W機能性表示(記憶力を維持する・中性脂肪を下げる)の『サトウDHA&EPA』(2018/06/16)

症例から学ぶ和漢診療学 第3版(寺澤 捷年)

スポンサーリンク

症例から学ぶ和漢診療学 第3版

 

内容紹介

分かりやすく、実践的な漢方医学の入門書

世界中で翻訳された、日本の誇る「和漢診療学」入門の定番書、14年ぶり待望の改訂第3版。
東西の叡智を結集し、有効で安全な治療形成のために、現在行われている一般的な症例をベースに、日々蓄積される漢方薬のエビデンス情報を交えながら解説。
副作用の少なさから注目される和漢診療学を、より分かりやすく、より親しみやすく学ぶことができる。

著者について

寺澤 捷年(てらさわ かつとし)

1944年東京に生まれる。千葉大学
医学部卒業。医学博士。大学在学中より西洋医学と並行して漢方を学ぶ。
1979年に富山医科薬科大学和漢診療部講師、82年に助教授、90年から教授、
99年医学部長、2002年副学長・病院長、21世紀COEプログラム「東洋の知に
立脚した個の医療の創生」拠点リーダーを歴任。和漢医薬学会理事長、
日本東洋医学会などの理事も務める。2005年より千葉大学大学院医学研究院
和漢診療学講座教授に着任。著書に「症例から学ぶ和漢診療学」(医学書院)、
「EBM漢方」(医歯薬出版)、「新しい漢方」(考古堂)など多数。

プロフィール
この記事を書いた人
protan

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/悪性胸膜中皮腫(アスベスト被曝)を患い闘病中/座右の銘:日1日が余生

protanをフォローする
腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。


 
 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。
書籍
スポンサーリンク
protanをフォローする

sajiclub2016


プロたん漢方2・通販公式サイト2018