プロたん会員になると、会員価格でお買い物。会員特割特典!会員登録はこちらから・・・。

これなら飲みやすい!丸い小粒になった雲南貴精(うんなんきせい)

   
スポンサーリンク

kisei2016080301
これなら飲みやすい!丸い小粒になった雲南貴精(うんなんきせい)

pro3

過日、新しく誕生した雲南貴精(うんなんきせい)を早速取り寄せ、飲んでみました。
なるほど、これならば格段に飲みやすい!デザインともに新生された今度の雲南貴精(うんなんきせい)。
久々に感動したっ!

あらためて・・雲南貴精(うんなんきせい)の特売!(霊芝+田七パワー)
超高齢化社会の中で、年配ユーザーにも「優しい設計」の「漢方食品」として、さらに格調高いデザインを含めて総合的に「雲南貴精」は確実に進化したと考える。特に尽力された工場長さんに御礼を述べたい。

日々乗る自動車も2年に一度はマイナーチェンジ。5年に一度はフルモデルチェンジのこの慌ただしいご時世に。

発売以来、なんと20数年間を経た今日(きょうび)まで、一度もリニューアルせずとも粛々と売れていた雲南貴精(うんなんきせい)。
このブランディングを大切にし、さらなる高齢化世代へも優しい設計をされた商品と考えます。

原材料等、内容的なものには概ね変更無く、目安としての摂取量のみの変更(1日15粒~30粒が目安)、さらに肝心な税込価格はそのまま据え置きとは嬉しいです。
kisei2016080302 kisei2016080303 kisei2016080304 kisei2016080305

先日、ウチダ和漢薬の製造してきた「プーアル茶」、「ルイボスティー」、「上・杜仲茶」など多くのアイテムがメーカー製造中止となった。
当店実店舗にも何人か愛用者が存在し、私自身もこの「プーアル茶」を個人的には好んでいた経緯もあって、年甲斐もなく激怒した次第です。(´-∀-`;)

しかし、よくよく考えてみるまでもなく、現在コンビニで販売されているペットボトルや、テレビ通販など、あらゆるシーンで健康茶とおめにかかる現代。
生薬専門業者として、市場をつぶさに観察し、今後のより専門性を有した他社には無いアイテム構築をこれから計画されるのか。(よくわかりませんが。)

今回の雲南貴精(うんなんきせい)の全面リニューアルもしかり、さらに先々月に新発売された「田七錠」もしかり、
失礼な言い方、「ウチダ和漢薬の逆襲開始」と思うものであります。

・・というわけで、先般はウチダMRさんが訪店の折、「こらぁ!」と叱りまくったことを後悔しきり。
筋が通らないと、なんやかやとメーカー側に難癖をつけるへそ曲がり爺さんで、某所では私を「青梅の妖怪」と言われている所以でもあります。

今回の新しい雲南貴精(うんなんきせい)を直接手にした時、その仕上がりの良さに「なるほど、これならば・・」と、
久々にウチダ和漢薬の気合(マジ)が伝わって来る心地がしないでもない。
個人的にも推奨したい製品に変わりありません。

ご購入者・会員専用・漢方フォーラム(掲示板)

kisei2016080306

プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。

腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。

 
 
健康補助食品
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
プロたん漢方2・漢方総合公式サイト