【緊急!】北海道で発生した地震による影響と、お荷物の集荷・配達状況の件

体表の寒湿と上体部の痛みを和らげる葛根加朮附湯(かっこんかじゅつぶとう)【指定第二類医薬品】

体表の寒湿と上体部の痛みを和らげる葛根加朮附湯(かっこんかじゅつぶとう)【指定第二類医薬品】

湿邪の日々、なんとなく寒く、湿度が猛烈に高い。なんとも不快指数アップの日々。憂鬱ですね。。

体表が寒湿の状態になると、出てくるのが、古傷の痛みです。特に肩、背部、上腕、肋骨など上半身の痛みは格別ですね。困ったもので、職業病からも由来します。患者さんには理容師さん、美容師さん。中には歯科医師の先生まで、一律に決めつけられませんが、一種の職業病的要因が濃いと私は考えています。

仕事にも影響を及ぼします。早めに漢方療法をしましょう。

【患者様症例】

・工場などで機器を相手に旋盤の技術者さん。(上腕の神経痛)
・大工さん、塗装関係から水道工事技術者さん。(肩関節周囲炎)
・レストランのシェフ。(肘関節炎)中華鍋とか大型のフライパンによる調理とかいろいろあります。
・日々設計図面を睨み、現場で鉄骨を組み立てをしている技師さん。現場のとび職さん。
・・・・とかキリが無いくらい多くの事例がございます。中には元プロボクサーや、競輪選手のお客様もこの時期になると・・・。気の毒になりますね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

【昔の古傷の痛み、神経痛、神経炎はどうにもならない痛み】

例えば、私は過去のバイク事故。数回転んで肋骨と肩甲骨、膝関節の複雑骨折。
今の時期になると出てくるんですね。

現在、打撲もしていないのに、昔の古傷が今でも疼くのです。この梅雨時期だけなんですね。。辛いものがあります。この痛みも、梅雨が明けた日から、嘘みたいに急速に改善します。だから、一時期だけじっと我慢していれば・・と周囲の人たちは思うのですが・・果たして当人としてはこれ以上の不幸はないという心境になります。

仕方なく、じっと我慢の1ヶ月半。ところが加齢に応じて、この痛さが倍加し、患う期間もなぜか間延びする傾向もあるようです。つまり、中高年にとっては、ご無理は禁物。酷くなって動けなくなった患者さんを何人も過去見ています。

このような時に、市販の消炎鎮痛剤を服用してもなかなか効果が上がりません。もちろん、貼り薬(冷却シップ)など論外です。体表は冷えておりますので、内側から温めて、巡りを良好に保ち、同時に痛みを緩和しなければなりません。

【・・ならば、漢方療法も選択肢の一つかと。】

そのためにも、漢方を皆様にご紹介いたします。
例え、現在では関係ないとしても、ご記憶しておくと良いかも知れませんね。

【ご注意】

但し、これからお話しする葛根加朮附湯(かっこんかじゅつぶとう)には麻黄(まおう)附子(ぶし)を配合しております。
決して漫然と長期投薬すべき方剤ではないと考えております。

特に高血圧等で医療機関を受診されている患者様にあっては、事前に専門家(漢方に精通した医師又は薬剤師・登録販売者など)に一度ご相談されることを推奨いたします。
くどいようですが、決して素人判断で服用量の増減調節等をされないことをお話ししておきます。

当方へのご連絡は・・気になる場合とか、飲み合わせの確認等。
電話 0428-25-8682(有)プロドラッグ・薬のプロたん
管理薬剤師 遠藤までご一報ください。

【葛根加朮附湯(かっこんかじゅつぶとう)とは?】

上腕や肩関節の体表の寒湿を取り去り、痛みを和らげる附子(ぶし)製剤です。漢方にしては即効性を有し、
適証であれば驚くほど効き目が早いです。この時期だけ、臨時的に服用ください。

●上腕神経痛

●肩関節周囲炎

【葛根加朮附湯(かっこんかじゅつぶとう)】

【構成生薬】8味

葛根・麻黄・桂枝・芍薬・生姜・大棗・甘草・蒼朮・附子

【方意】

葛根・芍薬・大棗・甘草 筋緊張を緩和する
蒼朮  利水作用
附子 温める作用と鎮痛作用、利水作用

【解説】

葛根湯は身体上部の筋肉の緊張を和らげ、朮附湯は体表の寒湿を取り痛みを和らげる。

【お取扱い漢方製剤】

三和生薬のサンワロンシリーズ(附子製剤)が一番人気です。服用しやすい錠剤タイプが人気です。
サンワロンC(葛根加朮附湯)【指定第二類医薬品】は錠剤タイプと顆粒タイプの2アイテムがあります。

ぜひこの「湿邪の時期の神経痛、関節炎、神経炎など」にお試しください。

【効能・効果】

効能・効果 悪寒発熱して頭痛があり,項部,肩背部に緊張感のあるもの。肩こり・肩甲部の神経痛・上半身の関節リウマチ。

【錠剤タイプ・瓶入り】

錠剤は1回6錠 1日3回食前又は食間に服用です。

〔新〕葛根加朮附湯(サンワロンC)270錠 (15日分)【指定第二類医薬品】
税込6,696円

〔新〕葛根加朮附湯(サンワロンC)270錠

 

【顆粒タイプ・アルミ分包】

外出先でも簡単に服用できる顆粒タイプのアルミ分包タイプです。
顆粒タイプは、大人の場合1回に1~3包を服用できます。
1日3回食前又は食間に服用です。

〔新〕葛根加朮附湯(サンワロンC顆粒)90包(約10日~30日分)【指定第二類医薬品】
税込4,644円

〔新〕葛根加朮附湯(サンワロンC顆粒)90包

 

PCカート【パソコン】

SPカート【スマホ】

 

 

サンワロンC(錠剤タイプ)の概要

サンワロンC
項目 内容
医薬品区分 一般用医薬品
薬効分類 その他の漢方製剤
承認販売名
製品名 サンワロンC
製品名(読み) サンワロンC
製品の特徴 サンワロンCは,漢方処方「葛根加朮附湯」の水製エキスを服用しやすい錠剤にしたものです。

使用上の注意

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)著しく胃腸の弱い人。
(4)発汗傾向の著しい人。
(5)のぼせが強く赤ら顔で体力の充実している人。
(6)高齢者。
(7)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(8)次の症状のある人。
むくみ,排尿困難
(9)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病,甲状腺機能障害

2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気,食欲不振,胃部不快感
その他:動悸,のぼせ,ほてり,口唇・舌のしびれ

まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。

[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症,ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。

3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

効能・効果 悪寒発熱して,頭痛があり項部肩背部に緊張感のあるもの 肩こり. 肩甲部の神経痛. 上半身の関節リウマチ。

用法・用量 次の1回量を1日3回食前又は食間に服用すること。

[年令:1回量]
大人(15才以上):6錠
15才未満:服用しないこと

成分分量 本品1日量 18錠中

成分 分量 内訳
サンワロンC水製エキス 2.7g (カッコン3.6g,マオウ・ショウキョウ・タイソウ・ビャクジュツ各2.7g,ケイヒ・シャクヤク・カンゾウ各1.8g)
加工ブシ末 0.9g

添加物 カルメロース(CMC),メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,ステアリン酸カルシウム,乳糖,トウモロコシデンプン

保管及び取扱い上の注意
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)乾燥剤は捨てないこと。また,誤って飲み込まないようにすること。

製造販売会社 三和生薬(株)
会社名:三和生薬株式会社
住所:栃木県宇都宮市平出工業団地6-1
販売会社
剤形 錠剤
リスク区分等 第「2」類医薬品

PCカート【パソコン】

SPカート【スマホ】

サンワロンC顆粒(分包タイプ)の概要

 

サンワロンC顆粒
項目 内容
医薬品区分 一般用医薬品
薬効分類 その他の漢方製剤
承認販売名
製品名 サンワロンC顆粒
製品名(読み) サンワロンCカリュウ
製品の特徴 サンワロンC顆粒は,漢方処方「葛根加朮附湯」の水製エキスを服用しやすい顆粒の分包にしたものです。

使用上の注意

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)著しく胃腸の弱い人。
(4)発汗傾向の著しい人。
(5)のぼせが強く赤ら顔で体力の充実している人。
(6)高齢者。
(7)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(8)次の症状のある人。
むくみ,排尿困難
(9)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病,甲状腺機能障害

2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気,食欲不振,胃部不快感
その他:動悸,のぼせ,ほてり,口唇・舌のしびれ

まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。

[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症,ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。

3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

効能・効果 悪寒発熱して頭痛があり,項部,肩背部に緊張感のあるもの。肩こり・肩甲部の神経痛・上半身の関節リウマチ。

用法・用量 次の1回量を1日3回食前又は食後に服用すること。

[年令:1回量]
大人(15才以上):1~3包
15才未満:服用しないこと

成分分量 9包(7.2g)中
成分 分量 内訳
サンワロンC水製エキス 3.375g (カッコン4.5g,マオウ・ショウキョウ・タイソウ・ソウジュツ各3.375g,ケイヒ・シャクヤク・カンゾウ各2.25g)
加工ブシ末 1.125g

添加物 乳糖,トウモロコシデンプン,ステアリン酸カルシウム

保管及び取扱い上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)1包を分割した残りを服用する場合には袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用すること。

製造販売会社 三和生薬(株)
会社名:三和生薬株式会社
住所:栃木県宇都宮市平出工業団地6-1
販売会社
剤形 散剤
リスク区分等 第「2」類医薬品

PCカート【パソコン】

SPカート【スマホ】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。

腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。

 
 
お知らせ特集記事指定第2類医薬品三和サンワロン
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
プロたん漢方2・漢方総合公式サイト