7/18 このたびの「平成30年7月豪雨」で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

牛龍黄(ごりゅうおう)の位置づけと、当店では超高級漢方である理由。

スポンサーリンク

牛龍黄(ごりゅうおう)の位置づけと、当店では超高級漢方である理由。

牛龍黄(ごりゅうおう)の発売、当店開設27年目を迎え、実に感慨深いです。
開店当時に初めて「牛黄(ごおう)製剤」である「牛龍黄(ごりゅうおう)」を導入したことを今も鮮明に記憶しております。。

牛1,000頭に約1個の割合でしか採取できない稀少素材。(牛の胆石)

当時は未だ私の髪の毛は健在で、40代の元気良い店主であったと思います。
稀少素材がゆえとは申せ、仕入値段(原価)がやけに高い、「牛黄」の製剤、「牛龍黄(ごりゅうおう)」でした。

ウチダの牛龍黄(ごりゅうおう)は、カプセルタイプの漢方で、オーストラリア牛黄・鹿茸・センソの複合剤です。

その後、20年以上も経過した現在もなお製品的に全く色褪せず、内容も変わっておりません。

仕入た動機は、そもそも薬剤師の好奇心というか、当時の繁忙のためか、良く効く疲労回復剤を求めていた自分のためにウチダ和漢薬へ発注した次第です。

実際に試してみて、その効果に驚かされたものです。

当時は、箱から出して、レジ横の陳列ケースの上に置き、「話題の牛黄(ごおう)」と、下手な手書きのPOPで書きなぐり、お客様にアピールしていたことを記憶します。

当初は高すぎるとのことで、全く売れませんでした。汗 当然のことです。
「牛龍黄の1日分は、僕の1日の食費よりも高いです。。」と、近隣の市役所職員のお言葉。

確か佐藤のユンケルや大正のゼナのようなドリンク剤の全盛期の時代であったと思います。

 

【父親に使用】

私の父は食事には無頓着な男で、高齢者なのに肉食が中心。野菜嫌いでした。
若い時からとてもダンディーでお洒落な芸術家を通し、不摂生が祟ってか、何度も大病に見舞われております。

胆のうがんで死地を彷徨いましたが、早期オペ術で一命をとりとめ、その後の養生には牛龍黄(ごりゅうおう)で見事に生還しました。

平素から漢方薬大嫌いな父が服用時間帯になると、ベットから黙って私に手のひらを出し、牛龍黄カプセルを催促したものです。
本能的にも「効く薬」と体感し、自然に要求していたものと、今もなお思い出します。

その後、70代後半で脳血栓を起こすも再び牛龍黄(ごりゅうおう)を服用しながら、街中をやたらウォーキングしてリハビリに挑戦し、これも見事にクリアして職場に復帰しております。

牛黄製剤の効果を目の当たり見た気がいたします。あくまでも、病後の回復を目的とした「単発使用」でしたが、これはかなり強烈な印象でした。

【肝硬変症に応用】

50代後半の男性。アルコール性肝炎が進行し、肝硬変症の診断が下されて入退院を繰り返しておりました。

柴胡桂枝湯(さいこけいしとう煎じ)、熊胆(ゆうたん)製剤に牛龍黄(ごりゅうおう)で補完し、3ヶ月投薬を実施。

ご家族が驚くほど顔色(浅黒)が良好となり、さらに3か月間、柴胡桂枝湯はエキス剤に切り替え、当時発売となった熊胆丸と牛龍黄の併用療法を継続。

合計半年後には肝臓の検査数値が見違えるほど改善し、経理事務の職場に見事復帰されました。

もともと、循環器系への使用事例が多い牛龍黄のイメージが強いのですが。
決してそれだけではなく、前述のように肝胆のように消化器系、脳神経系、または神経内科など牛龍黄は多科に渡り著効症例を当店で残しております。

近年では、眼科領域においては「洗肝明目湯(せんかんめいもくとう)」と牛龍黄との併用療法により難治な「飛蚊症」が僅か3ヶ月で改善した事例もあるくらいです。

 

【超高級漢方の牛龍黄(ごりゅうおう)カプセル】

●私自身が長期継続して服用し、60代に復活したからという印象も強いのですが、まさに牛龍黄(ごりゅうおう)カプセルは牛黄(ごおう)製剤の頂点と考えております。

●牛黄、鹿茸、センソの複合製剤。

超高級漢方を代表する滋養強壮の複合剤と考えます。

 

牛龍黄(ごりゅうおう)カプセル
※牛龍黄に使用されている牛黄成分の素材はオーストラリア牛黄です。
※つまり現在人気ある牛黄カプセル・極(きわみ)と同一成分です。但し極(きわみ)にはオーストラリア牛黄の単味しか入っておりません。逆に他の成分も配合した複合剤を嫌い、牛黄単味だけ欲しいという方には極(きわみ)が向きです。

牛龍黄(ごりゅうおう)の販売28年目を迎えて
当店開店以来からのお取り扱い商品で、かれこれ27年以上を継続販売を続け、今なお他の製剤から「抜き出た」存在として君臨している真に「超高級漢方」という名にふさわしい製剤です。

 

 

お求めはこちらから

■PCカート【パソコン】

 

■SPカート【スマホ】

 

プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/悪性胸膜中皮腫(アスベスト被曝)を患い闘病中/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする
腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。


 
 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。
第2類医薬品牛黄製剤
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
sajiclub2016


プロたん漢方2・通販公式サイト2018