なんとも製品的インパクトのある漢方薬「滋腎通耳湯(じじんつうじとう)・コタロー」がダントツ!

   

なんとも製品的インパクトのある漢方薬「滋腎通耳湯(じじんつうじとう)・コタロー」がダントツ!

腎虚に伴う耳鳴りや、精神的な原因で起こる耳鳴りなど「広範囲に効果」が期待できる滋腎通耳湯(じじんつうじとう)・コタロー。

我が実店舗「漢方相談」においては、小太郎漢方製薬のコンセンサスの結晶とも言える「匙(さじ)倶楽部シリーズ」を導入して久しい。
特に「滋腎通耳湯(じじんつうじとう)・コタロー」は発売以来、当店でも導入して何年か経過しているが、製品的に全く色褪せていない。
というか、リピート率が極めて高率であり、益々人気が上昇中とも言えるだろう。

さらに、最近ではイメージの一新を図り、写真のような「重厚なグリーン」に変更された。。これがまたユーザーウケしている状況で引き合いは加速する一方である。
当月は2016年~2017年3月度までの決算期であり、まだ正確にはデーターは出ていないが、販売個数、額高、リピート率、ユーザー評価は多分相当上位に位置すると思う。

また同じ匙(さじ)シリーズでは、今回同時に包装デザイン変更された中高年の腰痛、関節痛、下肢のしびれ・痛みに推奨の「独活寄生丸(どっかつきせいがん)」。
さらに、産後の体力低下やPMS等に応用できる「きゅう帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)」などもすっかり当店の漢方相談における定番品になりつつある。

なお、匙(さじ)倶楽部シリーズをお求めご希望の場合、実店舗における漢方相談までご光来頂きたい。
どうしてもご事情があって外出できない、または北海道、九州の方などの遠隔地の場合、または近隣に薬局は多くあるが取り扱いが無くて困っている・・などのご事情の場合には・・

ぜひ当店「薬のプロたん」薬剤師・遠藤までお電話でご一報ください。
東京都・青梅市「薬のプロたん」電話 0428-25-8682

当製品、漢方薬「滋腎通耳湯(じじんつうじとう)・コタロー」は、耳鳴りだけではなく聴力低下、めまいなどにも効果がございます。
よく突発性難聴のお客様がご来店されます。薬剤師が証を確認・考察の上、適証であればお渡ししております。

スポンサーリンク

滋腎通耳湯(じじんつうじとう)に関連するサイト内記事

●滋腎通耳湯(じじんつうじとう)のお問い合わせが多いです。耳鳴りの漢方としては一番人気。

発売されて久しいのですが、滋腎通耳湯(じじんつうじとう)のお問い合わせが最近多くなりました。リピーターが多いということは、変な言い方「何らかの手ごたえ有り」とも言えます。最近はそのような意味で人気、急上昇です。腎虚に伴う耳鳴りや、精神的な原因で起こる耳鳴りなど「広範囲に効果」が期待できる滋腎通耳湯(じじんつうじとう)。 あらためて、ご紹介いたします。

●滋腎通耳湯(じじんつうじとう)と滋腎明目湯(じじんめいもくとう)について

本日は日々の漢方相談において、超人気のアイテム、滋腎通耳湯と滋腎明目湯の再度ご紹介です。特に滋腎明目湯は実店舗において、人気がありますね。いかに眼精疲労、かすみ目またはドライアイのお客様が多いかをあらためて認識させられました。

●滋腎通耳湯(じじんつうじとう)エキス錠N「コタロー」が華麗にデビュー。

先に発売されていました滋腎通耳湯(じじんつうじとう)エキス細粒G「コタロー」が、あまりにも凄い売れ行きなもので、後発となりましたエキス錠。どうしてどうしてこちらも良くご注文を頂きます。

●滋腎通耳湯(じじんつうじとう)エキス細粒G「コタロー」の包装変更のお知らせ。

滋腎通耳湯(じじんつうじとう)エキス細粒G「コタロー」の包装変更のお知らせ。濃い緑色の外箱包装に変更されました。変更の対象はごく一部のアイテムに変更がなされます。今後も宜しくご愛顧ください。
スポンサーリンク

sajiclub2016
【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)

スポンサーリンク


当店の全国都道府県別の送料を一覧表としております。(2017年10月~)
参考サイト
お薬と言ってもセルフケアを目的とした市販の漢方薬です。ばあばは虚弱なもので、あまり強い薬は飲めません。そこで漢方なのですが、漢方の中でも特にマイルドな、かつ自身の体にフィットする方剤を専門家である薬剤師さんにお願いをしています。
【プロたんサイト構築について】(会社設立)「保険調剤(処方せん応需の保険指定)」と「漢方薬のご相談」。この業界では「二つの要素」は決して両立は無理との指摘のあった保険薬局の運営。これら「大きなテーマ」に挑戦すべく「プロたん薬局(プロドラッグ