protan_reset(プロたん漢方でリセット)

本格的な寒さと乾燥期。店頭で動いている漢方薬をピックアップ!

   

本格的な寒さと乾燥期。店頭で動いている漢方薬をピックアップ!

いつも有難うございます。本格的な寒さと乾燥期がやって参りました。12月はいろいろと周囲も多忙になります。必要なお薬はなるべく11月中にご購入を済ませておきましょう。

ご注意:例年、12月中旬までに欠品する商品以下3点にご注意下さい。(昨年もメーカー欠品)

1.ウチダの板藍根エキス30包【健康食品】

今年も板藍根(ばんらんこん)を強い味方に!
板藍根そのものは、我が国では「薬草」であり、医薬品ではなく、「健康食品」の取り扱いとなります。だからと言って万人に推奨するということではなく、薬草そのものの性質が「寒(つまり涼)」ですので、当店でのおすすめ年齢は15歳以上とさせて頂いています。さらに、ひえの強い体質の方には不向きですので、基本的に寒熱については「熱証」の状態の方に向いています。

2.銀翹解毒散(ぎんぎょうげどくさん)エキス細粒15包【第2類医薬品】

銀翹解毒散(ぎんぎょうげどくさん)エキス細粒・薬剤師解説
スイカズラ、金銀花(きんぎんか)、忍冬(にんどう)・・とは?スイカズラ(吸い葛、学名:Lonicera japonica)はスイカズラ科スイカズラ属の常緑つる性木本。 別名、ニンドウ(忍冬)。冬場を耐え忍ぶ事からこの名がつきました。つまり常

3.腎臓仙32包【第2類医薬品】

三和生薬 腎臓仙・薬剤師解説
慢性腎炎やクレアチニンが気になる方に推奨の三和生薬 腎臓仙(じんぞうせん)。本音で語る薬剤師解説サイト。急性慢性腎臓炎、ぼう胱カタル、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症および、脚気に起因するむくみ・どうき・頭痛・肩こり・めまい・みみなり・手足のしびれなどに。

 

【今、よくご注文を頂く商品(方剤)】

実店舗のご相談では、圧倒的に冷え、乾燥肌、ドライアイ、さらに夜間頻尿、痔疾、高血圧など、寒冷期ならではご相談が多いと思います。

■「中寒」の方剤について、当帰四逆加呉茱萸生姜湯。
メッチャ冷えている方に向き。。投薬約3日で効き目を実感!

「中寒」の方剤について、プロたん私見。当帰四逆加呉茱萸生姜湯。
「中寒」の方剤について、プロたん私見。当帰四逆加呉茱萸生姜湯 日増しに気温が下がって参りました。 今日は「中寒の方剤」というテーマで進めます。 寒冷刺激(寒邪)のために発病した疾病を「中寒」と言います。 体の...

■味麦地黄丸(から咳、乾燥肌対策:腎虚+粘膜乾燥)中年~シニア向き

味麦地黄丸(みばくじおうがん)は、季節の変わり目における年配者の頑固な「からぜき」や眼の乾燥感とか、乾燥肌から由来する皮膚搔痒症(かゆいかゆい)にも著効する。
夜間就寝時に年配者の頑固な「からぜき」が続いたり、排尿頻度が多くなったり、又は夜間尿なども気になるものである。病院検査では特に異常は見られないが就寝すると「せき」や「小便トイレ」の繰り返しで、ああ、歳とったなぁ~嘆かれる声も患者から聞こえるようでもある。

■洗肝明目湯(ドライアイ、目の痛みなど)ドライアイと漢方療法。

ドライアイと漢方療法。洗肝明目湯 (せんかんめいもくとう)は選択肢の一つ。
ドライアイと漢方療法。洗肝明目湯 (せんかんめいもくとう)は選択肢の一つ。早くも11月に入り、日中は陽が出て、部屋はポカポカしてますが、外は冷たい北風の青梅市です。乾燥が進んできました。相変わらずパソコンやスマートフォンの画面を凝視する時間

■乙字湯とヘモゼットとの違いについての考察。痔の薬にこだわる方へ・・。

乙字湯とヘモゼットとの違いについての考察
【乙字湯とヘモゼットとの違いについての考察】 今回は「痔疾」と「デリケートゾーン」の話をいたしましょう。 いずれも例え薬局であっても、なかなかご相談しにくい課題ですね。 自分には関係ないと思われるお客様はこのま...

■七物降下湯(虚証、血虚の方の高血圧)
顔色悪く、疲れたれイライラすると血圧が上がる方。

七物降下湯(しちもつこうかとう)エキス細粒G「コタロー」
【七物降下湯(しちもつこうかとう)の特徴】■一般的に、虚証の高血圧に用います。証が適合すると早めに効果でます。■本方は、血虚による高血圧(あるいは血圧が変動しやすいもの)に使用します。・血虚の肝陽化風■顔色悪く、疲れたれイライラすると血圧が