玉屏風散(ぎょくへいふうさん)今の時期、最も必要とする処方。

湿邪が続き、体調すぐれない方へ剤盛堂 隋証薬。

   
スポンサーリンク

【寝苦しい湿邪の夜。体調が今一つパッとしない梅雨時期。】

湿度が高く、気温は夜間低下。寝苦しいまさに湿邪の極みです。真夏の熱帯夜も最悪ですが、梅雨時期の湿邪の夜。。何とも言えない寝苦しさがありますね。布団をかけるとむし暑い。外すと体が冷えて朝にはしっかりと「のど風邪」。おまけに膀胱炎も併発したら、これが長引き、会社へ行っても絶不調。皆さんこんな状態が続いているようです。

 

本来、水毒傾向の方は、この梅雨時を通じて頭痛、酷い片頭痛、古傷が痛んでの腰痛や神経痛、はたまた顔面神経痛などにも見舞われます。特に片頭痛が悪化した場合など、仕事の能率も全く上がりません。清上けん痛湯の引き合いが多いのもこの時期です。

清上けん痛湯(せいじょうけんつうとう)は、慢性的な頭痛、顔面痛に。
最近多くなっているのが顔面痛です。 原因不明の三叉神経痛が多いのですが、 虫歯や副鼻腔炎から誘発される顔面の痛み、 帯状疱疹後神経痛のように三叉神経に沿って痛みが出るもの、 外傷後の顔面痛などがありますが、 特に突発的に起こる顔面痛はQOL(生活の質)を著しく低下させます。

 

 

 

スポンサーリンク

【漢方は剤盛堂の隋証薬 錠剤タイプをお勧め】

さて現在、実店舗で動いている漢方では今回剤盛堂の漢方に注目してみました。

剤盛堂のホノミ漢方には、隋証薬と隋病薬とがあります。品目数は膨大ですので、この6月に入ってからの動きで何品目か隋証薬で一番人気があり、かつこの湿邪の時期にもっとも問合せのある漢方錠剤をご紹介します。

全体を見るとこの時期は「お血改善の漢方」「膀胱炎の漢方」「神経症、不安症」などの特効漢方に人気が集中しているようです。もっとも、水毒改善の漢方も多数売れているのですが、今回は前述した「お血改善の漢方」「膀胱炎の漢方」「神経症、不安症」に焦点を絞ります。

 

膀胱炎症状が長期続き、病院の抗生剤が合わない方にもお勧めの製剤がございます。今回は錠剤タイプをご紹介しましょう。但し、散剤も同処方でエントリーアイテムがあります。ご興味のある方は、併せてご覧ください。

【重要】【以下製品は、会員様の優待割引が設定されています。】

※割引きご購入には恐れ入りますが「会員登録」を必要とします。
※また、会員登録をされなくても優待割引無しでそのままご購入も可能です。

【フッケツEX錠 360錠 桂枝茯苓丸】

超人気商品一つ、この時期は特に40~50代のご婦人に人気です。

※ご婦人の「お血」改善の漢方錠剤タイプ。ナンバー1.

比較的体力があり、ときに下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせて足冷えなどを訴えるものの次の諸症:月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、血の道症、肩こり、めまい、頭重、打ち身(打撲症)、しもやけ、しみ、湿疹・皮膚炎、にきび

フッケツEX錠 360錠 桂枝茯苓丸

フッケツ 桂枝茯苓丸、【プロたん漢方2】ショッピングカートPC・スマホ版
フッケツ 桂枝茯苓丸

 

 

【ボウネツ錠 360錠 猪苓湯 】

★今の時期、引き合い多い

※慢性的な膀胱炎でお悩みの方へ
体力に関わらず使用でき、排尿異常があり、ときに口が渇くものの次の諸症:排尿困難、排尿痛、残尿感、頻尿、むくみ

ボウネツ錠 360錠 猪苓湯×5個 プレミアムセット15%オフ

 

 

【ヨクゲン360錠 抑肝散加陳皮半夏】

★抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんびはんげ)の錠剤は珍しい

※更年期男女の強い神経症状に推奨です。

体力中等度をめやすとして、やや消化器が弱く、神経がたかぶり、怒りやすい、イライラなどがあるものの次の諸症:神経症、不眠症、小児夜泣き、小児疳症(神経過敏)、更年期障害、血の道症、歯ぎしり

ヨクゲン 抑肝散加陳皮半夏、【プロたん漢方2】ショッピングカートPC・スマホ版
ヨクゲン 抑肝散加陳皮半夏

 

 

 

【サイキ錠 360錠 柴胡加竜骨牡蛎湯】

★年齢問わずよく出ています。学生さんから高齢者の鬱(うつ)傾向にも幅広く推奨できる穏やか漢方。エキスかが濃いのが特徴。

※全般性不安障害、パニック障害など

体力中等度以上で、精神不安があって、動悸、不眠、便秘などを伴う次の諸症:高血圧の随伴症状(動悸、不安、不眠)、神経症、更年期神経症、小児夜泣き、便秘

サイキ 柴胡加竜骨牡蛎湯、【プロたん漢方2】ショッピングカートPC・スマホ版
サイキ 柴胡加竜骨牡蛎湯
プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。

腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。

 
 
お知らせ特集記事第2類医薬品剤盛堂薬品
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
プロたん漢方2・漢方総合公式サイト