プロたん会員になると、会員価格でお買い物。会員特割特典!会員登録はこちらから・・・。
年末年始休暇に伴う発送停止のお知らせ
実店舗『薬のプロたん』は29日(土)~新年6日(日)まで年末年始休暇といたします。
年内配送のご注文は、メーカーセンターの都合により25日(火)に締め切らせて頂きます。それ以降のご注文は新年7日(月)以降の発送となりますのでご了承ください。

竹葉石膏湯と蘇子降気湯との用い方の違いについて。

   
スポンサーリンク

 

竹葉石膏湯と蘇子降気湯との用い方の違いについて。

 

いつも有難うございます。

本日は、実店舗、ネットと、ともに忙しく、いよいよ「年末だな・・。」という感のする日でした。

その中で、竹葉石膏湯(ちくようせっこうとう)と蘇子降気湯(そしこうきとう)がやはり予想通りよく売れました。

また、問合せも多く、この二つの処方の用い方の違いは?
とのご質問も会員様から多く寄せられましたので、あらためてご説明します。

 

スポンサーリンク

【竹葉石膏湯(ちくようせっこうとう)の特徴】

 

●麦門冬湯の使い方に似ているが、より口の中などの乾燥感や炎症が強いものに。

●乾性の咳→ 竹葉石膏湯を用います。

・顔を真っ赤にして激しく咳込む
・痰の量は少なく、粘く切れにくい。
・喉が渇いたり、詰まったりなどの違和感

●竹葉石膏湯は体液を増やし気管支を潤して、炎症を鎮め、風邪の後にいつまでも残るしつこい咳を鎮める漢方処方です。
詳細は・・・

竹葉石膏湯(ちくようせっこうとう)は体液を増やし気管支を潤して、炎症を鎮め、風邪の後にいつまでも残るしつこい咳を鎮める漢方処方です。
竹葉石膏湯(ちくようせっこうとう)について・・。著名な処方のわりには、取り扱いメーカーが稀少であり、現在当店では小太郎漢方の竹葉石膏湯エキス細粒Gをよく皆様にご紹介をしております。風邪の後に、いつまでも残るしつこい咳などに患者さんの証が適合すればお渡ししています。

 

【蘇子降気湯(そしこうきとう)の特徴】

 

●呼吸困難を強く訴え、ノドが塞がりむせて、下半身が冷えるものに。

●咳よりも呼吸困難が主で、中高年の皆さまに多く用いられます。

●平素は一見して元気のある人でも、驚いたり、うろたえるようなことがあると、神経が興奮して上半身がのぼせ、下半身が冷える。(上実下虚の証)

「上実下虚の証」
仕事が過度に溜まり、ストレス過重になると、ちょうど「頭熱足寒の状態」になります。
喉がつかえる感じとなり、うつうつ、いらいら、頭痛、肩こりが頻発。
下半身は冷えて、仕事中もトイレに何度も行く・・・。

●処方そのものは、半夏厚朴湯の「そっくり」さん。方剤としては、気を降ろす降気剤です。ストレスに効果ありです。
詳細は・・・

蘇子降気湯(そしこうきとう)への経験論と一考察。
度々、特集記事やメルマで当処方が呼吸器疾患を緩和するとの内容で、ご紹介して参りましたが、実はこの蘇子降気湯の用い方として・・・慢性気管支炎、気管支ぜんそくの他に、気が落ち、のどの閉そく感、うつ傾向にも「気の是正」をしてくれるとても秀逸な漢方です。

こうして、二つの処方を並べて比較すると、「使いワケの方法論」の輪郭が
見えてきます。

二つの共通点はいずれも「弱者の漢方」と言えると思います。

・・・ということで、あらゆるシーンで、

竹葉石膏湯と蘇子降気湯とを使い分けてください。

プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。

腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。

 
 
お知らせ特集記事第2類医薬品小太郎匙倶楽部
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
プロたん漢方2・漢方総合公式サイト