玉屏風散(ぎょくへいふうさん)今の時期、最も必要とする処方。

なんとも製品的インパクトのある漢方薬「滋腎通耳湯(じじんつうじとう)・コタロー」がダントツ!

   
スポンサーリンク

なんとも製品的インパクトのある漢方薬「滋腎通耳湯(じじんつうじとう)・コタロー」がダントツ!

腎虚に伴う耳鳴りや、精神的な原因で起こる耳鳴りなど「広範囲に効果」が期待できる滋腎通耳湯(じじんつうじとう)・コタロー。

我が実店舗「漢方相談」においては、小太郎漢方製薬のコンセンサスの結晶とも言える「匙(さじ)倶楽部シリーズ」を導入して久しい。
特に「滋腎通耳湯(じじんつうじとう)・コタロー」は発売以来、当店でも導入して何年か経過しているが、製品的に全く色褪せていない。
というか、リピート率が極めて高率であり、益々人気が上昇中とも言えるだろう。

さらに、最近ではイメージの一新を図り、写真のような「重厚なグリーン」に変更された。。これがまたユーザーウケしている状況で引き合いは加速する一方である。
当月は2016年~2017年3月度までの決算期であり、まだ正確にはデーターは出ていないが、販売個数、額高、リピート率、ユーザー評価は多分相当上位に位置すると思う。

また同じ匙(さじ)シリーズでは、今回同時に包装デザイン変更された中高年の腰痛、関節痛、下肢のしびれ・痛みに推奨の「独活寄生丸(どっかつきせいがん)」。
さらに、産後の体力低下やPMS等に応用できる「きゅう帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)」などもすっかり当店の漢方相談における定番品になりつつある。

なお、匙(さじ)倶楽部シリーズをお求めご希望の場合、実店舗における漢方相談までご光来頂きたい。
どうしてもご事情があって外出できない、または北海道、九州の方などの遠隔地の場合、または近隣に薬局は多くあるが取り扱いが無くて困っている・・などのご事情の場合には・・

ぜひ当店「薬のプロたん」薬剤師・遠藤までお電話でご一報ください。
東京都・青梅市「薬のプロたん」電話 0428-25-8682

当製品、漢方薬「滋腎通耳湯(じじんつうじとう)・コタロー」は、耳鳴りだけではなく聴力低下、めまいなどにも効果がございます。
よく突発性難聴のお客様がご来店されます。薬剤師が証を確認・考察の上、適証であればお渡ししております。

 

 

スポンサーリンク

滋腎通耳湯(じじんつうじとう)に関連するサイト内記事

●滋腎通耳湯(じじんつうじとう)のお問い合わせが多いです。耳鳴りの漢方としては一番人気。

滋腎通耳湯(じじんつうじとう)のお問い合わせが多いです。耳鳴りの漢方としては一番人気。
発売されて久しいのですが、滋腎通耳湯(じじんつうじとう)のお問い合わせが最近多くなりました。リピーターが多いということは、変な言い方「何らかの手ごたえ有り」とも言えます。最近はそのような意味で人気、急上昇です。腎虚に伴う耳鳴りや、精神的な原因で起こる耳鳴りなど「広範囲に効果」が期待できる滋腎通耳湯(じじんつうじとう)。 あらためて、ご紹介いたします。

●滋腎通耳湯(じじんつうじとう)と滋腎明目湯(じじんめいもくとう)について

滋腎通耳湯(じじんつうじとう)と滋腎明目湯(じじんめいもくとう)について
滋腎通耳湯と滋腎明目湯について本日は日々の漢方相談において、超人気のアイテム、滋腎通耳湯と滋腎明目湯の再度ご紹介です。特に滋腎明目湯は実店舗において、人気がありますね。いかに眼精疲労、かすみ目またはドライアイのお客様が多いかをあらためて認識

●滋腎通耳湯(じじんつうじとう)エキス錠N「コタロー」が華麗にデビュー。

滋腎通耳湯(じじんつうじとう)エキス錠N「コタロー」が華麗すぎる。
先に発売されていました滋腎通耳湯(じじんつうじとう)エキス細粒G「コタロー」が、あまりにも凄い売れ行きなもので、後発となりましたエキス錠。どうしてどうしてこちらも良くご注文を頂きます。

●滋腎通耳湯(じじんつうじとう)エキス細粒G「コタロー」の包装変更のお知らせ。

滋腎通耳湯(じじんつうじとう)エキス細粒G「コタロー」の包装変更のお知らせ。
滋腎通耳湯(じじんつうじとう)エキス細粒G「コタロー」の包装変更のお知らせ。濃い緑色の外箱包装に変更されました。変更の対象はごく一部のアイテムに変更がなされます。今後も宜しくご愛顧ください。
プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。

腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。

 
 
小太郎匙倶楽部
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
プロたん漢方2・漢方総合公式サイト