プロたん会員になると、会員価格でお買い物。会員特割特典!会員登録はこちらから・・・。

今年(2018年)の花粉飛散は例年の1.5~2倍!

   
スポンサーリンク

今年(2018年)の花粉飛散は例年の1.5~2倍!

数値だけで見ていると、たいしたことないようですが、実はかなり「やばい」です。(;^_^A

既に感受性の高い方は2月を待たずに漢方のご相談にご来店されています。
例年より2週間ほど早いです。従って最盛期には極めて厳しい状況で本格的な春を迎える形になると予測しております。

実は今なおインフルが猛威をふるっておりまして、これが一般の感冒やら、せき風邪などもとも混合し、加えて花粉症が立ち上がりましたので、2月中旬~3月末までは充分に健康に留意してください。

バランスのとれたお食事と、睡眠をしっかりととられ、外出からの帰宅時には手洗いと「うがい」の励行をご家族で実行されてください。

2018年春の花粉飛散予測は、(気象庁発表)

東北から近畿、四国地方までの広い範囲で、前シーズンの飛散量を上回る見込みです。

東北から中国、四国地方にかけて、前シーズン比で「非常に多い」飛散量の都道府県があり、注意が必要です。

一方、例年比でみると、東北と東海地方ではやや多く、特に青森県では現地調査の結果から、青森市内で雄花の着花量が多いこともあり、「非常に多い」予想としています。

●関東甲信、近畿、九州地方では例年並みとなるでしょう。北海道、北陸、中国、四国地方では例年を下回る見込みです。

プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。

腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。

 
 
お知らせ
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
プロたん漢方2・漢方総合公式サイト