毎年この時期、つまり花粉症もピークを越えて、終息へ向かう頃、気温の上昇のため皆さん薄着になります。下半身を冷やし、GW行楽疲れも重なって泌尿器トラブルが続発。外出時におトイレの我慢から「膀胱炎」が非常に多いです。

うがいしながら少しずつゆっくり服用する漢方。。何それ?

khuu680

駆風解毒湯Aエキス細粒「分包」(くふうげどくとう)は、うがいしながら少しずつゆっくり服用する漢方なんですね。

prohatena

つまり、喉の炎症をおさえ、喉のはれや痛みに効く漢方処方です。

この駆風解毒湯Aエキス細粒「分包」(くふうげどくとう)が三和生薬から新発売されました。
三和さんの一般処方への追加は珍しいことで、何年ぶりでしょうか。。

駆風解毒湯(くふうげどくとう)は松浦漢方でもやっておりますので、これでお客様の選択肢がまた増えました。
良いことであると思います。

詳細は以下の画像をクリックしてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

kochira


【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)


sajiclub2016

スポンサーリンク

栃本の3つの丸剤

スポンサーリンク