●薬事関連表記(一般用医薬品の特定販売に関する表記)はこちら

五物解毒湯(ごもつげどくとう)情報提供サイト・最新版を公開。

   
スポンサーリンク

五物解毒湯(ごもつげどくとう)情報提供サイト・最新版を公開。

以前から「ウワサ?!」されておりました「五物解毒湯」が松浦さんから発売されており、大変好評です。
原典及び基本処方の由来は日本経験方です。
第2類医薬品でして、効能・効果は「かゆみ・湿疹」そのものズバリ。。ということで慢性的な皮膚掻痒症からアトピーに至るまで応用範囲は広いと思います。
特にジクジク型でかゆみを伴う湿疹、にきび等でお悩みの方におすすめいたします。

この詳細は以下のサイトをご覧ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

五物解毒湯(ごもつげどくとう)薬剤師解説
五物解毒湯(ごもつげどくとう)は、かゆみ、湿疹に効果的な慢性の皮膚疾患対応の漢方薬です。松浦漢方より、「かゆみ・湿疹」の効能・効果を有する漢方処方 「五物解毒湯」(ごもつげどくとう)のエキス細粒(300包)、500gが発売されております。

【関連製品】

三金湯(さんきんとう)【健康食品】薬剤師解説
【この時期はとにかく痒い。。漢方薬、飲み薬や外用薬は?】今の乾燥時期、お肌の漢方相談は非常に多いです。特に酷い痒みのご相談ですね。漢方薬(一般用医薬品)につきましては、個人の体質、証、使用薬剤の兼ね合い、既往歴などにより違いがあるため 一概
銀翹解毒散(ぎんぎょうげどくさん)エキス細粒・薬剤師解説
スイカズラ、金銀花(きんぎんか)、忍冬(にんどう)・・とは?スイカズラ(吸い葛、学名:Lonicera japonica)はスイカズラ科スイカズラ属の常緑つる性木本。 別名、ニンドウ(忍冬)。冬場を耐え忍ぶ事からこの名がつきました。つまり常