【緊急!】北海道で発生した地震による影響と、お荷物の集荷・配達状況の件

牛黄カプセル極(きわみ)の流通は、ほぼ回復しました。

   

牛黄カプセル極(きわみ)の流通は、ほぼ回復しました。

 

 

この半年間、当店会員様をはじめ多くの顧客様にはご不便をおかけしました。
思えば2017年12月末における突然の「素材枯渇」に端を発し、世界規模の稀少と高騰を繰り返しました。
流通も決して安定供給とは確定できませんがメーカー努力により、どうにか平常に戻り、センター再入荷いたしました。

今季、異常とも思える酷暑もピークが過ぎ、しかし残暑が続きますので彼岸入りまでは油断はできません。
どうぞ疲労困憊時の気血サポートとして、牛黄単味の製剤では最高級品である「極(きわみ)」をぜひご利用頂きたいと存じます。
(2018.08.18 店長敬白)

スポンサーリンク

牛黄カプセル極(きわみ)は牛黄単味製剤を所望する傾向の中で、より品質的にレベルの高いオーストラリア産を望むニーズに応え開発された逸品です。

オーストラリア牛黄への需要

数ある複合配合型の牛黄製剤の中で、牛黄単味の製剤は既存品の「牛黄カプセル(南米産)」が話題となり、ウチダ和漢薬のヒット商品として市場に出回ってきました。近年に至り、そのユーザーニーズもより品質的に安定した「オーストラリア牛黄」へスイッチする傾向があります。

極(きわみ)の躍進

そのような風潮の中で誕生したのがウチダ和漢薬が総力を挙げて開発したのが「牛黄カプセル極(きわみ)」です。発売当初は従来からの「牛黄カプセル(南米産)」の方が価格的にリーズナブルのため、旧製品への支持率も高く、特に大きな動きはありませんでした。しかし、2016年の前半あたりから新製品である牛黄カプセル極(きわみ)への需要が急速に増加し、後半にはなんと常に単独首位であった「牛龍黄(ごりゅうおう)」の実績を抜くに至りました。(2016年度、当店実績による)

牛黄カプセル・牛龍黄【プロたん漢方2】
牛黄(ごおう)を用いた超高級漢方の牛黄カプセル(オーストラリア産)と牛龍黄(ごりゅうおう)の専門サイトです。

変革の時代へ

背景として、品質を問う単味の牛黄(ごおう)そのものをいかに効率よく利用されるユーザー様が増えたことに他なりません。市場全体においても、ここでさらにステップアップし、品質重視のオーストラリア牛黄に少しずつ変革(チェンジ)する時代を迎えているとも考えられます。

極(きわみ)のご購入

牛黄カプセル・極(きわみ)100mg×6cap×5個入り・オーストラリア(1ケース)

牛黄カプセル・極(きわみ)100mg×6cap×5個入り×2・オーストラリア(2ケースセット)

 牛黄カプセル・極(きわみ)の概要

牛黄カプセル・極(きわみ) 第3類医薬品

■オーストラリア産

【効能・効果】
解熱、鎮けい、強心

【用法・用量】
大人(15才以上)1回1カプセル、1日2回、朝晩に服用してください。
15才未満は服用しないこと。

【成分・分量】
本品1日量(2カプセル)中、ゴオウ200mg
(カプセルの添加物として黄色5号・ラウリル硫酸Naを含有する.)

【使用上の注意】
■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
本剤を服用している間は,他の強心薬を服用しないこと

■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。

2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
5~6日間服用しても症状がよくならない場合。

【保管及び取扱い上の注意】
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

発売元 株式会社ウチダ和漢薬
東京都荒川区東日暮里4-3-4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。

腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。

 
 
お知らせ特集記事牛黄製剤
スポンサーリンク
店長 田中をフォローする
プロたん漢方2・漢方総合公式サイト