プロたん会員になると、会員価格でお買い物。会員特割特典!会員登録はこちらから・・・。
年末年始休暇に伴う発送停止のお知らせ
実店舗『薬のプロたん』は29日(土)~新年6日(日)まで年末年始休暇といたします。
年内配送のご注文は、メーカーセンターの都合により25日(火)に締め切らせて頂きます。それ以降のご注文は新年7日(月)以降の発送となりますのでご了承ください。

三金湯(さんきんとう)【健康食品】情報提供サイト・最新版 を公開。

   
スポンサーリンク

三金湯(さんきんとう)【健康食品】情報提供サイト・最新版 を公開。

本日は、ずばり「三金湯(さんきんとう)」ということで、当店スタッフらからの掲載依頼です。

この乾燥の厳しい時期、重ねてニュースで「最強の寒波」が我が国を来襲しているそうですね。
併せてウィルス風邪も加速するものと考えております。

新春に際し、のど風邪には「銀翹解毒散(ぎんぎょうげどくさん)エキス細粒」、皮膚の痒さや湿疹には「五物解毒湯(ごもつげどくとう)」など金銀花含有製剤を個々の証に合わせてご紹介しております。
その中で、「三金湯」のご紹介がどうしても「おろそか」になっておりました。
実はこれって【健康食品】なんですね。原材料の一つに「スイカズラのつぼみ」を使用しており、これは何を隠そう「金銀花(きんぎんか)」です。
対象者としては、やたらな薬が飲めない方、受験生やお子様。
乾燥肌や皮膚炎が気になる方。デリケートゾーンなどその応用範囲はあくまでも「健康維持」ということに留め。

または、病院のお薬が苦手な方などさまざまですが、当店の漢方相談ではご紹介事例が非常に多いのです。
それに引き換え、当サイトではほとんどご案内しておりませんでした。
そのようなわけで、甚だ拙稿ですが「情報提供サイト」を作成し公開した次第です。
お時間ありましたら、ぜひご覧ください。

三金湯は、『医宗金鑑』に記載されている五味消毒飲を基としたもので、金銀花、菊花、蒲公英を配合しています。金銀花(スイカズラのつぼみ)・蒲公英(タンポポの根)・菊花(菊の花)、
この三味の花の色がどれも黄金色であるということに由来して三金湯と名づけられたと、伺っております。

この詳細は以下のサイトをご覧ください。

三金湯(さんきんとう)【健康食品】
三金湯は、『医宗金鑑』に記載されている五味消毒飲を基としたもので、金銀花、菊花、蒲公英を配合しています。金銀花(スイカズラのつぼみ)・蒲公英(タンポポの根)・菊花(菊の花)、この三味の花の色がどれも黄金色であるということに由来して三金湯と名づけられました。
五物解毒湯(ごもつげどくとう)
五物解毒湯(ごもつげどくとう)は、かゆみ、湿疹に効果的な慢性の皮膚疾患対応の漢方薬です。松浦漢方より、「かゆみ・湿疹」の効能・効果を有する漢方処方 「五物解毒湯」(ごもつげどくとう)のエキス細粒(300包)、500gが発売されております。
銀翹解毒散(ぎんぎょうげどくさん)エキス細粒・薬剤師解説
スイカズラ、金銀花(きんぎんか)、忍冬(にんどう)・・とは?スイカズラ(吸い葛、学名:Lonicera japonica)はスイカズラ科スイカズラ属の常緑つる性木本。 別名、ニンドウ(忍冬)。冬場を耐え忍ぶ事からこの名がつきました。つまり常
プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。

腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。

 
 
お知らせ健康補助食品松浦薬業
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
プロたん漢方2・漢方総合公式サイト