花粉症対策と漢方の特集記事

竹葉石膏湯と蘇子降気湯との用い方の違いについて。

   

 

竹葉石膏湯と蘇子降気湯との用い方の違いについて。

 

いつも有難うございます。

本日は、実店舗、ネットと、ともに忙しく、いよいよ「年末だな・・。」という感のする日でした。

その中で、竹葉石膏湯(ちくようせっこうとう)と蘇子降気湯(そしこうきとう)がやはり予想通りよく売れました。

また、問合せも多く、この二つの処方の用い方の違いは?
とのご質問も会員様から多く寄せられましたので、あらためてご説明します。

 

スポンサーリンク

【竹葉石膏湯(ちくようせっこうとう)の特徴】

 

●麦門冬湯の使い方に似ているが、より口の中などの乾燥感や炎症が強いものに。

●乾性の咳→ 竹葉石膏湯を用います。

・顔を真っ赤にして激しく咳込む
・痰の量は少なく、粘く切れにくい。
・喉が渇いたり、詰まったりなどの違和感

●竹葉石膏湯は体液を増やし気管支を潤して、炎症を鎮め、風邪の後にいつまでも残るしつこい咳を鎮める漢方処方です。
詳細は・・・

竹葉石膏湯(ちくようせっこうとう)は体液を増やし気管支を潤して、炎症を鎮め、風邪の後にいつまでも残るしつこい咳を鎮める漢方処方です。
竹葉石膏湯(ちくようせっこうとう)について・・。著名な処方のわりには、取り扱いメーカーが稀少であり、現在当店では小太郎漢方の竹葉石膏湯エキス細粒Gをよく皆様にご紹介をしております。風邪の後に、いつまでも残るしつこい咳などに患者さんの証が適合すればお渡ししています。

 

【蘇子降気湯(そしこうきとう)の特徴】

 

●呼吸困難を強く訴え、ノドが塞がりむせて、下半身が冷えるものに。

●咳よりも呼吸困難が主で、中高年の皆さまに多く用いられます。

●平素は一見して元気のある人でも、驚いたり、うろたえるようなことがあると、神経が興奮して上半身がのぼせ、下半身が冷える。(上実下虚の証)

「上実下虚の証」
仕事が過度に溜まり、ストレス過重になると、ちょうど「頭熱足寒の状態」になります。
喉がつかえる感じとなり、うつうつ、いらいら、頭痛、肩こりが頻発。
下半身は冷えて、仕事中もトイレに何度も行く・・・。

●処方そのものは、半夏厚朴湯の「そっくり」さん。方剤としては、気を降ろす降気剤です。ストレスに効果ありです。
詳細は・・・

蘇子降気湯(そしこうきとう)への経験論と一考察。
度々、特集記事やメルマで当処方が呼吸器疾患を緩和するとの内容で、ご紹介して参りましたが、実はこの蘇子降気湯の用い方として・・・慢性気管支炎、気管支ぜんそくの他に、気が落ち、のどの閉そく感、うつ傾向にも「気の是正」をしてくれるとても秀逸な漢方です。

こうして、二つの処方を並べて比較すると、「使いワケの方法論」の輪郭が
見えてきます。

二つの共通点はいずれも「弱者の漢方」と言えると思います。

・・・ということで、あらゆるシーンで、

竹葉石膏湯と蘇子降気湯とを使い分けてください。

今、巷で話題の商品!

やくぜん229-55(ニンニクゴーゴー)アルギニン×シトルリン マッスルプレス乳酸菌革命生漢煎 防風通聖散

今までにない超人気の育毛剤イクオス・シリーズ!

育毛剤イクオスイクオスイクオスサプリEXシャントリ白ボトル