげんせいけついん)エキス細粒G」ということで、少し驚いた記憶

●第二に、お血(血の滞り)を改善する駆お血剤を併用します。

駆お血剤により、瘀血(おけつ)を改善。本来からのホルモン分泌を促し、丹参製剤との相乗効果を期待します。

※製剤例

■桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)(筆頭)

特価!!ウチダの桂枝茯苓丸・30丸×168包が丸剤の部、もっかトップ驀進中!(11月更新)
ウチダの桂枝茯苓丸・30丸×168包が丸剤の部、トップ驀進中! 本日の処方解説と製品ご紹介は上半期に次いでこの下半期も、もっかトップを独走している桂枝茯苓丸です。 当店では当処方の製剤は、原典準拠の原末丸剤、エキス錠、エ...

■桂苓加大黄丸(けいれいかだいおうがん)※便秘もある時に

ウチダの桂苓加大黄丸(けいれいかだいおうがん)500g
ウチダの桂苓加大黄丸(けいれいかだいおうがん)比較的体力があり、ときに下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせて足冷えなどを訴える次の諸症:月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、血の道症、肩こり、めまい、頭重、打ち身(打撲症)、しもやけ、し

■駆お血丸(くおけつがん)※便秘、上衝もある時に

ウチダの駆お血丸(くおけつがん)500g
ウチダの駆お血丸(くおけつがん)体力があり便秘しがちなものの次の諸症 月経不順、肩こり、のぼせ、きれ痔参考サイト駆お血丸医薬品区分 一般用医薬品薬効分類 婦人薬承認販売名製品名 駆お血丸製品名(読み) クオケ...

●第三に、水毒(体の中の不要な水分偏在)の改善、駆水剤

緩やかな利水剤を併用します。高血圧は、腎臓に多大な負担と影響を与えます。利水剤の併用により、腎を守り、解毒を促進させて血圧の安定を図ります。慢性的な頭痛にも効果的です。

※製剤例

■五味利水(ごみりすい)

NO.30五味利水エキス細粒(五苓散)300包激安特販!
NO.30五味利水エキス細粒(五苓散)300包廉価特販!のどが渇いて,尿量が少なく,吐き気,嘔吐,腹痛,頭痛,むくみなどのいずれかを伴う次の諸症:水瀉性下痢,急性胃腸炎(しぶり腹のものには使用しないこと),暑気あたり,頭痛,むくみNO...

 

■腎臓仙(じんぞうせん)

三和生薬 腎臓仙・薬剤師解説
慢性腎炎やクレアチニンが気になる方に推奨の三和生薬 腎臓仙(じんぞうせん)。本音で語る薬剤師解説サイト。急性慢性腎臓炎、ぼう胱カタル、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症および、脚気に起因するむくみ・どうき・頭痛・肩こり・めまい・みみなり・手足のしびれなどに。

●臨時として牛黄製剤を推奨しています。

牛黄独特の末梢血管拡張作用により、心臓への負担を軽減し、疲労回復と、血圧の安定化を図ります。

※製剤例

■牛黄製剤の各種

牛黄カプセル・牛龍黄の薬剤師解説【プロたん漢方2】
牛黄(ごおう)は牛の胆石であり、超高級、かつ希少生薬として著名です。この牛黄を用いた漢方の牛黄カプセルには南米産と上級志向のオーストラリア産に二分それます。また別枠として牛黄の複合製剤として牛龍黄(ごりゅうおう)も見逃せません。これらをプロたん漢方の薬剤師が専門的に解説するサイトです。

 

近年では、牛黄は自律神経の乱れなどにも応用しています。これは循環器系と関係無いように思えますが実は「有り」なんですね。精神面でストレス過重になると血圧は一過性に上昇いたします。特に近年は奔豚気(気が動転し上衝、パニック発作)にも利用している症例が増えました。

牛黄カプセル、極み、牛龍黄などが個人の証に合わせて推奨しています。
基本的には即効性ですが、血圧に関しては確実に下げますが、非常に穏やかで安全です。

プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。

腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。

 
 
お知らせ特集記事
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
プロたん漢方2・漢方総合公式サイト