プロたん会員になると、会員価格でお買い物。会員特割特典!会員登録はこちらから・・・。

トチモトの牛黄末5g(ゴオウ)栃本天海堂・オーストラリア産。ズバリ!の本物志向。

   
スポンサーリンク

トチモトの牛黄5g(ゴオウ)栃本天海堂・オーストラリア産。ズバリ!の本物志向。

いつも皆様には牛黄製剤(牛黄カプセルや牛龍黄など)をお求め頂き感謝申し上げます。
従来からは本物志向の方に、特にプロたんが推奨するウチダの牛黄(ごおう)を推奨して参りました。

 

すっかり定番品として「ウチダの牛黄(ゴオウ)5g」は人気がありますが、ここへきて「オーストラリア産」へのご要望やお問い合わせが多くなりましたので、新たに「トチモトの牛黄末5g(オーストラリア産)」を新規導入いたしました。トチモトの牛黄製剤はすでに「トチモトの牛黄カプセル(オーストラリア産)」を当店に導入しておりますが、ここで牛黄末5g(オーストラリア産)を採用することにより、お客様の選択肢もふえたことになります。

 

ゴオウ カプセル(オーストラリア)(栃本天海堂)は、まさに戦略的な展開で次第に関東地区でも人気が上昇中。
一時は従来からのウチダ和漢薬製品である(旧)牛黄カプセル(南米産)の顧客様も転向されるケースも有ったと記憶します。しかしながら、2017年に入り素材の高騰により、従来からの原価は維持できず値上げとなり、現在に至ります。

 

牛黄(ごおう)は「神農本草経(しんのうほんぞうきょう)」の上品に収載されている生薬で、牛の胆嚢または胆管中に生じた結石を基原としています。本剤は、良品とされているオーストラリア産牛黄を100%使用しています。

成分分量は、1日量(200mg)中 牛黄(ゴオウ)200mg となります。
※添加物は含有しておりません。

また服用方法は、成人(15歳以上)1回100mg、1日2回朝夕に服用します。
※添付のサジは、すりきり一杯が100mgです。

なお、当製品「トチモトの牛黄末5g(オーストラリア産)」は第3類医薬品です。

全く牛黄製剤が初めてのお客様は必ず漢方に精通している薬剤師、もしくは登録販売者にご相談の上、お求めください。

なんでも現物志向で、実際の「原薬」と触れ合いながら、こつこつ根気よくお続けになられる方にはまさにうってつけの製品です。

 

PCパソコンカート

SPスマホカート(スマートフォンからご覧下さい。)

 

 

 

スポンサーリンク

トチモトの牛黄末の概要

 

トチモトの牛黄末

医薬品区分
一般用医薬品
薬効分類
強心薬(センソ含有製剤等)
承認販売名

製品名
トチモトの牛黄末
製品名(読み)
トチモトノゴオウマツ

製品の特徴
牛黄は「神農本草経」の上品に収載されている生薬で、牛の胆嚢または胆管中に生じた結石を基原としています。
本剤は、良品とされているオーストラリア産牛黄を100%使用しています。

使用上の注意
■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)

1.小児は服用しないこと
2.本剤を服用している間は、他の強心薬を服用しないこと
■相談すること

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。

2.5~6日位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明文を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

効能・効果
解熱、鎮けい、強心

効能関連注意

用法・用量
成人(15歳以上)1回100mg、1日2回朝夕に服用する。
用法関連注意
・添付のサジは、すりきり一杯が100mgです。
・15歳未満の小児は服用しないでください。
・用法・用量を厳守してください。
成分分量
1日量(200mg)中
成分
分量
牛黄(ゴオウ)
200mg
添加物
なし
保管及び取扱い上の注意
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器には入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり、品質が変わることがあります。)
(4)本剤は天然物ですので、製品により若干色調が異なることがありますが、効果には変わりありません。

製造販売会社
(株)栃本天海堂
会社名:株式会社栃本天海堂
住所:大阪市北区末広町3番21号
販売会社

剤形
散剤
リスク区分等
第3類医薬品

 

 

PCパソコンカート

SPスマホカート(スマートフォンからご覧下さい。)

プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。

腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。

 
 
第3類医薬品牛黄製剤
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
プロたん漢方2・漢方総合公式サイト