玉屏風散(ぎょくへいふうさん)今の時期、最も必要とする処方。

人気のサンワロンシリーズと附子(ブシ)に関する解説

   
スポンサーリンク

人気のサンワロンシリーズと附子(ブシ)に関する解説

 

三和生薬の特別バージョンとして、サンワロン製剤シリーズがありますが、ご存知でしょうか?
トリカブトは猛毒の薬草ですが、それを滅毒処理をして加工し、医薬品の単体又は一部の成分として漢方薬に配合いたします。
当然ではありますが、厳しい工場管理のもとで加工いたしますので、その基準に対応できる設備投資を必要とします。従って、これの認可を受けている製薬会社は我が国においてはそう多くはありません。
その企業の大手の一つが、三和生薬です。

三和サンワロン
「三和サンワロン」の記事一覧です。

 

スポンサーリンク

【サンワロンシリーズとは?】

サンワロンシリーズは三和生薬の加工附子末含有の製剤です。一般用医薬品の市場において、全国的にファンは多く固定的な人気を有しています。また医療用医薬品としても用いられております。
三和生薬の附子へのこだわりは業界においても著名であり、附子及び附子配合剤による血流促進、鎮痛作用など、多くの症例に用いられ、『よく効かせる漢方』として君臨しています。処方内容にもよりますが、どちらかというと、短期投薬のケースが多いと思います。但し、八味地黄丸は長期使用ということで、患者さんのあくまでも『証』にもよります。

 

【附子の成分は?】

附子にはアコニチン、メサコニチン、ヒパコニチン、ジェサコニチン等の強毒性のアルカロイドと
atisineに代表される(atisine,napelline,songorine,ignavine,hypoganvine,kobusine等の低毒性のものと、
hygenamine,coryneine等の微量の強心性物質が含まれています。

※アコニチンの名前は、トリカブトを表す古代ギリシャ語「アコニトン」に由来するとも、さらに、地中海の風光明媚な島で多くのトリカブトが自生していたと言うクレタ島の丘の名「アコナイの丘」からきているとも言われています。

【よくあるご質問。ブシ1、ブシ2、ブシ3・・とは?】

附子は日本薬局方にブシ、加工ブシとして収載され ハナトリカブト又はオクトリカブトの塊根を1、2又は3の加工法により製したものである。とされています。
1、2又は3の加工法とは?

1:高圧蒸気処理により加工する
2:食塩、岩塩又は塩化カルシウムの水溶液に浸せきした後、加熱又は高圧蒸気処理により加工する。
3:食塩の水溶液に浸せきした後、水酸化カルシウムを塗布することにより加工する。
とされています。

各々加工法によりブシ1、ブシ2、ブシ3としています。
又、局方ではブシ1とブシ2を粉末としたものを各々ブシ末1、ブシ末2としています。

【名称と使用部位、加工の有無】

キンポウゲ科トリカブ属植物は地中海沿岸、ヨーロッパ、ロシア、ヒマラヤ、中国、日本など北半球の亜熱帯~温帯にかけて広く分布しており、300を超える種類があります。
附子の名称は修治法による名称と部位、産地等による名称があり、非常に複雑です。
修治による名称にはつぎのような名称があります。

附子と烏頭、天雄:附子は子根、烏頭は母根となっている文献もありますが一般的に減毒していないものを烏頭、減毒しているもの附子という場合が多いと思われます。
附子はトリカブトの塊根で子根が成長した後冬に最終したもの、烏頭はトリカブトが成長する前、春に採集したもの、天雄はトリカブトの塊根で細長く子根を有していないものという文献もあります。

【産地】

日本では群馬県、北海道などでオクトリカブト、カラトリカブトが栽培され様々な減毒加工をして、製剤原料、生薬附子として流通しています。

プロフィール
この記事を書いた人
店長 田中

田中しげ子/登録販売者(旧薬種商より移行)/登録番号:第13-09-00343号(東京都)/㈲プロドラッグ取締役専務・店舗「薬のプロたん(青梅市)」店長/1991年㈲プロドラッグ取締役専務就任/薬種商販売業『プロたん薬品(あきる野市)』/保険薬局『プロたん薬局(あきる野市)』/一般販売業『薬の武蔵堂(あきる野市)』/2009年の改正薬事法と同時に既存店舗を閉鎖/同年念願であった漢方専門店「薬のプロたん(青梅市)」を開設/会社家屋及び店舗等の事実上のオーナー/昭和30年青梅市生まれ/都内大学卒業後は「薬業一筋」にて今日に至る/趣味:ガーデニング(薬草)、幕末研究/特技:プログラミング、webゲーマー/家族:長男夫婦、孫3人、猫1匹と同居/病歴:慢性腎炎(漢方療法と並行し、加療中)

店長 田中をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。

腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。

 
 
お知らせ特集記事第2類医薬品指定第2類医薬品三和生薬三和サンワロン
スポンサーリンク
店長 田中をフォローする
プロたん漢方2・漢方総合公式サイト