毎年この時期、つまり花粉症もピークを越えて、終息へ向かう頃、気温の上昇のため皆さん薄着になります。下半身を冷やし、GW行楽疲れも重なって泌尿器トラブルが続発。外出時におトイレの我慢から「膀胱炎」が非常に多いです。

プロたん全サイト 特集記事ランキング2018年度版(5月号)

プロたん全サイト直近で一番アクセスの多かった特集記事を、ランキング順に掲載しました。

毎年この時期、つまり花粉症もピークを越えて、終息へ向かう頃、気温の上昇のため皆さん薄着になります。下半身を冷やし、GW行楽疲れも重なって泌尿器トラブルが続発。外出時におトイレの我慢から「膀胱炎」が非常に多いです。GW後は仕事に戻っても疲れが残っていてすぐバテるとか、神経疲れで調子を崩す方が多いのもこの時期です。十分にご注意ください。

第1位  腎臓仙がトップへ返り咲き。もっとも5月は泌尿器トラブルが続発です。。

さすが腎臓仙(じんぞうせん)ですね。ほとんど固定客様のリピート。

慢性腎炎やクレアチニンが気になる方に、三和生薬の腎臓仙(じんぞうせん)専門サイト

第2位  いきなりですが・・五琳散エキス細粒Gが進出。

膀胱炎症状のお客様が非常に多くなりました。薄着や外出時のおトイレ我慢に注意してください!

一般に女性に多いものですが,専門的な治療を受けてよくなっても,患部に不快感や残尿感がのこっていたり,すぐまた再発する場合も少なくありません。 五淋散は,このような泌尿器の炎症による症状をとるのに用いられる漢方薬です。

第3位清心蓮子飲(せいしんれんしいん)は、ストレスや緊張によって生じる排尿のトラブルに有効。。

排尿トラブル多いです。特にご高齢者の自律神経の乱れから精神的な頻尿も・・・。

清心蓮子飲は、四君子湯をもとにして組み立てられた方剤であり、平素より胃腸が弱く、地黄剤を用いると、食欲がなくなったり、下痢傾向になるなど、胃腸にさわる場合に用いるとよいとされます。

第4位 4位に落ちましたが、今なお花粉症の方がいるようで。。

三和の荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)錠剤タイプ900錠が人気。

日本で用いる荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)は、明時代の「万病回春」という古典書にのっている処方を我が国では経験方として発展、アレンジさせた薬方です。体の熱や腫れをひき、病因を発散させ、また、血液循環をよくします。

第5位 貧血傾向で動悸、めまい、息切れを伴う方に連珠飲(れんじゅいん)

小太郎漢方の連珠飲が上昇しています。体調バランスの乱れからも動悸も起こります。漢方で対応いたしましょう

連珠飲(れんじゅいん)という処方は、江戸時代の名医「本間棗軒」(ほんまそうけん)の経験方であり、苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)と四物湯(しもつとう)を合方したものです。

【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)


sajiclub2016

スポンサーリンク

栃本の3つの丸剤

スポンサーリンク