7/18 このたびの「平成30年7月豪雨」で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

脳卒中後遺症によく用いられる漢方

スポンサーリンク

0hoyou

脳卒中後遺症によく用いられる漢方

pro3

なかなか、脳疾患の漢方は難しいと言われていますが、先人たちは、病名追及ではなく、漢方の独特の理論にて、予後、養生することにより、大病後の後遺症を克服しています。

それがなんと、何千年も前から存在するわけですから、まさに驚きです。

脳の浮腫がよく話題になりますが、当店では、五苓散(ごれいさん)を補足的に用いる症例が多いと思います。

【脳卒中後遺症によく用いられる漢方】

補陽還五湯 (ほようかんごとう)
脳卒中の後遺症によく使用されている漢方処方です。
脳卒中などで気が虚し、血が滞り栄養が全身に行き渡らないために起こる半身不随などの筋力の低下、しびれや言葉のもつれ、尿モレなどに用いることが多い。

当処方は脳梗塞で血流が悪くなり、その先に栄養が行かなくなる病態によいとします。
半身不随にも使用しますが、ただし意識がはっきりしていて体温が正常な時だけ使用します。
脳出血時には一般的に用いません。
当帰・芍薬・川弓・桃仁・紅花・黄耆・地竜 以上7味

補陽還五湯(ほようかんごとう)エキス細粒G「コタロー」
新商品ご紹介 補陽還五湯(ほようかんごとう)エキス細粒G「コタロー」わが国では医療が進歩して、過去に多かった細菌などによる感染症が治療できるようになったため、平均寿命が急速に延びて長寿の方が増えました。一方、食生活の欧米化、運動不足、ストレ

続命湯 (ぞくめいとう)
脳卒中の後遺症でよく現われる言葉のもつれ、手足のしびれなどに用いる漢方処方として著名です。
脳梗塞で血流が悪くなったタイプには続命湯が適合します。
・脳卒中後にうつ症状を起こしやすい方。
・糖尿病でHbA1cの高い方。(ヘモグロビン・エイワンシー)
・咳や喘息のある方。(処方の中に麻杏甘石湯が含まれている)

脳卒中後遺症の漢方にもいろいろある。
「脳卒中」にはいくつかの種類がありますが、大きくは脳の血管がつまる脳梗塞(のうこうそく)と、脳の血管が破れて出血する脳出血やくも膜下出血に分けられます。

疎経活血湯(そけいかっけつとう)
経絡の流れを改善し、血の働きを活発にするという処方です。
血行を改善し痛みや痺れなどをも改善する、いわゆる痺証(ひしょう)の第一選択薬です。

脳卒中後遺症による拘縮(こうしゅく)や痺れなどにも応用することが多いです。
また過去の出血部位により違いはあるものの後遺症としての視床痛にも用いられています。(煎じ薬等)

和きょう活・防風・白止・生姜・威霊仙・防已・蒼朮・茯苓・竜胆・
当帰・芍薬・川弓・地黄・牛膝・桃仁・陳皮・甘草 以上17味

◎NO.62疎風定痛湯

ウチダNO.62疎風定痛湯エキス細粒(疎経活血湯)300包
腰痛の漢方、疎風定痛湯(そふうていつうとう)の実際薬剤師のぷろたんです。いつも有難うございます。今日は「腰痛」の漢方のお話。「腰痛」と、いってもいろいろあります。整形外科的に申すならば、椎間板ヘルニア、すべり症、あるいは狭窄症などから起因す

◎疎経活血湯 エキス細粒

疎経活血湯、【プロたん漢方2】ショッピングカートPC版
漢方通販のことならプロたん。漢方のデパート「プロたん」は東京都青梅市にある漢方・薬草の激安販売専門店です。

◎疎経活血湯 煎じ

疎経活血湯、【プロたん漢方2】ショッピングカートPC版
漢方通販のことならプロたん。漢方のデパート「プロたん」は東京都青梅市にある漢方・薬草の激安販売専門店です。

その他、よく用いられる漢方

五苓散(ごれいさん)

脳浮腫は脳神経外科領域では日常よく遭遇する病態であり、例えば頭部外傷、脳血管障害、脳腫瘍などの疾患に合併し、頻発するケースが多いです。

水チャンネルと五苓散(ごれいさん)の話
水チャンネルと五苓散の話 もとは、めまい、はきけ、嘔吐、腹痛等、消化器系に多用されてきた五苓散。 それが、「頭痛にも良い」ということで、近年になり 水毒→ 頭痛→ 水チャンネル→ 五苓散→ 改善 ...

丹参製剤(たんじんせいざい)

血液を滑らせ、血管強化、お血改善など極めて効果的であり、他の処方とよく組み合わせて用いられます。

(生薬製剤二号方)

ウチダの生薬製剤二号方(にごうほう)
ウチダ和漢薬の生薬製剤二号方。当店では最も引き合いのある丹参製剤です。ウチダの生薬製剤二号方は、漢方でいわれる「お血・血滞」を改善するものです。中年以降または血圧が高く、頭痛,頭重、肩こり、めまい、動悸などの症状のある方の血行を改善し、効果をもたらします。
プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/悪性胸膜中皮腫(アスベスト被曝)を患い闘病中/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする
腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。


 
 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。
特集記事
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
sajiclub2016


プロたん漢方2・通販公式サイト2018