玉屏風散(ぎょくへいふうさん)今の時期、最も必要とする処方。

肌美潤(はだびじゅん)人気あるけど、価格が高(たか)っ!?

   
スポンサーリンク

肌美潤(はだびじゅん)人気あるけど、価格が高(たか)っ!?

【肌美潤の引き合い多し】

当店店長田中からの進言で「肌美潤(はだびじゅん)」を採用してまだ半年余りです。

当店ではよく売れていますねぇ~。
あくまでも東京のローカル色ゆたかな青梅市レベルでの話ですが。。

大手検索サイトで試しに「肌美潤(はだびじゅん)」と検索したところ当店のサイト以外は全然、何も出てきません。
ちょっと驚いてます。ほとんどの店で取り扱っていないのですね。。

【50mlタイプ、3本セット、6本セットを本日より増設】

50mlタイプは、いよいよリピーター様のご要望にお応えして、3本セット、6本セットを本日より増設しました。(但し、会員モードにログインしませんとご購入できません。)

厳選した馬油を限界まで精製して無臭化・透明化した「肌美潤(はだびじゅん)」。

一度使ったら手放せない、透明馬油(化粧用オイル)です。

 

 

スポンサーリンク

【使用感が抜群!という会員様からのご意見】

 

■商品詳細
●販売名/クリアーMK
●種類別名称/化粧用油
●全成分/馬油、トコフェロール(ビタミンE)

●使用方法/ビンの口を下に向け、振らずに1~2秒そのままにしていますとオイルが落ちてきます。

●適量を 顔・手・首筋・ひじ や かかと 等 の硬くなった部分によくのばしてください。

●フェイスケア(マッサージ、化粧水後に、おやすみ前に、髭剃り後に)

●ボディケア
(全身マッサージ、日焼けのケアに、指と爪のケアに、ベビーオイルとして)

●髪の毛や頭皮のケアにもご使用いただけます。

透明馬油「肌美潤(はだびじゅん)」【化粧用油】

 

●日本で最初に良質馬油を無臭化・クリアタイプを開発した製品です。

価格は男性の立場で、はっきり言って高額と思いましたが・・。

しかし、当店女性スタッフの意見としては、良質な馬油、かつ一般に出回っている化粧品から比較するとそうでもない・・との話も耳にしました。

現にリピートお客様のご意見の中には使用感が非常に良好で、価格だけのことはある・・そうです。有難うございます。(´▽`) ホッ

【価格帯】

肌美潤(透明馬油)20ml
税込3,024円

肌美潤(透明馬油)50ml
税込6,048円

肌美潤(透明馬油)50ml×3本徳用セット(リピート一番人気!)(会員専用モード)
税込18,144円→ 税込17,064円(会員モードでさらに150円値引き)

肌美潤(透明馬油)50ml×6本プレミアムセット(会員専用モード)
税込36,288円→ 税込31,320円(会員モードでさらに450円値引き)

お買い物はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

PC(パソコンカート)

■噂の透明馬油「肌美潤(はだびじゅん)」のスナップショットをアップしました。

噂の透明馬油「肌美潤(はだびじゅん)」のスナップショットをアップしました。
昨年より販売を開始しておりますが、売れ行きは好調で欠品。また入荷して欠品の繰り返しで、最近はどうにか落ち着いてきましたが微妙ですね。 20mlと徳用の50mlがあり、最初は20mlでお試し頂き、よろしかったら50mlタイプへ移行のパターンの模様です。

■肌美潤(透明馬油)20ml(旧名:クリアライト)高級志向の透明な馬油(まぁ~ゆ)はいかがですか?

肌美潤(透明馬油)20ml(旧名:クリアライト)高級志向の透明な馬油(まぁ~ゆ)はいかがですか?
皇漢薬品研究所が日本で最初に無臭化・クリアタイプを開発しました!。ハイ馬油シリーズは、馬の油の特性を損なわず精製し、無着色・無香料の化粧用油です。
プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。

腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。

 
 
化粧品
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
プロたん漢方2・漢方総合公式サイト